今年もあっという間に。

2015年12月19日 11:12

久しぶりの新規モデリングということもあって個人的にはかなりの熱量で取り組んだんですが
出来としては、まぁまぁ普通な感じです(笑)
テクスチャやマテリアル設定でのんびり時間を取ったので冷めたというか客観的になってる。
まぁ冷静になってから配布するのは良いことだと思います。

それではリバース・ファイヤーバードです。

http://mdp5.sitemix.jp/DL/DLpage.html(新DLページ)
やっぱりGibson系のギターって作ってておもしろいんですよね。
ベースのラインナップは数のわりにそこそこ幅広いけど、ギターの偏り方は我ながら酷いもんです。
来年あたりストラトでもまじめに作ってみますかねぇ。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

極力シンプルに、しかしタイプ違いも欲しいという丁度いいバランスだと思います。
ノンリバースの時には病的なギミックだったけど構成力が甘くて今では見れないなぁ。
何年か後も同じことを言ってると思いますが、結局過去を見て反省の連続ですからね、あと何周するんだろう。

Poser6E、Poser7E、PoserPro2014Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
最新のPoserでは動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。




ファイヤーバードってほんとに絵になるギターだと思う。
もしも億万長者なら買いまくって部屋中に並べて飾りたいと思ってます。
飾りたいってところがまぁ微妙なんですが、弾くよりもじーっと眺めていたいそんなギターです(笑)
レスポールとはまた違うモダンな美しさがファイヤーバードにはある。
弾き易さなんて二の次さ。


久しぶりついでに絵も作ってみた。


前回絵を作ったのはいつだ?と思ってブログをさかのぼってみたら
なんと2011年07月25日のメロディメーカー・ベースが最後だった。
4年5ヶ月のブランクはさすがに厳しい、何をどうやってたのか思い出せないまま仕上げたけどまぁいいや(笑)
やっぱSSSとかはレタッチの邪魔だった、次に絵を作る時は凝らずにやろうと思いました。

やるのかしら。


最近の記事