テレべ再び。

2020年05月02日 13:59

以前作ったフェンダーカスタムショップ製のテレキャスターベース・デラックスとも言うべき妙なベースを
お気に入りのベースと自分の好みをミックスするというアレンジで更に妙なベースにしました。

テレべとか言ってますが、初期のプレシジョンベースの再生産モデルがテレキャスターベースという名称なので
実際のところまたプレベなんですよ、またかよ(笑)

お気に入りというベースはコスパが優秀なことで知られるフェンダー・メキシコが
独自の解釈でアレンジした低価格帯のモダン・プレイヤー・シリーズという中の2ハムのテレべ。
前述のテレべ・デラックスを作った後にこのシリーズが発売されて
「こっちの方がカッコイイじゃないか!」てなったんですが、
「改造はいつでも出来るしまぁいいか。」てなったんですよね。
そして今に至る。

テレべ・デラックスを作ったのが2011年、モダン・プレイヤー・シリーズが発表されたのが2012年。
油断してるとあっという間に年老いていきますなぁ。

そのままなぞっては面白味が無いので自分なりの要素も盛り込みます。

tbdc_wip01.jpg
上がテレべ・デラックス、これもこれでカッコイイんだけどね。
ギターのテレキャスター・デラックスと対になるようなボディとヘッドのアレンジがキュンとくる(笑)
その下が今回ひねったモノ、赤い部分が新規製作、青い部分は既存パーツの改変。

リバースヘッドにしてしまったは僕の性癖みたいなもんです(笑)
テレキャスタイプのヘッドってスマートなのでリバースにしても違和感が無いけどそこそこ主張はあっていい感じ。
ペグのつまみはもっと小さいタイプの方が良いかもしれないので後ほど検討。
コントロールノブはN4のメタルノブを移植、ブリッジやピックアップはそのままだけど
ピックアップはネックとブリッジそれぞれに寄る感じで間隔が広くなっている。

今回一番苦労したのがヘッド部分の弦の長さ。
基本的には左右反転で済むんだけど、弦の太さは反転しちゃいけないので面倒だった。
ピックガートとリアのエスカッションは新規だけど板なので苦労せず。
ほとんどメタセコでの作業だったので久しぶりにWarabiでトゥーンレンダしましたが
やっぱキレイで好き。

というGW前半。

テレべの続き。

2020年05月04日 15:08

モデリングは終了したので慣れ親しんだPOSERでフィギュア化。
以前作ったF-TBDのCR2を流用しようかとも思いましたが
リバースヘッドにした事により共用出来る関節が無くなったために
久しぶりにphiファイルから新規でCR2を作りました。

こういう機械モノは各関節のセンターポイントの設定だけでいいので楽。
今のところこのベースの配布は考えていませんが以前配布していた頃のように
いじられて困る不要なパラメーターは不能にして非表示、
可動部を集約していじれるようにベース本体にERCダイアルをグループにまとめたりと。
いろいろ思い出しながら作業しました。

で、どうせDAZ Studioで使うんだから、とPOSERでのマテリアル設定は省略。

なのでいきなりDAZにてマテリアル設定。

tbdc_wip02_01.jpg tbdc_wip02_02.jpg
ネックを左右反転しましたが、UVはそのままでテクスチャを使うつもりだったので
サイドのポジションマークだけ反対側に加工。
他のテクスチャ類は全て過去のありもので済みました。

tbdc_wip02_03.jpg tbdc_wip02_04.jpg
ペグのつまみはジャズベで使った少し小さいものに変更してます。
バランスは良くなったと思うけどそこまで気にするほどの事では無かったかな。
どうせならスティングレイとかの足の短いつまみにすれば良かったかもしれない。

新規で作ったピックガードですが、カッタウェイの内側の分割数が少し足りなくカクついて見えるのが残念。
六角大王やメタセコで作業してる時もメタセコのWarabiでトゥーンレンダした時も
そこまで気になるポイントでは無かったのですが、ちゃんとマテリアル設定してレンダリングすると
そういう部分がリアルな雰囲気と馴染まずに目立ってしまいますね。

という罠。

GWおわり。

2020年05月06日 14:46

カレンダー上ではGWが終わってしまうわけですが。


俺たちのゴールデン・ウィークはまだまだ終わらないぜ。


っていい加減終わってもらわないと困るんですが(笑)
ウチのまわりでは日曜までとりあえず様子見のところが多いらしく、
他が動かないことにはウチだけ動いても仕事にならんので足並み揃えて様子見ということで。


まだまだ終わらないぜ。


ってホント頼んますよ。

まぁ来週から動いたとしてもGW前のような自宅待機したりしなかったりシフトなので
東洋一のなまけ者と呼ばれた枡久田には願ったり叶ったりといったところですが、
流石にひしひしと危機感を感じております。
ナマケモノも木から下りる勢いです。

決して怠けていたわけではないGWの成果を。

pinup57.jpg
木目テクスチャでマテリアル調整してたけど赤にしちゃった。
連休中はずっとこのベースをいじってたのでもう見飽きた。
でも、FENDERのパーツしか使ってないのにFENDERっぽく見えないけどやっぱりFENDERっぽい。
カッコイイですね。

このベースのスタイルも60年代後半~70年代前半のイメージなので今の目で見ると古いはずなんですが
古さを感じさせないのはアレンジ次第でどの時代にもマッチしてしまう
FENDERの機能美というか突出したデザインセンスなんでしょうね。
てな感じで先人たちの偉業に思いを馳せるわけですよ。

ヒマですから。

毎年恒例五月病。

2020年05月20日 21:24

ぼちぼち普通の生活が戻ってきそうな気配を少しばかり感じますが、
まだまだ油断の許されない状況には変わりなく。

それよりも体が完全にオフモード仕様になってしまったのか外に出るのが非常に辛い。
これが噂に聞く五月病というやつなのか。

この時期になると毎年言ってるような気がするけどな。


そんなわけで今日はワーロックベース。

pinup58.jpg
B.C.Richのギター・ベースってどうしてもヘビメタ、それもダークな感じのイメージがあるので
思い切ってアメコミヒロイン的な感じで使ってみました。

作ってる途中では違和感しか無かったのでとにかく色味だけでも統一して
見得を切るようなポーズでまぁなんとかみたいな仕上がり。
回を追うごとにコテコテな画風に戻りつつあるような気がします。
ここまでレタッチするとなるとDAZでIray使う意味があるのか疑問に感じますな。
しかしPOSER以外で、という選択肢はDAZしか無いわけで。
機能的に見ても今POSERを積極的に使う意味が薄れているのも事実。

複雑なERCなんかを組もうと考える時にPOSER素材作りで得たノウハウがあるので
そう簡単にDAZに移行出来ないというジレンマもあったり。
結局、POSER用として素材を作ればDAZで問題無く扱えますが、その逆はちょっと問題が多いような気がします。
なかなか困ったもんですな。

さてさて。

ギターやベースをモデリングして完成記念で1回しか使っていないものばっかりなので
今こうして改めて使ってみるというのはなかなか新鮮な気持ちになります。

当たり前ですがDAZでの使用感もPOSERと変わりなく不具合も特に無く。
ただ、マテリアルグループが多すぎてマテリアル設定が面倒に感じるのは
DAZで使う際の大きな障壁となっているような気もする。

自分のせいだけど(笑)


最近の記事