スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お上品。

2016年02月05日 06:34

実際にPoserでレンダリングしながら仮テクスチャを調整していくわけですが、
サンバーストの色味とボケ具合を決めるのがいつも難関だ。
個体差の多いカラーリングだし、正解は無いと思うけど個人的にはボカシの滑らかなものを好みます。
ストラトというかFenderはサンバースト(2or3カラー)だけ用意してりゃOKのような気もするので意外と重要かもな。

fst_wip08_01.jpg
今回は62年タイプなので3カラーサンバーストで。
60年代のヴィンテージ資料や写真ばっかり見ていたせいか、
ピカピカ新品風のストラトが新鮮に見えます、ただ色味的にはちょっと退色した感じになってるかな、
赤い部分の彩度を上げたらはっきりとした3カラーサンバーストになるかもしれないけど
今ぐらいが丁度好みなのでこれで行こうかな、などと。
それに、彩度の高い赤って扱いにくいので逃げのために彩度を落としています。
やっぱ薄めのサンバーストがお上品だな。
自分のイメージに近付いていくテストレンダがとても楽しい。

前回のメタセコwarabiレンダよりもネックのトラ杢を抑えてメイプルテクスチャを作り直したので
より普通っぽくなったんじゃないかな。
テレやストラトにはあんまり豪華さは必要無いのかもな、と思ったり。
ローズ指板のネックは塗装・未塗装の境目の処理が悩みどころ。
もう一枚マスク画像を作って艶の有無を設定しようかな。


fst_wip08_02.jpg
満を持してのストラトですからそりゃ気合も入ってますが
作ってる感覚とすればプレベ作ったときとあんまり変わらない、と思って比べてみたら。
ギター・ベース共に62年仕様なのに、作った時期の僕の考え方の違いでしょうかマテリアル的には別物ですね。

年齢的に地味なものが好きになってきたというのもあるんでしょうが、地味と言うか華が無いと言うか。
おそらく世界中でもっとも見慣れてる、見慣れられてるギターですから毒々しさのかけらも無い
と言うかやっぱりギター自体がお上品なんですよね。
なんか身内にも見せられないようなとんでもないものを作っているという背徳感などはまるで無し(笑)
堂々と「3DCGでギターを作るのが趣味なんですよ。」と言える安心感。

しかしまぁ何十年も見慣れてるけど見飽きない恐ろしいデザインバランスだと思います。
テレキャスター、ストラトキャスター、プレシジョンベース、ジャズベースが超メジャーなのは
機能美が極まってるからなんだろうな、多分どんな場所に置かれても誰が使っても違和感は無いんだろう。


なので。

fst_wip08_03.jpg
スピーカーを読み込んで無造作に置いただけでもなんとなく絵になってしまうという良いギター。
PA屋のおっちゃんに「こんなとこにギター立てかけるんじゃねぇ!」って怒られるドラマが想像できます(笑)
小物をいっぱい作って静物的なピンナップもストラトなら絵になりそうですね。
やっぱりいいよなストラトは。
ただメジャー過ぎるギターの運命でしょうか、丁寧に作れば作るほど普通の仕上がりになってしまうという。

フェンダー・ジャパン(笑)
スポンサーサイト

お待たせ。

2016年02月10日 10:02

レスポールの時に比べればとても冷静なんだけど
それは素材的にも技術的にも構成的にも安定してきたからかもしれない。
色々と盛り込みたい気持ちはありますがシンプルに作った方が自分としても後から色々やりやすい。
そういうわけで、決して手抜きではないという言い訳はこれぐらいでいいかな(笑)

ストラトでんがな。

F-ST_62.png http://mdp5.sitemix.jp/DL/DLpage.html(新DLページ)
Gibson軍団についにストラトが仲間入り(笑)
ストラトって年代毎の大まかな特徴で数種類に展開できると思うんですが基本的には一機種のマイナーチェンジなんですよね。
今後作り足すとしても50年代と70年代ぐらいなもんで。
Fenderでバリエーション展開ということならテレキャスターなんだろうけど、
実は一度も一本も所有したことが無い機種なので正直なところテレキャスターに関しては無知の部類です。
Fenderだったらジャズベースを作り直したいけども、味を変えたい気持ちもあるのでFenderが続くとは限らない。
どうしようか。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

何もすることが無いんじゃなくて、ストラトで遊ぼうと思えばいくらでも広がるんですよね、
収拾がつかなくなるのであえてシンプルに、というわけです。

Poser6E、Poser7E、PoserPro2014Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
最新のPoserでは動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


fst_wip09_01.jpg
Poser用プロップとしてはいい感じになったと思います。
ただ、ストラトという見慣れた題材だけに実際は苦労して作ってても出来は普通なんですよね(笑)
59タイプがスラブボード、62タイプがラウンドラミネートという指板のMATファイルを付けました。
ピックガードを黒にして現在研究中のゴールドパーツのマテリアルにしたらテキサスあたりで売れそうな感じになりますね。

fst_wip09_02.jpg
カスタムカラー的なものは付属してませんが一応お試し。
僕の好きなストラトのイメージってローズ指板にキャンディアップルレッド+白ピックガードなんですよ。
派手だけど派手過ぎないとか、紅白でめでたいとかいろいろありますが、色よりもストラトのデザインなんだろうな。
ストラトってヘッド、指板、ボディ、ピックガードの色の配分とか割合が絶妙なんだと思いますね。

地味目のメタリックにベッコウピックガードだと急激に60年代臭が漂いますね(笑)
20代の僕ならこんなのいらんわぁ、って思っただろうけど今の僕はちょっと欲しいなぁと思ってしまう。
サンバーストがおっさんの心に染み入るようにその歳々で色の趣味も変わっていきます。

金ピカ仕様はなんか毎回やってそうなイメージなので金マテリアルのお試しついでにやりました。
ストラトはどんなことをやっても大体上品っぽく仕上がってしまう感じがしますね。
ピックガード無しでハムバッカーとか付けたらまた印象は変わりますが、
3シングルでピックガードありだと下品になりにくい感じがします、刷り込みでしょうか?(笑)


今回も絵を作ってみました。

pinup20.jpg
まだまだ勘は取り戻せてない感じ(笑)
絵も続けないとダメなんだなぁと日々感じております。
技術向上じゃなくてもいいから現状維持的な課題はこなしていかないとな。

まぁ、のんびりと。

わかる人には。

2016年02月20日 11:28

なーんてことを言いますと「じゃあ、わからない人は置いてけぼりか?」
と言いますか、わからない人でもなんとなくわかってしまうのでまあまあ落ち着いて。
次回予定ネタ。
fhsc_wip01.jpg
ギターばっかり作ってる枡久田が取っ手と蝶番と掛け金と錠をモデリングするということは
アレですよアレ。

もったいぶる必要も無いんですが、本体の構造的に若干の不安があるのでまだ未定ということで。
構造的な不安というのは、Poser素材としての可動に関する技術的な不安でして
過去の経験から「まぁ大体大丈夫だろう」という目算はあるものの実際に形にしてみないとわからない部分もあるので
まずは確実な金具部分をモデリングしてみた次第。
目算が外れれば固定プロップでもいいかな、などとわりと低めのハードルです。
と言うか、やっぱり僕はパーツフェチなんだと思う、こういうモデリングはすげー楽しい。


取っ手はHandleで検索すりゃ資料は集まりますし蝶番もHingeで検索。
掛け金はLatchで錠はLock、絞り込むためにGuitarやらHard Caseなどの単語を追加して詳細を詰めていきます。
しかし、こういう金具類って類似品だらけで正式名称が曖昧なんですよね、なので目的の物を探すのに結構苦労しました。

一番困るのが、この年代にはこの形状、などの定まったルールが無く
高級品には高級金具が使われているわけでもなく、とにかく仕様がバラバラなんですよ。
今回、リベットで固定しているタイプにしましたが、リベットではなくねじで金具を固定していたりとかも。
ただ、LatchやLockに関してはイギリスのCHENEY社のものが定番のようだ、という知識を得ました。
蝶番と錠は大体同じような形状のものが年式問わず選ばれているようです。

画像下段真ん中のラッチ(トグル・キャッチ)は、関節を減らす意味もあってシンプルなタイプを選んだ。
このパーツが一番変化の多い所で、寸法のわかる現行品ということでCHENEY社のものを参考にした。
輪っかを引っ掛けてから逆方向にパチンとロックするタイプの方がなんとなく高級感はあるけど
60年代や70年代のものにはあまり使われていないようなのでシンプルなやつにしました。

G&G(ケース屋さん)から検索を始めたんですが資料的なヒントが少ないサイトで残念だったな。
金具の寸法やら形状はeBayの出品物が一番役に立ったりしますね。

そうそうハードケースですよ、Fenderの。

そりゃまぁ箱ですから。

2016年02月24日 20:10

金具さえ作ればあとは基本的に箱ですからモデリングは簡単で大体終了。
ギターと干渉しているケースのクッション部分はMTとかでちょっと凹ませる予定。
しかし、単純にストラト・テレ用だからといってキッチリ寸法が決まっているわけではなく、
内装のレイアウトや価格帯、年代・年度などでコロコロ変わるようなので外寸なんかは不正確です。
Fender社の特徴を踏まえつつ角型でなるべくコンパクトなストラト用ハードケース
という設定にして、わりと好き勝手に作ってます。

fhsc_wip02.jpg
ヴィンテージっぽい角の丸みの大きいやつを参考にしました、画像ではあんまり見えませんけど。
70年代の黒いカクカクしたケースも男っぽくて好きなんですけどね、マテリアルで黒くするだけでいいか。
今回はモデリング自体に難しいことは特に無い。
前回触れた不安と言うか懸念と言うか今回の技術ネタは、
画像真ん中、ケースの上下をつなぐ赤く塗っている部分です。

本来は内張りとしてぐるっと上下が一枚の布でつながっている構造が多いようですが
そのまま再現するのは可動プロップ的には面倒なので上下をつなぐ別の布という感じで別パーツにしました。
ベルベット的なマテリアルだしディスプレイスメントで表面が毛羽立てばあまり目立たないでしょう。
ケースの構造に関してとやかく言う人も居ないでしょうし(笑)


何が不安でぎゃーぎゃー騒いでいるのかと言うと、
この部分は布ですからケースのふたを閉じた時には内側に《く》の字に折りたたまれるわけです。
断面で見るとアルファベットのWを横にしたような状態、ひと山だけの蛇腹と言いますかそんな感じに。
「そんなとこにこだわってるの?」とお思いでしょうが、
それぐらいしないとハードケースって見せ場と言うかやることが無いですからね(笑)
やはりPoser素材は動いてなんぼ、大人がニヤニヤするおもちゃなんですよね。

で、やることは寺井さんのヒザ関節でアントニアを参考にしつつ導入した多段JCMしかないわけで、
自分で書いた記事を読み直しながら何をどうやっていたのか思い出しているところです(笑)
まぁ、保守点検とでも言いますか、たまにはこういう小技も思い出さないと本格的に忘れてしまいますからね。

複雑な折れ曲がり方をするわけではないので、2段階でおそらく十分だと思います。
ケースの蝶番は110度の最大角度で開く設定なので55度あたりで中間のMTを作ればいいかなという目算です。
最初からJCMで制御するつもりで作ったので赤い部分を別パーツにして作業効率を上げているわけですね。
フィギュア化してJCM組み込んでパタパタさせてみて違和感が無ければ採用という流れです。

違和感が出れば固定プロップな(笑)

華麗にクリア。

2016年02月27日 19:46

おめでとうございます、ほぼ予定通りに行けました。

fhsc_wip03.jpg
***html埋め込みswf動画***(約430KB)


尺取虫みたいに動いてる部分です、わかりにくかったので色をつけて丸で囲った。
まぁしかし、絵にする場合をよくよく考えてみると、
閉めた状態(運搬時など)か、もしくは全開の状態(ギター取出し時)のほぼ2択でしか使わないんですよね(笑)
動画で使うにしても見えにくい位置で微妙な動きだろうし、無駄な努力だったとも言えます。


が。


無駄な努力をやり遂げることこそが趣味人生の醍醐味でもあります。
と、負け惜しみでも言っておこうかな。

ただ、やり遂げてこそ努力が自己満足という形ですが一応報われるわけで、
途中でやめてしまったら単なる時間の無駄になるわけですよ。
趣味で一番大切なのは時間の使い方だと思うので無駄な努力もほどほどに(笑)

そのうちいいことあるだろう。

だからというわけではありませんがケース内の小物入れ的な部分の蓋は
なんの工夫も無くBendのチェックを外して蓋を分離するだけの簡単開閉にします。
構造的に粗が見えにくい部分なので技術的に凝りようが無いだけなんですけどね。
ただマテリアルがディスプレイスメントを使用した内装の予定なので、
蓋を固定するボタンやら蓋を開けるときのつまみやらが毛で埋まるかもしれない。
毛を生やさないマップとかめんどくせーな。

めんどくせーな(ニヤニヤ)。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。