新年。

2016年01月05日 06:05

明けましておめでとう。
毎年のように年始はかなり希望に満ちてるんですけどねぇ
公私共に安定した一年であるよう願うばかりです。


さてさて。


今年は全くお出かけの用事が無い年末年始だったので、家に居てもすることに限りはあり。
ギターのモデリング用に集めた資料の整理などするうちにモデリング脳が活性化したのか
結構真面目に没頭しました。


ついに来た感じの大ネタですな、ついにか、ついに来たか。
それなりに作るだけの資料は豊富にあるんですが、欲しい部分の資料がなかなか集まらないので
完成目標をどのあたりにするかが悩みどころなんですよね。
主にネックの仕様で年代の違いを出すぐらいしかわかりやすい変化が無いのがFender系の作り方かなぁ。
ボディシェイプに関しては年代云々で違いが出せない、と言うか違いを出してもあんまり意味が無い。
一本を変化させるなら、以前にJazzBassでやったようなギミックと似たものになるだろう。
ああいう方式はしんどいわりに微妙なのであんまりやりたくないのが最新のトレンド。

まず、ギミックなどは特に考えずに62年タイプということで行けばいいかな。
しかし、なんでブリッジから作り始めたんだろう?


余談ですが。

巷ではその時期のストラトなら60年前後のスラブ指板仕様に人気があるようなんですが、
僕は断然ラウンド指板が好きなんですよね。
ラウンド指板が採用される62年後期からCBSに買収される65年ぐらいまでが
ストラトキャスターという機種としても製法としてもピークだと思っています。

メイプル・ワンピースネックも、3点止めのラージヘッドのネックも好きですけど
枡久田的にストラトなら《いわゆる62年タイプ》だよなぁという感じ。
異論は認めるが議論はしない(笑)

今年もよろしく。

シンプルに。

2016年01月09日 01:44

ボディを作りました。

ストラトの図面的なものは良し悪し含めてわりと容易にWebで入手出来ます。
ただ、図面"的"なだけで図面の役割をしてくれないものも多くあるので吟味が必要。
特にギターのようなアメリカが強い業界はインチとミリが平気で混在するのでどうにも厄介。

信頼出来そうなソースが殆どインチ表記だったのでミリに換算せずインチ表記の数値でモデリングしてみました。
最終的にはミリ換算で調整するんだけど、まぁうまくいった方だと思う。


最初はピックアップキャビティなども忠実にモデリングするつもりだったんですが
ストラトというギターの汎用性を考えると、穴の無い状態でテクスチャを作った方が後々楽しめそうな気がするので
今回の各種穴空けはMTにて簡単にします。

やはりストラトなのでどうしても今後のことを考えて改造しやすいように考えてしまうんですよね。
年式に関係なくこのボディは使いまわす予定なのでしっかりと作ったつもり。
プレベやジャズベを作ってるから新鮮味は無いけどな(笑)


余談ですが。

コンターが無く外周のアールも小さめでシャープな印象のテレキャスターとの違いを考えて
ストラトではなるべく丸くなるように心がけました。

ヒジやおなかのコンター部分のエッジって実際は結構シャープなんですが、
なるべく外周の大きめのエッジから繋がりやすいようにモデリングしています。
好みの問題だけどそんなところに突っ込んでくる人は居ないと思うので勝手気ままのアレンジはしています(笑)
僕が作っているのはPoser用の素材であり、正確さを要求されるCADデータではありませんから
個人の持つイメージは多少増幅させてもいいんじゃないかなーと思いながらのモデリングです。

ジャズベは外周の角のアールが小さかったせいで厚板な感じが出てしまい後悔したので
それを踏まえて次のプレベでは、より適切になるようにモデリングしていました。
で今回、更に良くするイメージを持って作業してみて、結果的にはわりといい感じになったと思います。
ただ、作り直すまでも無いけど次はココを気をつけよう、みたいな部分も出たのでいつも通りかな(笑)
ボディがうまく出来たら今回はもうモデリングのピークは無いかもしれない。

難しいのは舟形ジャックプレートぐらいか(笑)

ネックも作った。

2016年01月12日 08:29

順調でございますよ。


Fenderの非対称ダブルカッタウェイ的なボディと片側6連(ベースは4連)ヘッドのネックって
今までに結構な数を作ってますので特に悩むこともなく大体の形は出ます。
問題はこのネックを今後どれだけ流用するかということで作り方も変わってくる。

スラブ指板とラウンド指板はマテリアルを増やして対応可能。
50年代のメイプルワンピースネックもマスク画像でストライプやらプラグやらを追加すればまぁ可能。
ただ、50年代仕様は60年代仕様と差異は少ないものの本格的にこだわると全く別物なので
このネックを流用するとしても、50年代のストラトはまた別の機会に作ろうかな、などと。
パーツが増えると編集が大変なのであんまりやりたくないだけですけどね。
50年代はピックガード変更ぐらいでそれらしくはなると思うけど。

残るパーツも古いものは作り直したいのでまだまだ山は越えてませんが、
ボディとネックとブリッジが出来たらとりあえず満足な感じ(笑)
懸念と言うほどでもないですがマテリアル数が多くなる予定なので今から若干憂鬱な感じはしてます。
長年使えそうなストラトを作るということが第一目標なので、ある程度の苦行もやむなし。
ブリッジのセッティングも一旦ブリッジだけフィギュア化してからだなぁ。
などとモデリングの目算が立てばその先の面倒な構成の方に頭が行ってしまう。

あんまり先は考えないでおこう(笑)

パーツ満載。

2016年01月17日 13:23

ボディに乗せるパーツ類は揃いました。


ねじが多いので飽きてくる(笑)
ピックガードは60年代初期の3plyで11点止め。
60年代初期のものは白い素材が透けて緑っぽく見えるので有名ですね。
ピックガードのトップ面は別マテリアルにするのでベッコウ4plyにも出来そうだけど
個人的にはストラトのベッコウピックガードってあんまり好きじゃないんだよなー。

ピックアップはポールピースに段差のあるスタッガードタイプ。
段差がある、段差があります、段差があるんです、という記事はいやというほどあふれていますが、
じゃあ何年のピックアップは何弦がそれぞれ何mmの段差なんだ?と調べ始めるとなかなか信頼できる資料が無く苦労しました。
ピックアップのブランク的なものを売っている所で見つけた59年タイプのポールピースの長さを参考にしています。
ついでにポールピースはエッジを若干面取りしてあるタイプにしました。

年式にこだわるならもうちょっと、というかまだまだやることもあるんだけど、
根本的な問題になってくるのであっさりめにします。

ストラトは資料が多く流通しているので作ること自体は楽。
しかし、多すぎる資料が落とし穴にもなりえるので要注意。

同じような事を何度も言うのは皆さんのためではなく自分のため(笑)
鉛筆を持って字を書くことがずいぶん減ったので年齢と共に注意力はかなり低下してるように感じます。
でもテキストファイルにタイピングするという行為も慣れればそれなりの役割になってるようにも感じます。
字を書く>タイプする>思う、の順。
記録していない事は何も無い事と同じ。


さてさて。


ペグも作り直そうと思っているのであと少し。
まぁペグを作って弦を張ればモデリングは大体終了なんだけど
今まで散々B級Gibsonばっかり作ってきたせいなのかストラトは大ネタ過ぎてワクワクしない。

いやいや、モデリングは何を作ってても純粋に楽しいんですよ、本当に。

ただ、マイナーギターは資料集めの段階から面白いので、多少旨みが違うと言いますかそんな感じ。
多分、ストラトは探し物からの新発見が少ないんだと思います、大体のことはもう知ってるもん。


ストラトぐらい誰かが作るだろうと思ってここ数年あえて避けてきたけど、
やっぱりギターも含め楽器のモデリングは多少専門的な知識が必要なので敷居が高いんでしょうかね。
近年では作り手同士の交流などもほぼゼロになりましたし、コミュニティ的な配慮はもう必要無いのかもしれませんね。
メジャーなギターもマイナーなギターもバランスよく作っていきたいな。

いいペース。

意外にも。

2016年01月21日 03:15

クルーソンのペグ片側6連を作りました。


意外にもつまみ以外はほぼ新規のモデリング。
似たようなものばっかり作り直してるので新鮮味はゼロですな。
似たようなファイルの整理もしておかないとなぁ。
ペグポストはGibsonのような水平穴タイプではなく溝+垂直穴タイプなので弦も巻きなおしてます。
ストリングガイドは前に作ったものを少し手直し。

プレートが一体化された6連クルーソンはノンリバースファイヤーバードで作ったんですが、
Fenderが採用している6連で各弦バラのタイプをちゃんと作るのは初めて。
こういうパーツは現行品の寸法図などを元にモデリングするんですが、
各社独自の寸法だし更にミリとインチで別物になってしまうので非常に難儀です。
ペグブッシュの形状も50年代と60年代では違うようだし
形状は似ていても流用出来ないものが意外と多い。

まぁ、ある程度簡略化して作っているので元の形状にこだわりすぎても意味がないんですよね実は(笑)
ただ「コイツ、デタラメだなぁ。」と思われたくないので頑張って特徴をピックアップしているだけという。

見栄ですね。

見栄っ張りも続ければ技術の向上に繋がるので決して悪いことではないと思います。
枡久田も見栄とハッタリでもう10数年ですよ、我ながらすごいと思います(笑)

さてブリッジでも調整するか。

調整しました。

2016年01月25日 08:00

先にブリッジのUV展開を済ませ、パーツ分けをしつつ一旦CR2化(フィギュア化)。
暫定的に決めておいたブリッジ付近の弦高をガイドにPoserにてサドル調整。
6弦と3弦の短いスプリングは別マテリアルにして別テクスチャの方がいいかな。


シンクロナイズド・トレモロはフローティングさせてこそだと思うのでおしりを浮かせてセッティング。
実際のギターでフロートセッティングすることを思えば簡単なもんですね、
3Dオブジェクトなので音も出ませんし、チューニングも狂いませんから(笑)

ちなみにフローティングというのは。


上図のようにブリッジのプレートをボディから数ミリ浮かせた状態のこと。
使い方にもよりますが、大体3mm程度浮かせるのが標準的だと思います。
弦の張力とボディ裏のスプリングの張力とで釣合いを取るんですが、ブリッジ固定のねじの高さなんかも重要なポイント。
現実世界では、これに弦高調整とオクターブ調整も繰り返してやりますので結構面倒なんですよねー。


かのリッチー・ブラックモアのギターテク(ギターの面倒を見るスタッフ)は
ボディ裏のスプリングハンガーを斜めに傾けてセッティングすることでどんなにアーミングしても
チューニングが狂わないようなセッティングをしていたそうで、
僕も昔に真似しましたけどうまくいったのかだめなのかよくわからないことになりました(笑)
ただ、ギターそれぞれに丁度いい塩梅のポイントがあって、それを見つけ出すのも調整の面白さの一つですかね。
まぁ実際は、ハンガーの角度なんてのは色々あるうちの単なる一要素に過ぎず、
結局はブリッジだけじゃなくナットの滑りを良くする等々ギター全体で調整しないとダメですけどね。

自分の経験から言うとチューニング対策でもっとも簡単で効果があるのは
ロック式のペグに交換してペグのポストに巻く弦の巻き数を減らすことかな。
ただ、ペグを交換すると音まで変わる場合もあるので、なるべく同系統で同重量のものに交換するのが吉。
とは言え、お金もかかるし良くなるかというと何の保証も無いですけどね(笑)
音が少々変わるぐらいなら良い方で、ひどい場合はデットポイントが発生したりする可能性もあるので
ヘッド重量の増減って意外とシビアに音に影響してくる要素だと思います。

まずはナットをなるべくスムーズに弦が滑るように手入れするぐらいでしょうかね。
アームダウンすると弦に負担がかかってピキピキ音が鳴るようなナットではいけません。
数十年前から《ナットの溝には鉛筆の芯の粉》と言われ続けているように、
僕もシンクロ付きのギターのナットの溝には粉をまぶしてます、手軽でそれなりに効果があります。
シャーペンの芯より木の鉛筆の芯ですよ、シャーペンの芯には強度のためにプラスチックなどを含むものがあるので
《鉛筆の芯》と言われ続けているんですね、鉛筆一本あればナット用には一生使えるかな(笑)
専用の潤滑剤などもあるようですが、使ったことは無いので効果は良くわかりません。


チューニングの狂いを嫌ってブリッジをフロートさせずにボディにベタ付けの人も多いと思いますが
いいポイントを見つけて適切に調整すればチューニングの狂いは大体許容範囲内に収まるはずです。
お試しあれ。

ってなんのブログだよ(笑)

月末にいい感じ。

2016年01月31日 07:26

UV展開も終わって、テクスチャ作りもサクッと終わらせ
メタセコにてwarabiでトゥーンレンダリング、いつもの流れ。
UV展開からwarabiまでの工程ってほぼ毎回サラッと書いてますが、実はここが一番の消耗戦であり激戦区なんですよね。
途中経過を日記に書く余裕も無くただひたすら目が疲れる作業の連続なんです。
枡久田精進日記にメタセコ作業のスクリーンキャプ画像が無いのは余裕が無いからなんですよ(笑)

そんな愚痴はさておきまして。


ボディはアルダーの2ピース、いつも通りBlenderにてウッドマテリアルをベイク。
古いFenderの2ピースボディって接着面がセンターじゃないもの(オフセットシーム)もよく見かけるんだけど、
ここはいつも通りセンターで真っ二つのテクスチャとしました。
60年代のボディ材はほぼアルダーだと思うのでこのテクスチャだけにします。

ちなみに。

オフセットシームって多分強度的に優位にすることが主な目的だと思いますが、
それによる影響は個体差と言うか宗教と言うかおまじないみたいなもんだと思います(笑)
ネックジョイントやブリッジ部分などで接ぐのを避け、1ピース材より調達しやすい2ピースor3ピースということでしょう。
ヴィンテージっぽさを求める人にはオフセットシームなどは魅力的な要素かもしれませんね。

異論は認めるが議論はしない、というのは昔からの僕のスタンスでもあります。
そもそも、ボディに木材を使っている時点で似たような物はあっても同じものは無いわけですから
何が正解で、何が不正解か、なんて誰にも決められない議論の必要の無い世界だと思います。

僕はギターを弾くより作る側の人間だったのでボディの継ぎ目はセンターにあった方が安心するというだけです。
あと、しっかりと接着された木材って他の部分より強度が増したりするので何とも言えません。
まぁ、弦振動的にはオフセットされてる方が良い結果が出ることがあるのかもしれませんね。
良いと信じて使い続ける、悪いと信じて使わない、本人からすれば正解で他人からすれば不正解なんですよね(笑)

理屈はさておき、効率良くアルダー材を消費するのに都合がいい接ぎ方がたまたまオフセットだっただけかもしれませんけどね。


ネックはメイプルだけどちょっとトラ杢が大袈裟すぎたかな? もうちょっとシンプルな木目で作り直すかどうか考え中。
指板はローズウッドでこれもBlenderでベイクしたものを使ってます。
ローズウッドだのエボニーだの木目が暗いものってマテリアル設定が上手くいかないんですよね。
もうBlenderでマテリアル設定を詰めるのは諦めて良きところでPhotoshopにて加工したらとてもいい感じになりました。
木目テクスチャ製作は結果を重視するので工程の良し悪しは気にしない(笑)
ちなみに、ポジションマークはクレイドットで12フレットの間隔が広い時期、すなわち60年代初期まで。

ヘッドのロゴは暫定Fenderですので、いつも使ってるFenderロゴに加えて似たようなフォントで構成。
スパゲッティロゴとパテントナンバーが3種類のタイプとしました。
当然、配布時にはクソダサい枡久田ロゴになります。
ちなみに枡久田ロゴは縦横比をFenderのロゴに合わせてますので差し替えの加工は簡単だと思います。

前回のブリッジの画像でも分かると思いますが、サドルには《FENDER PAT.PEND.》と入れてます。
このあたりのさじ加減って難しいんですよね、どこにでもあるようなフォントで打たれた文字はなるべく再現し、
ロゴマークのような誰が見てもそれと分かるようなものはダサいものを自作して差し替えるようにしてます。
フリー配布なのであんまり気にしなくてもいいと思うんですけどね、
一応、大人の節度ということで。


以上の結果を年代毎の特徴と照らし合わせると62年中期~62年後期のストラトキャスターという感じ。
62年《製》ではなく62年《タイプ》ってことで、完璧ではないけど大ハズシもしてないかな。
ネックと指板の接合面も別マテリアルとしたので《59年中期》ぐらいからの個体にも見せることは可能。
本体のマテリアル数は50種類になりました、省略の努力はしたけどやっぱり多いな(笑)
レスポールでランディ・ローズモデルを作った時に、パーツ類のマテリアルは多い方が良いと感じたので
そういう方向性になってます、ストラトはねじが多いから余計に増えた感じ。

先は見えた。


最近の記事