スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3夜。

2005年09月29日 00:45

はいマスクです。

今日はシンプルに始めてみました。


前回と話が食い違ってきますが、ヒジとヒザにJCMを入れようかと。
一応、JCMについてわかりやすく書いておきますね。

JCMというのは《ointontrolledorph》の略でして、
要するに関節を曲げた時に作動する仕組みのモーフのことです。
『今日の飲み会は6時に白木屋で。』みたいなメモをモーフチャンネル内に貼り付けておくわけです。
すると6時になると呼んだやつだけ集合してくる、という仕組みです。
うーむ、説明がうまいのかまずいのかよくわかりませんが、まぁ普通にポーザーを楽しむ人はその程度の認識でOK(笑)
ポーザーフィギュアの関節構造も素の状態では《棒を曲げる》程度の効果しか出ませんので、
影響範囲を決めるアングル調整や関節内外のふくらみなどで人体ぽい曲げ具合に近付ける工夫をするわけですな。

しかしそれだけでは限界はあります、すぐやってきます(笑)
その限界の範囲を少しでも広げようというのが《人体関節へのJCM》というものの役割です。
V3などのDAZ3系のフィギュアでは、これでもか!ってぐらいJCMが多用されていますが、
その弊害として服屋がしんどいという結果になっているのも事実(笑)
そういう困難を乗り越えてもV3が普及したというのはJCMの効果だったのかなぁと今更思います。

ほんで。

テライユキといえばノースリーブのワンピース、もしくはビキニです。
常にヒジヒザが露出しておるわけです。
なんとかしたかったというわけであります。

結果としてはヒジヒザ近辺をJCMを入れやすくするように再切り分け、
マグニートパワーでJCM製作と、いつもとやってることは変わらんわけですが(笑)

というわけで今後どんどん仕様は変わるかもしれませんよ。
まぁ日記更新しなかったのも毎日のように仕様が変わってましたからね、
自分でも混乱するぐらいですから読んでる人はもっと混乱するだろうと(笑)

えーとそれからお願いがあります。
ウチの記事を直リンするのは全く問題無いですしありがたいのですが、
翻訳サイト経由のURLなどを海外にポストするのだけはお控え下さい。
『お前の日記はホントに日本語か?』なんていう問い合わせメールが来たりして恥ずかしいです(笑)

ブロークン・ジャパニーズ・エンターテインメントということを是非ご理解ください。

よろしゅう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/120-f3bf6087
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。