1時間半もかかったよぅ。

2006年06月27日 01:10

軽い気持ちでテストレンダして1時間半はちょっとつらいな。
まぁサブデビオンしてライト側のクオリティも上げたから仕方ないんだけど、
これにスケスーケでギラギーラのテカテーカな大型キャノピーが付いたら倍以上は時間掛かるかも。
キャノピーは塗りつぶし覗き穴仕様がいいかもね。

コメントに困る出来。
なんとかオブジェクト的には全部揃いました。
あとは色塗ってどこまでプラモ風にできるかですなぁ。
どんどん作りかけが溜まっていくなぁ、良くない傾向だなぁ(笑)
来月は塗りまくろうかね。

可動範囲をかなり練った割にはすげー普通のポーズばっかり。
PKAてトップヘビーだからどっしり感を出すにはどうしてもこういうポーズになっちゃう。
スーツ系はつま先関節が無いからポーズの幅が出しにくい。
元のデザインを逸脱した関節とかは増やしたくないしなぁ。

そして問題発生。
ヒザの関節を二重関節にしてるのですが、IKを設定するとエライことになってしまう。
ポージング時にIKを使えないとなると今後の作り方も雲行きが怪しくなってくる。
また大きなテーマを抱え込んでしまった。
ERC有りの二重関節はIK制御出来ない、ERC無しの二重関節は操作がめんどくさい。
ポーザー7ではIK使用時でもERCが有効な仕様になってることに期待しよう。

かなり期待薄、つか無理だな(笑)

やっぱり地道な計算で乗り切るしかないのかな、梅雨明けの枡久田脳に期待。

それもかなり期待薄、つか無理だな(笑)


ボディのマテリアルは前回同様ですが、艶が無いとどうも色のせいもあってダンボール製に見える。
ちゃんとマテリアル設定してバンプとテクスチャ貼らないとかっこいいコスプレおじさんになってまう。
まぁまぁこれはこれで《いかにもCGですよ的》でいいんだけどもー。

プラモと違って楽なところは、フィギュアの目を塗らなくてもいいことぐらいだな(笑)
そのほかはもれなくプラモ作るよりしんどい。

1つの楽には10の苦労が伴うという人生訓、もう笑ってごまかせ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/233-d4e464e7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事