スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぁまぁよし。

2017年03月03日 23:44

SM58の懸念だったグリルメッシュも何とかそれらしくなったような気がする。
これ以上を求めるなら針金をモデリングして編むしかない(笑)

sm58_wip02_01.jpg
SHUREのロゴはSH"O"REにしました、SHUREのロゴなんて山のように出回ってるのでそんな感じで。
シンプルな形状だけどまじめに作ろうとするとやっぱり資料不足は否めない。
形状を把握出来るだけの画像は沢山ありますが、正確な寸法とかは本家のマニュアルにある全長と最大・最小直径のみ。
グリル部分も単純な球体ではなく南半球部分が若干長いようだし違和感を潰すのに骨が折れる。

見えなくなる部分もそれなりに作っておきました。

sm58_wip02_02.jpg
ディスプレイスメントを使うついでにこういったどうでもいいような文字もディスプレイスメントマップで。
SM58は特に複雑なディテールが無いので十分軽いんですが、一応ローレゾ版も作ろうかな。

マテリアルを調整したSM57とともにレンダしてみる。

sm58_wip02_03.jpg
まぁこんなマイクの静物画なんてのは絵にならないんだけど、
ケーブルを大量に投入して雑多な感じが出せれば舞台裏的なちょっとワクワクするような絵になるかもしれませんね。
めんどくせ(笑)


残された問題はプロップ(PP2)にするかフィギュア(CR2)にするか。

SM57はグリル部分がくるくる回る頼りない仕様なのでパーツ分けしてフィギュア化する意味は一応ある。
SM58は全くの無可動なのでプロップで十分なんだけど同じフォルダにまとめておきたいし、どうしたもんか。
SM58ベースのワイヤレス仕様のやつとジオメトリチェンジでニコイチってのもありかもしれない。
ワイヤレスも安いのから高いのまで色々あるのでジオメトリチェンジなら後から追加もし易いしそうしようかな。
しかしこういうものはギミック無しで単体プロップの方が使いやすいような気もするし。

悩み多き年頃。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。