出来ました。

2017年10月02日 21:48

今までずっとソリッドボディのエレキギターばっかり作ってきましたが
アコースティックギターも面白いもんだなぁと感じました。

と言うより、前回作ったギターがストラトで一年半以上も前なので
そりゃ何作っても面白いですよねということです。

と言うより、エレキギターってパーツ多過ぎるわい(笑)


D-28です。

M-D_28.png
http://mdp5.sitemix.jp/DL/DLpage.html(DLページ)
https://sites.google.com/site/mdp6gdl/(ミラーDLページ)
勉強という意味では非常に収穫の多い一本になりました。
しかし知識不足なところも多いので課題は山積みといったところでしょうか。
まだまだ精進しなくちゃいけないようです。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

後半に来て突如《HD-28》への変更も追加してしまったんですが、
無理も無くおさまったのは合格点、ペグをオープンバックの古っぽい感じにしてもいいかもしれませんね。

Poser6E、Poser7E、PoserPro2014Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
最新のPoserでは動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。

md28_wip10_01.jpg md28_wip10_02.jpg
アコギと言えばこれみたいな非常にベーシックな感じですね、
もう死語かもしれないし異論はあるかもしれないけど、これぞ《フォークギター》って感じ(笑)


ついでと言うか本来こっちがメインのはずの絵も作ります。

pinup32.jpg
作る前からわかっていましたが、アコギでの絵作りは難易度高いです。
いつもはおねーちゃんを91.5%に縮小して使っているんですが、全然足りないので100%で使用。
それでも座りポーズはなかなかポーズ自体もギターの位置も決まらず難儀しました。
次作るんだったら小さめのアコギにしよう、と固く心に誓った枡久田であった。

ギターと干渉している右胸はサウンドホールから見えてしまうのでえぐれるほどにモーフパテにてプッシュしまくり。
座っているおしりも床との接地面をモーフパテにて平にしております。
ギターを乗せている右ももはマグネットで凹ませてみました。

上半身はうまいこと力が抜けたように出来たと思うけど、下半身と言うかあぐらの緊張感は取れなかったなぁ。
やっぱり、肉と肉との干渉とか、肌の柔らかさみたいなものをちゃんと表現しないとゆったりした雰囲気は出ない。
何気ないポーズが一番難しいってのはPoserらしいといいますか
しんどい部分でもあり、楽しい部分でもあります。

楽しいことは楽ではない。


最近の記事