スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばってる。

2012年10月12日 00:04

ちょっとした改造やら使い回しやらがメインにせよ、
今年は結構楽をしながら本数を稼いでいる。
がんばってるとは言え、誰得チョイス度は上がる一方ですが(笑)

そんなわけでメロディー・メーカー配布。

G-MMW.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

SGジュニアに続くシンプルなギターなのでMAT2種のみでお楽しみ要素は無し。
過去に配布したものから色々なパーツを移植して改造したりする素体にはいいかもしれませんね。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。

今回はスティングレイをキープしてテレベ・デラックスと配布を入れ替えました。
スティングレイもテクスチャとかを改変して今のスタイルで作り直したいんですが、
MATポーズを作り直すのも面倒なのでしばらくはこのまま(笑)

前回のSGジュニアを改造した例と2ショット。

mmw_wip04_01.jpg mmw_wip04_02.jpg
ジュニア系を改造するならブリッジをBADASSにペグをロトマチックに、みたいな定番改造。
ジュニアグレードに近いMMですから同様の改造もアリかな。
ただ、MMはヘッドが小さいのでペグを交換するならばシャーラーのミニタイプの方がいいな。
まぁ年代もののギターを買って改造のために穴を開けたりするのは勇気が要るので3DCGならではの楽しみ。
僕個人としてはネックジョイントを19フレット近辺に改変してジャックをボディサイドに移設したい。
そうすればかなり僕好みのギターになるんだけどなぁ。

さてさて。

次回はスペシャルとジュニアのニコイチ作戦でもやろうと思ってます。
前々からアイデアは温めていたんだけど、微妙に面倒なので放置していました。
レスポールのボディも再利用しまくりでなるべく簡単なギターにしたいと思います。

誰得つうか俺得(笑)
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。