いいから座りなさい。

2014年08月25日 00:09

というわけで。

どういうわけかわかりませんが、Buttockも調整したので正座させてみました。


***html埋め込みswf動画***(約2MB)

なぜ正座なのかは僕にもわかりません、多分僕の作る絵からは一番遠いところが正座なんでしょう。
服を着た状態だと正座ポーズってやりにくいし、だからと言って全裸正座だとポーザー的には拷問シーンだし(笑)
まぁフィギュアとしてのポテンシャルを見るための正座というところでしょうか。
深いヒザ曲げ、足首の伸ばしやヒネりと複合すると正座させるのがわかりやすかったということだな。
ヒザは160度以上曲げているのでプレビューで見ると干渉がひどいけど
ふくらはぎとモモ裏が変形しつつの干渉なのでレンダリングすればさほど気にならない。
Buttockは曲げた時の付け根部分のくぼみというか凹みがちょっと気になるなぁ。
修正は出来ればすると思うのでとりあえず後回し。


Thighの回でもぺたんと座った画像で比べましたが、まぁそれなりに上手くいってます。
二周目以降で修正して精度を上げていく工程が時間も体力も消費するので今はまだ楽。


胴体が意外と良い曲がり方なので胴体のJCMは要らないかもしれない。
そうなると首付近に労力を注ぐべきだなぁ。
首は二重関節とはいえないけども近い距離に全方向へ動く関節が並んでいるので、かなり厄介だと思う。
特にNeck/Head共にY軸のTwistが重要な軸なので手首や足首のように軽く誤魔化すことは難しい。

簡単な部位など無い。


最近の記事