こうなる。

2020年02月01日 15:55

ギターにそのまま使えるIray用のマテリアルなど殆ど無く
結局、自分でちまちま調整していくしかないという苦行(というご褒美)。
まぁまぁいい感じにはなったと思う。

DSIRlpst_wip01_01.jpg DSIRlpst_wip01_02.jpg
DSIRlpst_wip01_03.jpg DSIRlpst_wip01_04.jpg
当然レタッチなし、だけど全体的にテカテカな物体なので
人物込みでレンダすると飛び気味になりそうな予感。
トーンマッピングで露出とか調整しながら気持ち暗めでレンダした方がいいかもな。

ある程度調整のコツを掴んでくると色々と細かいところが気になりだしたので
コントロールノブの形状を変えたり、ねじの頭を打ち替えたりしてます。
このレスポール・スタンダードはレスポールシリーズの最初に作ったものなので
各部に自分なりの迷いがあって流石に今見ると過渡期だったんだなぁと感じます。

ボディトップのテクスチャもPOSERでは《木目+白黒マップ+ColorRampで色乗せ》という特殊仕様だったんだけど
今の僕のDAZ経験値ではどうやら無理っぽいというか面倒なので木目に色を乗せた一枚テクスチャに変更してます。
それからポジションマークとGibsonロゴ用に貝っぽい雲模様みたいな白黒マップも新規で追加。
あとはほぼそのままのマップで対応できています。

全面改修したいところだけど、そんなことやってるとまた人生2周目というか
DAZ StudioだのIrayだの放置してしまうのでぐっと堪えてマテリアル調整に励みます。

コントロールノブの透明で屈折したマテリアルが足を引っ張るのか、流石に時間がかかります。
なんにも無い裏側なんかは一瞬でレンダリング終わりますからまぁそういうことですね。
ただ、何時間も掛かるほどではなく数十分で終わるように《Max Samples》を10000にしてます。
粉っぽいノイズが無くなればその時点でレンダリングやめるぐらいの感じで。

DSIRlpst_wip01_05.jpg DSIRlpst_wip01_06.jpg
POSERでDOF使ったことはないんですが、DAZは簡単でキレイにボケますね。
ただ、ひたすらボケ部分の計算をしてくれるので良きところで終わらせるようにしないと
設定次第では日が暮れて夜が明けてもレンダリング終わらないかも(笑)

それなりの結果が出るとやっぱり楽しい。


最近の記事