スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うすポール。

2013年01月13日 01:45

2013年の一発目は予告通りまたレスポールです。
全く飽きもせずによくやるなぁ、とお嘆きの方も多いとは思いますが、
僕もそう思ってますので心配ご無用(笑)
今年もよろしく。

さてさて。

今回作りますのはGibsonが88~89年頃に販売を開始した
《LesPaul Custom Lite(レスポールカスタム・ライト)》です。
残念ながら何年まで生産していたかは詳細不明、1991年のカタログには載っていないので短命だったことには違いないです。
多くのレスポールファンからは奇異の目で見られていたような機種ですが、
見た目は通常サイズでマホガニーの中身をくりぬかれてネガティブな軽量化をされているレスポールなどよりも
潔くボディの厚さをザックリ薄くしたLiteの方が僕は好感が持てます。

当時、買うつもりでいたんだけど、馴染みの楽器屋さんに黒が入荷せず
待ちきれずにレースセンサー付きのストラト買っちゃったんだよなぁ。
レスポールやめてストラト買うって節操が無い感じですけど、新しいものに貪欲だったのかなぁ。
そうこうしている内に熱が冷めてどうでもよくなったギター(笑)

lpcLT_wip01_01.jpg
前から見れば特に目を引くポイントも無い普通のカスタム。
後ろを見ればボディにバインディングが無いのでスタンダード風にも見えるけどおなかの部分にコンター加工。
時期的にはノーリン期が終わり、抜本的なブランド再興前夜とでもいいますか、
新しいGibsonを目指して試行錯誤というよりまだまだ迷走の度合いが激しい80年代後半らしいギターかな。
実際に90年代に突入するとヒストリックコレクション(ヒスコレ)がスタートし
カスタムショップ全体も含め温故知新な現在のGibsonへとブランドイメージを徐々に回復していきます。

ちなみにミニスイッチはコイルタップ用で2つのピックアップを同時に《ハム⇔シングル》のon-onスイッチ。
コントロールノブは2ボリューム/マスタートーンのレイアウトです。
バリエーションで通常の2ボリューム/2トーン、タップスイッチ無しのモデルもあったようです。
このギターに関してはボディの薄さも手伝ってコイルタップスイッチが良い効果を生んでいる気がします。

そして驚くべきはボディの薄さ。

lpcLT_wip01_02.jpg
左が今回のLite、真ん中は2本を重ねたもの、右の白いのは通常のカスタム。
通常、レスポールのボディサイドの厚さは一般的に50mm、
対するLiteは35mmと実に15mmもマイナス、重さで約900gの軽量化だそうで。
持った感じは『僕の知ってるレスポールじゃなーい。』の一言(笑)
おなかのコンターとも相まってストラトに近いフィット感が気持ちよかったです。
いやーピンク色のメタリックでもいいから買っておけばよかったなぁと今更後悔してますよ。

細かい部分については、
ボディトップのカーブが深くなっているように感じたので若干カーブを変えています。
80年代の資料ってなかなか探せないので確実な事は言えませんが、
80年代以降、年が進むにつれて50年代のカーブに近付いているようにも思えます、気のせいかもしれません(笑)
ヘッド角度は14度でボリュートなしのマホガニー1ピースネック。
ヘッドの角度も14度という確証がなかったんですが、色々と写真を集めたり、
最終的にはそれらの写真から六角大王のマンガモードを使って大まかなヘッド形状を割り出して
「おそらく14度だろう。」という結論に至りました。
ボディバックはマホガニーの1ピースで、トップはメイプルの3ピース。
と、基本的には80年代前半のノーリン期レスポールの仕様をそのまま引き継いでいますね。
逆に考えれば、ボディ内部に軽量化の穴を開けるかわりにボディを薄くしただけとも言えますけどねー。
わざわざボディ内部に穴を開ける手間を考えると最初から薄いボディ材を使うと手間もコストもかかりませんよね。
そう考えると、単なる開き直りのような気もします、不評だったのはそういう部分かもな(笑)
ただ、ぶ厚いボディの中身をくりぬかれるより薄くても詰まった木の方が良い音が出そうな気がします。
気がするだけですけどね(笑)

ボディが薄いのでジャックプレートはエクスプローラーなどで使われている長方形のものを新規製作。
ペグは80年代以降のグローバーでギアボックスが現行品に近い単純な箱型のもの、これも部分的に新規製作。
ブリッジは幅広のナッシュビルタイプなので《G-LPCT_70s》で使ったものをそのまま流用。

このギターで有名な人といえば。
Kingdom Comeのリードギターの犬っぽい顔の人(笑)
Kingdom Comeはツェッペリン的なアプローチが露骨過ぎて物議をかもしましたねぇ。
日本のバンドではNight Hawksの巨漢ではない女の子の方(笑)
Night Hawksは日本人離れした骨太のハードロックでかっこよかったなぁ。

ただ、レスポールカスタム・ライトの発売時期は非常に不運だったと思う。
当時Guns N' Rosesが人気絶頂の頃でSlashによるレスポール・スタンダード人気が再燃し始めてましたね。
レスポールを使ってた知人達は揃いも揃ってピックガードを外したりしてましたよ(笑)
しばらくするとグランジ的なムーブメントが盛り上がったりしたこともあって、
時代的には不良っぽかったり小汚い雰囲気が良しとされていたように思います。
レスポールカスタム・ライトはあの時代には少々派手で整い過ぎていたのかな、とも思えます。
85年ぐらいに発売されていたらもっと人気が出てたのかもしれませんね。

Wikiにも載ってねぇってどういうことよ!(笑)
スポンサーサイト

今年もいつも通り。

2013年01月17日 00:07

いつもより加工は多めだけどやってることは去年から変わってないので順調。
それなりに構成も固まったのでポーザーでマテリアル調整などなど。

lpcLT_wip02_01.jpg
基本はピンクのメタリック(Metallic Sunset)でミニスイッチあり。
この色は現物も微妙な色合いなので再現出来ているとは思いませんが、これぐらいにしておきます。
もうちょっと彩度を落とした方がそれっぽくなるかな。
これにプラス、黒(Ebony)とビンテージ・サンバースト(Vintage Sunburst)が発売当初のラインナップ。
画像下のサンバーストは2ボリューム/2トーンのレイアウトにしてます。
毎度の如くジオメトリチェンジとMTを使ってPZ2にて変更可能としています。
元々資料の少ない機種なんですが、この機種に限れば集めた画像の個体は全て黒のノブでした。
サンバースト塗装には金色ノブというGibsonのお決まりは特に無しのようです。
で、今回も使えるテクスチャは使いまわし。
《G-LPCT_70s》で使ったテクスチャ類を再使用してますので既に持ってる方は上書きでよろしく。

話は前後しますが、ボディトップのアーチ形状のことも少々。

lpcLT_wip02_02.jpg
ライトの反射具合でトップのカーブの具合が違うのが分かると思います。
今回のLiteは70年代のカスタムを基本に加工しています。
50年代と70年代のメッシュ構造を変えて作ってしまったので色々と悩みましたが、
メタセコのプラグイン各種でなんとかそれなりに加工出来ました。

70年代のカーブを0%、50年代のカーブを100%と考えるとLiteは70%の割合のカーブということで落ち着きました。
工程的には穴を開けていない70年代のトップ面を穴を開けていない50年代のトップ面に《Shrink Wrap》し、
50年代カーブに近い70年代メッシュをまず作り、それをターゲットに《モーフ変形で》70%変形させると完了。
最初は単純に間を取って50%ぐらいかな、と思ったんですが、50%だと違いが微妙すぎたので70%としました。
出来たトップ面に再び穴を開けたり、エスカッションや他のパーツ類も新しいカーブに合わせて設置して
今回のLiteのボディが出来ました。
面倒な作業ではありますが、やれば意外と簡単に出来るということで。
メッシュの違いを画像で見せようとしましたが、微妙すぎて分かりませんけどね(笑)

まぁ、70年代のアーチがあまりにも平坦すぎたかなぁという若干の反省もありつつ、
修整しておこうという意味もあって堀の深さを調整するテストで、いい感じになったかなと。

順調。

軽薄なやつ。

2013年01月22日 00:20

軽薄という言葉にはあまり良いイメージはありませんが、
少なくともギターに関しては薄くて軽いということは、演奏面においてかなりのアドバンテージとなります。
まぁ異様に重かった70~80年代のレスポールよりも随分軽いというだけで、
普通のギターの重量からするとそんなに軽くありません、普通です。
ちなみに、データ的には軽くないです(笑)

あけましておめでとうございます、レスポールカスタム・ライトです。

G-LPCT_LT.png
http://mdp4.web.fc2.com/DL/DLpage.html(新DLページ)
今回も配布物の入れ替えは無し。
とりあえずは僕の考える1軍クラスのレスポールは揃いました。
レスポールのバリエーションを作るのはひとまず休憩します。
いずれまたレスポール2軍シリーズなんかもやってみたいですが、
残ってるやつで作りたいのはレスポール・デラックスぐらいだからなぁ。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

ボディの薄さ以外は特筆する部分も無く、至って普通。
コントロールの違いはお好みで。

lpcLT_wip03_01.jpg

PUカバーを開けるとPUのボビンは真っ黒ですが、《MDP_G-LPST》のPU用のMATとバンプマップがそのまま使えますので
PUのボビンをゼブラにしたり、ボディトップにトラ杢のメイプルテクスチャとかも流用可能ですよ。
比較的近年のギターですから、Gibson的な有り無しは別にしてお好きなように楽しむのが吉かと。
lpcLT_wip03_02.jpg
近年と言っても20年以上も前だけどな(笑)

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


lpcLT_wip03_03.jpg lpcLT_wip03_04.jpg
「このギターはボディが薄いんですよ!」と力説しないと一般の人は違いが分からないでしょうねぇ。
力説したところで通常のレスポールの重さを知らない人には理解し難い要素でしょうし。
生産されていたのもわずか数年だけでその後も再生産されて無いようですし、闇に葬り去られた感じですね。

総じて保守的と言うよりも、特にスタンダードとカスタムは聖域化されているような雰囲気も感じたりで
「Gibsonばかやろぅ、余計なことをするんじゃない。」的な不文律もあったりなかったり(笑)
60年代以降は《Gibson VS Fender》という単純な構図で済んでいたものが、
80年代に入って、少なくともHR/HMジャンルにおいては新興メーカーの躍進で
Gibsonは勿論のことFenderまでも《古いもの》として舞台の裏に追いやられつつあったように思います。
両社とも流行ってて売れそうなことを取り入れるのはいいんだけど全部後手に回ってたダサい感じだった時代。
流行ってのは一過性のものなので見極めが難しく、多少方針にブレはあったものの、
結局、両社の持つ伝統というものが現代でも通用する武器になってるような感じですね。

まぁ80年代中頃~90年代前半のGibsonはストラト風シェイプでジャクソンヘッド(後にバナナヘッドに変更)の
《US-1》や《US-2》とか、同じくフロイドローズやスタインバーガーのブリッジを搭載した《U-2》だとか
今回のカスタム・ライトにもフロイドローズを装備したりと、迷走と言うか焦りまくってる印象でしたねー。

迷走という点では軽量化としてクロマイト材(Chromyte=バルサ材のようなスッカスカの木材)を使い始めたのもこの頃。
Liteシリーズの姉妹品でレスポールスタジオ・ライトは、ボディを薄くするのではなく
マホガニー材を大きくくりぬき、そこにクロマイト材を詰め込む製法で軽量化をしてました。
カスタム・ライトは薄いマホガニーのムク材でコンターも削っての目に見える軽量化ですけどね。

「レスポールは重いから使ってもらえない。」という意識からくる過度な軽量化方針だったのかもしれません。
しかし残念ながらGibsonが低迷していたのは「こらGibson、良い材使って真面目にギター作ればかやろぅ。」
というのがユーザーの正直な気持ちだったような気がするんですが(笑)


ところで、90年代初頭に《M-Ⅲ》というギターもあり、Gibsonにしては奇抜な形で弾きやすそうで興味があったけど、
僕が出入りしていた日本の楽器店では売っているのを全く見かけなかった。
デザイン的には若干の垢抜けない印象はありましたが、バランスが良さそうだったなぁ。
《M-Ⅲ》とは仕様もかなり違うけどEpiphoneから《Prophecy EM-2》という名で現在もしぶとく生きてたりします。
《EM-2》は国内だと3万円ぐらいで新品が買えます、ただ現代風にアレンジされると垢抜けなさが強調され残念な感じに(笑)

同じく90年代に《Nighthawk》というロングスケールで軽量のGibsonらしからぬギターもありました。
後年、そのHawkシリーズで《Blueshawk》という派生モデルも出たんだけど、
Hawkシリーズ自体が日本では殆ど話題になりませんでしたねぇ。
《Blueshawk》は1996年から約10年間も生産されていたので海外ではそこそこ人気があったのかもしれません。
セミソリッド構造のボディでfホールがあって見た目はP-90風のシングルコイルでバリトーンスイッチも付いてて
Fenderっぽいサドルの独立したブリッジで弦は裏通しというとても楽しそうなギターだった。
《Blueshawk》はカワイイので作ってもいいなぁ。

それから、2軍というにはちょっと惜しいけど80年代前半に《MV-X(Victory)》っていうギターがあって
邪悪なストラトみたいな感じですごくかっこよかった、SGをストラトに混ぜ込んだような外見で
数あるGibsonデザインの中でも僕的にはベスト級のかっこよさ、《MV-X》は今でも欲しいギターだな。

とまぁ、裏Gibson的なものには並々ならぬ思い入れがあったりしますが、
結局のところ、現在の入手のしづらさ+一般的な知名度無し=資料の少なさ、を考えると「やっぱ2軍だな。」
となるわけで、そう簡単に「作りますよ!」とは言えないわけであります。
でも、ネットの普及で当時は分からなかったことがちょっと検索するだけで
家に居ながら解決の糸口が見つかったりして良い時代だなぁなんて思いますけどね。
どうせなら裏Gibsonコンプリートガイドブックとか出ないかしら?

出ねぇよ(笑)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。