今日も今日とてカララさん。

2006年02月18日 07:28

さすがに凝った設定にすれば時間は掛かるけど長いレンダリング時間ってのはそのうち慣れるのかな?

今日は色々試したかったので3分以内で色々レンダしてみた。
3分でレンダリング完了する設定を探すのに時間が掛かった、なにやってんだか。
このサイズでたった3分で全体の仕上がり雰囲気がつかめるとなると
テストレンダの試行錯誤する時間も短縮出来るので非常に重要というか精神的に楽。


①夜になると飛びます。
びゅーん。
FIREつうオブジェクトを噴射口にセッティング。
噴射口に光源とか設定してないのでやや不自然。
まぁでもこのサイズだしお手軽。
つうかリビングを飛んでるのが不自然でしょうが。


②朝になるとでっかくなります。
おはよー。
もっと精度上げようとしたけどプリセットのオブジェクト類がレンダリングのリアルさについてこない。
やーっぱりリアルレンダはリアルオブジェクトが必須だなぁ。
自然光でドールハウスを撮影したみたいだ、模型の域は出ない。
でも自然光の表現は素晴らしいものがある、おはよーございますって感じですね。


③これはガチンコレイトレーシング、3分もかからなかった。
さみしいなぁ。
こういう無機質でクリアな感じは割と好き。
シャトルとかの船内からモニターで見てるようなポストワークすればかっこいいかも。

レンダリング自体はたった3分でこれだから激早だと思います、優秀。
まぁプリセットのオブジェクトが軽いので早いような錯覚かもしれませんが(笑)
結局は、もっと効果的にモデリングが上達せんとトータルでリアルに使えんかも(泣)


ちょっと真面目に30分コース。

パイロットは高倉健という設定でよろしく。
不器用ですから。
プリセットシーンをそのままレンダしたら、あまりにもクリア過ぎてうそっぽかったので、
テキトーな雲を作ってテキトーな雲密度のところに配置して被写界深度もちょっと足した。
マニュアル読まなくても操作出来るのはアイコンだらけだから。
でも、油断してると人形劇のようなスケール感になってしまった(笑)
そのうちしっかり設定を詰めてまともな絵にしたいなぁと思う。

景観ソフトといえばVueという印象だけれども、カララもかなりイイ線いってる気がします(Vue使ったこと無いので)。
コストパフォーマンス的にはVueよりも断然お得感があるような感じかなー。
ホビーユースで手の届く価格帯の統合型3DCGソフトとしては最強かもしれない。
機能が多すぎて絞り込めてないような印象はありますが(笑)
ただ、買ったその日から使えるという点では高評価、素直に買って良かったと思います。

モデラーパートはHexagonぽくて評判も良いようですが僕に言わせりゃ『六角S3最強。』なわけで(笑)
まぁ折角だから試しに使ってみる価値はありそうだけどがオレを呼んでいる。

あぁ呼んでいる、呼んでいるんだ待ってろよ。


コメント

  1. BlogPetの猫マスク | URL | -

    マスク隊長が、コストパフォーマンスをレンダリングしなかった。


  2. airstone | URL | NkOZRVVI

    リビングに宇宙服

    キューブリックの2001年宇宙の旅思い出しました。

  3. カラマスク | URL | DhbrllUw

    うむー。

    もう2006年なんですけどねー。
    僕はと言うと宇宙どころか海外旅行すら行ったこと無いというのがノンフィクションのキビシイ世界(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/171-df97ad74
この記事へのトラックバック


最近の記事