勢いは続く。

2012年11月03日 00:09

以前作ったものを手直しするのは初めてかもしれない。
スタンダードやカスタムは全く別人が作ったような差があるので手直しとは言えませんけど、
作った時の記憶がまだ鮮明なものを作り直すのは初めてだな。
2年前に「ようやくスタートラインに立った。」的なことを書いてますが、
本当にあの時がスタートラインだったな、とちょっと感慨深いものです。
2年前と今とではモデリングのスキルに大した差は無いけど、
構成力と言うかディレクション能力は随分成長したように思います。

2012年はレスポール関連ばっかり作っているので、どうせなら品質を揃えたいというのもあり。
良く言えば、乗った勢いが止まらない、からであり。
悪く言えば、やり始めたからには惰性を感じつつも続けてしまう、わけであります。

ジュニア/スペシャルの第二弾、ダブルカッタウェイ編のスタートです。

lpspw_wip01_01.jpg
えぇ、大体出来てますよ(笑)
ヘッドの形が変だったので今の流れで変更。
ネックの仕込み角度も3度に変更、3.5度とか4度でもいいのかもしれない。
パーツ類は1958年以降のものを意識して一部乗せ換え。
今回も前回に引き続きジュニア/スペシャルの2in1素材ですから
破綻の無いように考えた結果1959年モデルとします。
50年代レスポールという勝手な縛りも自分の中にはあるんですが、
1960年に大幅に設計変更されてしまう前の、今後おそらくGibson本家も再生産しないであろう年式なんですよね。
言わば《設計ミス》もしくは《欠陥品》なんですが、ニコイチ素材としては好都合なわけでありまして。


レスポール・ジュニア/スペシャルがダブルカッタウェイにモデルチェンジされるのが1958年。
指板の全てがボディから出ている非常に演奏性の優れたデザインとなります。
少なくとも、ジュニアに関しては現代でも通用する素晴らしいギターだと思います。
ボディが45mm厚なので、薄いSGよりかは立って下げた時のバランスはイイかな。

しかし、

モデルチェンジとは言え、ジュニアのことだけ考えてデザインされたのか
スペシャルのグレードに沿ってパーツを配置するとネックの接着強度不足という問題が発生。
スペシャルのみ1960年に設計変更されてしまいます。

図を見てもらえば分かりやすいと思います。
モデリングしたパーツをフォトショップで切り貼りしてみました。
全種類モデリングしているわけではありません(笑)

lpspw_wip01_58.jpg
まず58年、のデザインはシングルカッタウェイで使用したコントロール部分を共用するためか
レスポールらしい斜めの2ボリューム2トーン配列を踏襲しつつ、
新規カッタウェイで行き場を失ったトグルスイッチが妙な場所に配置されます。
ギターを弾く人ならこのスイッチの位置は使いづらいだろうと理解するのは簡単でしょう。

lpspw_wip01_59.jpg
59年、不評だったのかコントロールレイアウトのみ変更されます。
まとまりと操作性は良くなったように感じますけど、基本的にレスポール系のコントロールレイアウトは
慣れないと使いづらいものですね。
まぁ、ストラトキャスターのレイアウトが使いやすいだけなんですが(笑)
今回はこの59年タイプを作っています。

lpspw_wip01_60.jpg
そして60年、ネックとボディの接着面積を増やし強度不足を補うための改修が施されます。
指板エンドの位置で接合されていたネックは22フレットの位置で接合されるようになります、
1フレット相当ネックがボディにめり込むわけで、当然ブリッジの位置もその分だけ後退します。
同時にネックとボディの接着をより強固にするため、フロントピックアップの位置も大幅にブリッジ寄りへ後退します。
それに伴いピックガードの形状も変更され、前年までと見た目が大きく変わることになります。
ピックアップの位置を変えたことによりサウンドキャラクターも変わったとされていますが、
実際に2本を弾き比べたことがないので言及は避けます(笑)
ま、根本的とも言える設計変更なので音は変わって当然だとは思いますけどね。
以降、ダブルカッタウェイのレスポール・スペシャルはこのデザインが基本とされ
再生産される際もこのタイプが採用されています。

ついでですが、
61年にジュニア/スペシャルはSGシェイプにモデルチェンジされます。
SGシェイプになってからもしばらくの間レスポールの名を冠してましたが、
63年にレスポールの名称は正式にSGへと変更されます。

つまり、

SGシェイプに変わるまでの3年間、基本的な設計が全く変わらなかったジュニアと
毎年のようにマイナーチェンジを繰り返したスペシャルとでは
60年を境に別設計の別ギターになってしまうわけです。
見た目には微々たる差ですが、さすがに2本を1本にまとめることはできません。
なので枡久田的には59年モデルというわけですね。

ちなみに、近年のGibson(カスタムショップじゃないUSAもの)では、
60年タイプのスペシャルの設計をジュニアにフィードバックする逆の流れになっているようです。
指板エンドではなく22フレットでジョイントされているジュニアですね。
まー、ボディ加工の製造ラインも途中まで共有できますし当然のことながら製造効率はいいですよね。


ダブルカッタウェイのレスポール・スペシャルって存在自体がマイナーなものだと思うし、
多分、今後も表舞台で派手なスポットライトが当たることは無いだろうから作っておく意義はある。

要するに有っても無くてもどっちでもいい感じ(笑)

はいはい順調。

2012年11月08日 00:09

ちょっと形が違うだけで基本的にはシングルカッタウェイと構成は同じですから
作業内容もほぼ同様に流れるようにあっさり終了。
メタセコでWarabiレンダリング。

lpspw_wip02.jpg
50年代のダブルのスペシャルはあまり見る機会も無いのでやや新鮮かな。
トグルスイッチのナットは58年辺りから見られるすり鉢状の延長タイプに。
スイッチプレートのフォントも58年以降のものに。
コントロールノブは一つも共有できないのでPZ2編集が面倒だなぁ。
まぁボディトップがフラットなギターなのでセンターポイントの決定は
アーチトップのギターなんかよりはかなり楽チン。

ジュニア/スペシャルを2本続けるのはさすがに飽きてくる(笑)
でも、半年前に作ったスタンダードやカスタムより良いものになっている。
作り続けることで蓄積される知恵は確実にある。
賢くなったかは別として(笑)


この際だから好きなレスポールは全部作ろうと思う。
50年代初期のトラピーズブリッジのやつはネックの仕込み角が違うので作り直す部分が多いし簡単には無理だな。
そういう理由もあるけれど、第一にはトラピーズブリッジはロック的ではないので多分作らないだろう。
スタンダードの通称54年タイプと56年タイプは無理なく作れそう。

54年はP-90+バーブリッジ、56年はP-90+TOM+テイルピース、という大まかな分類です。
ギターの仕様は年度をまたいでじわじわと変更されていく場合も多く、
付いてるパーツだけで一概に○○年タイプと言い切ることは難しいのですが、
後に《○○年仕様》と称して再生産されたりして、その仕様がアイコンになったりする場合も多いので
日常会話レベルでの共通認識、程度の分類のようなものと思ってください。

おれは何で必死に弁解してるんだろう?(笑)

話を続けます。
カスタムも54~56年まではノブの形状が変更される程度の変化なので一本で再現出来そうかな。
70年代のレスポール・デラックスは好きなんだけどヘッド周辺がカッコわるいので悩み中。
80年代のレスポールは好きな機種があんまり無いなぁ。
でも80年代には1機種作りたいやつがあるので、そいつは作ろうと思う。
うーん、年末までのスケジュールがレスポール関連で埋まっちゃうなぁ。

嫌がらせみたいになってきた。

もう、惰性って言います。

2012年11月10日 07:21

ポーザーでフィギュア化とマテリアル調整。
前回のシングルカッタウェイのマテリアルを大体そのまま流用。
頑張って手を加えたところで大して変わらないのでこれでいい、という割り切り。

lpspw_wip03_01.jpg
1958年にダブルカッタウェイへとモデルチェンジされて基本色がチェリーレッドになります。
TVイエローもシングルカッタウェイの黄色より濃いものが多いようですが、
神経質に気にするほどの要素でも無いかな。
サンバースト用のぼかしマップも作ったものの、サンバーストのMATは無しで行きます。
ダブルカッタウェイではベッコウピックガードも採用されるのでマテリアルを考え中。
Fenderなどのプライものと違って透明度のある素材なのでマテリアル的にはちょっと厳しい感じかな。
それらしく見えるものは付けようと思ってますが、レンダリング時間と相談しながら個々にカスタマイズしてください。

B面の違いも一応。

lpspw_wip03_02.jpg
前回と同じ方式でMT+ジオメトリチェンジで2機種を選択式です。
結果的にダブルのジュニアを作り直すことになりましたが、
前に作ったダブルのジュニアとマテリアルやテクスチャその他の互換性はありません。
ファイル名も全て変わっているので同じライブラリに共存出来ますが、比べないでください(笑)

まぁ、予定通りと言うか当たり前な出来になりそうなんですが、
それなりの進歩と言うか成長を感じることが出来ました。

意外とほっとしている(笑)

スペシャルなジュニアその2。

2012年11月14日 00:36

月2本ペースはいいんだけど、配布用のパッケージが面倒ですね。
これだけやっても面倒なんだから、これからも面倒なんだろう。

そんなわけでレスポール・スペシャル/ジュニアその2を配布。

G-LPSPw.png
http://mdp4.web.fc2.com/DL/DLpage.html(新DLページ)
今回よりDLページを移転しました。
fc2のHPのアカウントも持ってるのに使ってなかったので、このタイミングでDLページだけ移動。
容量的には何の問題も無くなりましたが、配布終了したものは改めて作り直すまで再配布はありません。
まぁ、順番から行くと今年の最初の方に作ったスタインバーガーを消すことになってしまうので
さすがに一年未満で削除してしまうのも忍びないので容量の多い方へ移動というわけです。
スティングレイ以外は今年に作ったもので品質は安定していると思うのでしばらくはそのまま。
飽きたらまた入れ替え制になります、よろしく。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

読み込み時はサムネイルの通りチェリーレッドのスペシャルとして設定されています。
機種の変更の際は《LP-Junior_W.pz2》または《LP-Special_W.pz2》を適用。
前回のシングルカッタウェイのスペシャル/ジュニアとほぼ同じ構成なので同じように使ってください。

ピックガードのマテリアルは透明度はゼロですが0.2ぐらい透けさせるとそれなりに見えるかな?

lpspw_wip04_01.jpg
0.4にするとウソっぽいですが、ゼロでもウソっぽいです。
画像はAOをオンでレンダリングしていますが、AOを使用しない場合でも0.2以内で透明度を調整した方がいいでしょう。
構造的にはピックガード裏面とかねじの穴とかねじとかしっかり作っていない手抜きのオブジェクトなので
不自然にならない程度で微調整してください。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


ちょっとやってみたかった安いダブルカッタウェイ三兄弟。
lpspw_wip04_02.jpg
Gibson的な法則はあるにせよ三者三様に個性的。
三本の良いところを合成して少々アレンジすればかなりいいギターになると思うんだけど、
頭の中で想像してみると、どうにもGreco的なギターになってしまう(笑)
そう考えるとやっぱり日本のギターって優秀なんだろうなと痛感しますが、
毒が無くなるとでも言いますか、良いところの限界で考えるとどうしても平凡なギターになってしまうのかなぁ。
たとえ欠点があっても、それを帳消しにするぐらいの魅力がギターには必要なんだろうな。

lpspw_wip04_03.jpg
スタンダードからシングルカットのスペシャル/ジュニアへ、
さらにダブルカットのスペシャル/ジュニアへと移行していくわけですが、
この段階でSG(Solid Guitarの略)という名を与えられており、後のSGの元祖とも言えるわけです。
レスポールからSGへの移行は突飛にも思えるほどの変化ですが、
こうしてコストダウン的な視点で並べてみると意外と緩やかな変化だったのかもしれません。

次回からはPAF搭載以前のレスポールを作ります。

56年タイプなど。

2012年11月20日 06:21

P-90つながりでスタンダードにも乗っけてみます。
55年後半から後にPAFと呼ばれるハムバッキングPUが搭載される57年初期までを56年タイプとします。
平たく言うと《P-90+TOM+テイルピースでゴールドトップのレスポール・スタンダード》ということです。
ちなみに、《スタンダード》と冠されるのは58年以降であり、この段階では単なるレスポール・モデルです。

lps56_wip01.jpg
変更部分はP-90用のキャビティ(穴)とP-90の形状に合わせたピックガードぐらい。
今後作るであろう54年タイプ(ブリッジが違う)のテクスチャを考慮して
ブリッジ関連の穴を塞いだボディトップにしておいた。
ついでに54-56年のカスタムのトップとしても使える。

この年代のトップ材はメイプルだけど、
最終的に金色に塗り潰される仕様だったので丁寧にセンターで2ピースされているものは少ない(無い?)。
ヴィンテージギター的な人気は58-60年製には及ばないものの、良い材を使用しているという点で木材的な価値は高い。
この場合の良い材と言うのはトップのメイプルよりも、むしろバックのマホガニー。
ただ近年、58-60年の個体の流通価格が高騰したせいもあり、
ハムバッカー用の穴を開けられ58-60年タイプのようにコンバージョンされてしまうものも多いようです。


配布の際は中途半端なメイプルのテクスチャも付けようかな。
トップの穴以外は以前のスタンダードとUVは共通なので
バックとネックのマホガニー部分も新たにテクスチャを作ってどちらにも使えるようにしておこう。

わりと簡単に出来そうだ。

大人のレスポール。

2012年11月24日 00:07

金属製のピックアップカバーで見慣れたレスポールに比べると
若干地味なルックスだけど渋い感じになってますね。

lps56_wip02.jpg
トップのメイプルはセンターをずらした2ピースにしました。
トラ杢も控えめな感じに設定しましたがこのギター以外に使いどころが無いテクスチャだなぁ(笑)
配布時はゴールドトップになるのでメイプルのテクスチャは単なるオマケです。
マホガニーのテクスチャも以前作ったスタンダードでは多少不満もあったので作り直しましたが、
並べて比べない限り大した違いじゃないなぁ。

トグルスイッチのナットはシングルカッタウェイのスペシャルで使用した薄いものに変更。
スイッチプレートの字体も同様に変更してますが、光りすぎてよく見えませんな。
その他、年代的な特徴ではバックパネルが黒ではなく小豆色と言うか海老茶色と言うか微妙な色。
ノブをスピードノブに換えればちょっと古めの雰囲気も出そうですが、
今回は56年タイプということでノブの変更は無しにしようかな。
54-56年タイプのカスタムを作る際にはノブのジオメトリチェンジを仕込む予定。

特にP-90が好きというわけではないのですが、
個人的にはこの56年タイプのルックスがスタンダードでは一番好きです。
配布しているスタンダードと大きな違いは無いんだけど、
ねじの頭の形状とかUVなども変更したので配布済みのスタンダードとカスタムもアップデートしなきゃいけないな。
まぁ、予定してるものをこなしてから来年にでもぼちぼちアップデートしていこう。

ぐるぐる回ってる。

予定通りですよ。

2012年11月26日 00:39

特に難しい問題も無く、いつも通りにポーザーでマテリアル設定。
あまり広げようも無い機種なのでさすがに物足りなさはあります。

lps56_wip03_01.jpg
とりあえずはゴールドトップにナチュラルバックな感じ。
以前配布したスタンダードにもゴールドトップのMATを同梱してましたが、
今回はもうちょっとあっさりしたゴールドみたいな感じに調整。
ペグのつまみも色が濃すぎたように思うので薄めにしてみました。

lps56_wip03_02.jpg
ヘッドのロゴはもうちょっと位置を下げた方が雰囲気が出るかな。
トップのMATはゴールドのみですがバックはあと2種類追加予定。
ダークバックとオールゴールドみたいな感じで。

MDP_G-LPSTとして配布したスタンダードのテクスチャを部分的に共有予定。
同名ファイルを同梱するので基本的には上書きしてください。
ロゴ用のOBJも同様に共有するつもりなので上書きで。
今後、そういった仕様が増えると思いますが、同名ファイルなら最新のものが正解ということにします。

いつもより要素少なめだな。

イソロク。

2012年11月29日 23:40

というわけで今回も難なく配布します。
レスポール1956年タイプです。

G-LPST_56.png
http://mdp4.web.fc2.com/DL/DLpage.html(新DLページ)
今回も配布物の入れ替えは無し。
自分で見ても偏ったラインナップだと理解しているのでお許しください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

特に派手なギミックも無く。
トップはゴールドのみ、バックは3種類のMATを用意しました。
ピックガードの表示/非表示のPZ2も同梱。
ホント地味です。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


lps56_wip04_01.jpg
年代順に並べてみましたが、ゴールドの色合いはどっちでもいいかな。
実際のギターを持って一番年代の違いを感じるのはネックの太さだったりするんですが、そういうところは再現してません。
きっちり資料を集めてある程度再現することは可能だと思いますが、3DCGにはあんまり意味無いですよね。
雰囲気モデリングですねー。
そういうわけでヘッドのロゴもMTで位置を変更しておきました、雰囲気が重要。

lps56_wip04_02.jpg
バックのMATは三種類。
木目のあまり美しくない材(シミなど)の場合に用いられるのがゴールドバック(オールゴールド)でありダークバックです。
金色で塗り潰す、あるいは暗い色で目立たなくするというネガティブな発想ですね(笑)
《金色》というのが初期レスポールの一種のアイデンティティだったんですが、
塗装が剥げて緑青が出たりネック裏がベタついたりと評判が悪く、56年頃から濃いブラウンのダークバックへと変更されます。
ミントコンディションのオールゴールドのレスポールならそれはもう美しいものでありますが、
緑青の出たボロボロのレスポールは見るも無残なものでありますよ。

大して弾かれもせずケースに大事に保管され、後年まで美しさを保つギターと
ボロボロになってもなお弾き続けられるギターってどっちが幸せなんだろう?
と、物思いにふけってしまいます。
ただ確実に言えることは、塗料の質でベタつくネックは最悪だということ(笑)

次回は初期型カスタムを作りますよ。


最近の記事