スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mask-da7 64bit。

2013年04月30日 00:35

ほぼ2ヶ月ぶりのご無沙汰でございます、枡久田マスク本日も元気です。

いやぁ、やっとWindowsXPを卒業してWindows7へと移行しましたよ、今更ですが。
思った以上に古いソフトも問題なく動いたりして肩すかしな感じです。
ただ、ファイルやフォルダの表示具合なんかはいまだに馴染めないので
XP時代の操作感に近付けるべく不毛な調整の日々を送っています。
XPモードも併用しているので慣れ親しんだクラシック表示からなかなか脱却できないんですよね。
ある程度までにして早くWin7に慣れなきゃいかんなぁ。

さてさて。
2005年ぐらいに組んだマシンを基本に途中でCPUを入れ替えたり今まで騙し騙し使ってきたわけですが、
さすがに骨董品と言うかフルタイム暖房器具のようなマシンだったので総入れ替えしました。

「3DCGがご趣味の枡久田さんですから、さぞかしお高い豪勢なマシンなんでしょ?」

なーんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、さにあらず。
大昔に使っていたスリムケースを再利用してOS込みの予算5万円で新調いたしました(笑)
円安傾向がPCパーツに反映され始めた時期に買い揃えたので円高ど真ん中の頃よりは若干の割高感があったけど、
予算も予算なのであまり気にせず買い時といえば買い時だった。

CPUは《Core i3-3225》で高性能なCore iシリーズでは《下の上》程度のランクかな。
メールやネットだけのPCに載せるにはオーバースペック、3DCGやるには非力であろうと思われる中途半端なやつですが、
Core iシリーズの下位クラスではバランスのいいCPUだと思います。
部屋に転がっているスリムケースを再利用するのが前提なので当然グラボの選択肢は限られるわけで、
「じゃあ、グラボ積まない宣言!」ということでCPU内蔵グラフィックが《HD Graphics 4000》の3225なわけです。
結果から言うと僕の作業スタイルでは、今のところこれで全然問題無い。
今までが劣悪な環境で戦っていたので静音・低発熱・省電力・高性能が昔のマシンの半額以下で実現(笑)
2コア4スレッドのCPUを100%使っちゃうポーザーのレンダリングでも
リテールファンで1000rpmぐらいの回転に抑えて40℃前後のCPU温度って優秀だなぁ。
まぁいつもやってるような軽い素材でのテストレンダリングだからですけどね。
なんにせよ、モデリングがメインで背景無しの静止画のレンダリングしかしない僕には5万円PCで十分だった。
前のマシンを遥かに凌駕しちゃってるからな。
今なら激安の《Celeron G1610》と《ちょっとマシなグラボ》ぐらいにしても僕には快適に感じるのかもしれない。

しかし《PentiumD-945》は当時としてはいいCPUだった、友よさらば。
Core2世代が発売される直前に買って今まで使ってたんだもんなぁ、
一体何世代飛ばしたんだろう、貧乏性にもほどがあるよな(笑)

ぶっちゃけ、サブマシンを作るぐらいの予算で特に深く考えず気軽に作ったら、
メインマシンのポンコツ具合に改めて気付いたというオチですな、わははははははははははは。


そういうわけでポーザーもPro2012に変えました。
作ってきた素材の動作は特に問題は無いけれど、ゴールドパーツのマテリアルがえらいことになってました。
ゴールドパーツのギターやベースはマテリアルを作り直そうと思います、ぼちぼちとな。

新環境なので六角大王も新しいのを買おうかなーなんて思ってたんですが、
試しに六角大王Super3をWindows7にインストールしてみたら何の問題も無く動いちゃったのでそのまま。
もうアプグレせずに10年以上経ちますけどまだ使ってもいいですかね?(笑)
六角の開発元も別会社になり、いよいよ六角大王という名前も後継機種により無くなってしまうようですが、
その後継機種もUIの変わった六角みたいな感じに見えたので今のところは心配無しかなー。

というわけで。

六角S3がWin7で動いた記念と早く環境に慣れるためにいっちょモデリング。

Gstand_wip01.jpg
部屋でホコリをかぶっていた大昔に500円で買ったギタースタンドを作ってますよ。
あんまり意味は無いですが、フル可動フィギュア(CR2)にします。
きっちり作ったら高級感が出るかな?とか思いましたが、構造自体が安物なので頑張っても無理ですね。
高さ調整用の手回しねじだけは樹脂部分が割れちゃって交換したあとのねじなので若干高級感があります、若干な。
全体的ににじみ出る安物感をご堪能ください(笑)

今後の素材に関してはPoser6での動作チェックはやめるつもりです。
Pro2012を作業環境に追加したけど結局フィギュア化なんかはPoser7を使うんだろうな。

PCを変えても僕は高性能にならない。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。