チープで行こう。

2012年10月01日 00:31

SGジュニアの配布の時に「ついでにメロディ・メーカーでも作ろうかなぁ。」なーんて言ってましたが、
作りました。
ボディもネックも久々に新規モデリングなのにあっさり形になるのは完全な左右対称のせい。
過去作の手直しより楽ですわ(笑)

mmw_wip01.jpg
使用パーツはSGジュニアとほぼ同じで共通項が多いのに
なぜか異様に安っぽいルックスでホントにGibsonなの?的なステキギター。

実際に大音量で鳴らしたことが無いのでなんとも言えませんが、
ミニアンプで鳴らす程度の音量なら結構いい音がした記憶があります。
ピックアップは《PU-380》というシングルコイルで見た目は安っぽいけど
同じGibsonのシングルコイル《P-90》よりも軽快な印象だった。
これはこれで値段なりにしっかりと成立してるギターだと思いますねぇ。
現行品のポールピースの付いたシングルコイルが乗ってるやつはジャリジャリ感が強くて好みじゃなかったなぁ。

メロディ・メーカー(以下MM)が登場するのが1959年、
発売当初はレスポールのようなシングルカッタウェイのボディでした。
そしてダブルカッタウェイのボディになるのが1961年。
さらに数年後(正式な年度不明、63年かな?)ボディシェイプが若干変わり、
ジョーン・ジェットが使っている有名な形になります。
ボディシェイプは改悪だと思うけどハイポジションの演奏性を高めるための改良という感じですかね。

そして、1966年にはSGのボディが流用され、ある意味楽器として洗練されたMMになります。
ところが、SGボディのMMは行き過ぎた進化だったようで70年代に入るとMMという名称は無くなり
SG-100やSG-200という見た目に安物っぽいギターへと逆戻りします(笑)


今回作るのは61年から採用されたダブルカッタウェイでピックアップは一つのモデル。
レスポールのシングルカッタウェイ部分をそのまま左右対称にした感じのダブルカッタウェイ。
MMにはピックアップが二つ付いた《D》モデルもあってダブルカッタウェイのDoubleと混同してややこしいですな。
とてもバランスのいいギターなんだけど、ネックジョイント部分がもっさりしすぎで安っぽいのと
コストカットの定番とも言えるピックガードに全部乗せ、のせいでジャックの位置がとんでもなく邪魔。
まぁ、常に何かが犠牲になるのがギターデザインとも言えますけども、
ジュニアグレードとあえて差を付けるための配慮なのかもしれません。

ちなみに当時の価格を見ると。
1961年のMMが$109.50、ピックアップが二つのMM-Dが$147.50
同年のSGジュニアが$147.50
感覚的にMMが現在の5~6万円程度、MM-DとSGジュニアは7~8万円程度でしょうかね。
MM-DとSGジュニアが同価格ってのは非常に悩ましい選択だと思います(笑)


パーツ類はほぼSGジュニアのものを使用、
ストラップピンは形状からしてアコースティック系の軽いギターなんかに付いてる樹脂製のものだと思います。
ピックガードのネックジョイント付近にMELODY MAKERって文字が入るんだけどどうやって処理しようかな。
ボディ厚はSGなどと同様の35mm、ネックの仕込み角は2度でヘッド角度は17度としました。

ネックジョイント部分の段差が多いので演奏性はスムーズとは言い難いかな。
ただ、ボディが薄くて軽いので慣れればレスポールよりハイポジションは弾き易いかも。
持った時のバランスもSGよりはいい感じだし、独断と偏見によりGibsonの隠れた名器と言ってもいいでしょう。

言い切っちゃった(笑)

ペース速い。

2012年10月05日 01:05

Gibsonの特徴を備えた、言い換えれば似たようなものばっかり作っていると
何をどこまでやったのか、という作業時間的な感覚が麻痺してきます。
さくっとUV展開終了。

mmw_wip02_01.jpg mmw_wip02_02.jpg
簡素なギターなので作業も複雑にはなりにくい。
とりあえずはチェリーレッドっぽくしましたが、基本的にはサンバーストがデフォルトのようです。
チェリーレッドが追加されるのは63年以降のボディシェイプが変わる時期ですね。
その後、SGシェイプになると派手なメタリックカラーになります。

指板エンドのピックガード部分にプリントされているMELODY MAKERの文字は
ヘッドのロゴと同様に板ポリゴンをトランスマップで抜いています。
MELODY MAKERをMASKDA MASKにすべきか悩みましたけどね(笑)

サンバーストはどこまで濃い色にするかが問題だなぁ。
トップだけ濃いブラウン、トップとサイドまで濃いブラウン、さらにバックまで濃いブラウン等々、
年代毎や職人さんのさじ加減で色々なバリエーションがありそうです。


やっぱりGibsonのギターって作ってて楽しい。
実際のギタークラフト的には面倒な加工が多いので、バーチャルな3DCG的には楽しいんだろうな。

このギターはダブルカッタウェイだけど設計的にはシングルカッタウェイを対称にしただけなので
いわゆる、シングルカッタウェイのレスポールジュニア系と言えるでしょう。
このセットネック形状ならデタッチャブル方式に簡単にネジ止め出来ると思うんですが、
コストがかかろうともネックを接着しちゃうところがGibsonらしい(笑)
まーネックに角度が付いているからネジ止めはあまりよろしくないのかもしれませんね。
3DCG的にはこういうジョイント方式は簡単なので
シングルカッタウェイのレスポール・スペシャルとかも作っておきたいな。

安いギターが好きなだけかもしれない。

はたして。

2012年10月09日 00:51

こんなギターを作っていて自己満足以外に意味があるんだろうか?
などと考えたりもしますが、少なくとも自己満足してるだけでも意味はあるんだろう。
ポーザー素材的な意味は既に無いです(笑)

ポーザーでのマテリアル調整などなど。

mmw_wip03_01.jpg mmw_wip03_02.jpg
サンバーストは毎度毎度の白黒マップ&ColorRampで色乗せ。
真ん中の黄色い部分は木目をつぶす感じで安っぽく仕上げました(笑)
今回はバックのブラウンの濃淡で多少頭を使った。
ネックの裏は薄め、ボディとヘッドの裏は若干濃く、ネックジョイント付近は一番濃い。
ボディサイドもトップのサンバーストが続くように濃いブラウン。

サンバーストのフチは細くキレイな曲線のものが多い。
50年代中頃のレスポール・ジュニアのサンバーストなんかだとかなり雑な印象ですが、
塗装職人さんのスキルが上がったのかスプレーガンが進化したのか
60年代に入ると安価なMMでも塗装自体は薄そうだけど仕事は丁寧な印象。
チェリーレッドはまぁいつも通り。
パーツ仕様や全体の設計などから、いくら丁寧に作っても安っぽい印象は拭えませんが、
Gibsonの遺伝子は脈々と流れている雰囲気はありますねー。

こういうチープでシンプルなギターは派手な単色で塗り潰しても似合うと思う。
全部マホガニーだからわざわざ木目を見せる必要が無いだけなんですけどね。
安いギターだけどGibsonの過去のラインナップではベストセラーの部類、
勿論、安いからよく売れたんだろうけど、安くて良いものだから沢山売れた、と断言しておこう。

また言い切っちゃった(笑)

がんばってる。

2012年10月12日 00:04

ちょっとした改造やら使い回しやらがメインにせよ、
今年は結構楽をしながら本数を稼いでいる。
がんばってるとは言え、誰得チョイス度は上がる一方ですが(笑)

そんなわけでメロディー・メーカー配布。

G-MMW.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

SGジュニアに続くシンプルなギターなのでMAT2種のみでお楽しみ要素は無し。
過去に配布したものから色々なパーツを移植して改造したりする素体にはいいかもしれませんね。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。

今回はスティングレイをキープしてテレベ・デラックスと配布を入れ替えました。
スティングレイもテクスチャとかを改変して今のスタイルで作り直したいんですが、
MATポーズを作り直すのも面倒なのでしばらくはこのまま(笑)

前回のSGジュニアを改造した例と2ショット。

mmw_wip04_01.jpg mmw_wip04_02.jpg
ジュニア系を改造するならブリッジをBADASSにペグをロトマチックに、みたいな定番改造。
ジュニアグレードに近いMMですから同様の改造もアリかな。
ただ、MMはヘッドが小さいのでペグを交換するならばシャーラーのミニタイプの方がいいな。
まぁ年代もののギターを買って改造のために穴を開けたりするのは勇気が要るので3DCGならではの楽しみ。
僕個人としてはネックジョイントを19フレット近辺に改変してジャックをボディサイドに移設したい。
そうすればかなり僕好みのギターになるんだけどなぁ。

さてさて。

次回はスペシャルとジュニアのニコイチ作戦でもやろうと思ってます。
前々からアイデアは温めていたんだけど、微妙に面倒なので放置していました。
レスポールのボディも再利用しまくりでなるべく簡単なギターにしたいと思います。

誰得つうか俺得(笑)

スペシャルの意義。

2012年10月18日 19:47

予告どおりレスポール・スペシャルとレスポール・ジュニアをニコイチモデリング。
厳密に言うとニコイチ(二個一)じゃなくてイッコニ(一個二)だけどそんな日本語あるんですか?(笑)

lpsp_wip01_01.jpg
共通する要素にそれぞれの機種特有の要素を組み換えて再現します。
ジュニアグレードの仕様については前々回のSGジュニアの時にも触れましたが
比較の意味でももう一度表にまとめてみます。

gradetable.png

50年代の仕様を参考にしています。
近年のGibsonにおいてはカスタムショップ以外で50年代のオリジナルな仕様が守られることはほぼ無いですね。
今風アレンジと言うか信頼性高めの仕様変更なのか、まぁ大きなお世話ですけどね。
ペグのブッシュに関しては上記の表が正式な仕様では無いかもしれませんが、
ジュニアはハトメ、スペシャルにはスタンダードなどと同様のブッシュが使用される傾向が強いです。

ちなみに、スタンダードは$247.5、カスタムは$375という当時の価格差。
ジュニアの1.5倍がスペシャルで、ジュニアの約2倍がスタンダード、ジュニアの約3倍がカスタムという分かりやすいもの。
一つ上のグレードは約1.5倍の価格になっているのは合理的で戦略が明確ですよね。
現在のカスタムショップ(Vintage Original Spec)での価格差を調べてみると。
ジュニア$3,527、スペシャル$3,527、1958スタンダード$5,174、3PUカスタム$6,351
今の物価が当時の5倍ぐらいで$1=360円の時代と考えると価格設定自体は妥当なのかな。
質にはあえて触れませんよ(笑)


スペシャルという名称は《特別なレスポール》ではなく《ジュニアの特別版》と捉えた方が納得できますね。
日本語的な語感からすると《スペシャル》って最上位機種の名称でも通じますから
「コレのどこがスペシャルなの!?」てな具合に若い頃は違和感を覚えたもんです。
だからと言ってレスポール・シニアだったらもっと売れない感じになるでしょうけど(笑)

そもそもスペシャルの存在自体が若干微妙なんですよね。
ジュニアには1PUでシンプルという比較的王道と思われる価値観、加えて需要があるのですが、
スペシャルに関してはスタンダードの安価な代用品、と言うにはスタンダードの個性とは全く別物だと思うし。
結局、P-90の音に惚れた人が手を出すややマニアックなアイテムなのかな。
《ハムバッカーの音は好きじゃない》+《ピックアップ一個じゃ物足りない》=《スペシャルだろ》
とは言え、シングルコイル2個以上のギターなんて選択肢は山ほどありますから
やはり、P-90が大好きという人のためのギターなのかもねぇ。
恐らくはジュニアとスタンダードのグレードのギャップを埋めるための逆算的な仕様なのでしょうね。

今の僕はスペシャルも好きですが、ジュニアとスペシャルどっち?って聞かれたら
迷わず「ジュニアでミシシッピ・クイーン!」な感じ(笑)
まぁ、レズリー・ウェストもダブルカッタウェイのスペシャルとか使ってる写真があったので
《ジュニア+α》というのがスペシャルの居場所なんだろうな。

さてさて。

基本的には2機種のパーツの違いをジオメトリチェンジで変更。
パーツごとの独立した変更ではなく、ジュニアorスペシャル、ビーフorチキン、な二者択一でいきます。
一番の問題であろうピックアップ&コントロール・キャビティはそれぞれMTで凹ませます。

凹ませる部分ってテクスチャ的にはどうでもいい部分なので
ボディに穴の無い状態でUVを当てたものを基本オブジェクトとして
それぞれ木目のゆがみなどお構い無しにMTで凹ませる仕様。

lpsp_wip01_02.jpg
文字で書くと誰でも簡単に思い付くような方法だけど、2機種を同居させるのはなかなか骨の折れる作業です。
ボディカラーのMATなどは未定だけど数種類は作ると思います。
構成的にはややこしいんですが、両方共シンプルな部類のギターなのでここ数ヶ月の流れと同様。

目指せ、レスポールモデラー。

滞りなく。

2012年10月23日 00:13

UV展開を済ませ、テクスチャも作ったのでMT製作も一気に済ませた。
楽とは言えないけど、作業量自体は少ないので苦労したようには感じない。
毎度メタセコでWarabiレンダリング。

lpsp_wip02_01.jpg
やはり、バリエーションモデルは同時期に作った方が整合性が取れていい感じですね。
カスタムやスタンダードは色気があって豪華なおねーさん、
スペシャルとジュニアは素朴な高校生とか中学生の趣ですね。
メロディ・メーカーだと小学生ぐらいの感じでしょうか。

ド変態ですね。

シングルカッタウェイのジュニアの歴史は1954年、スペシャルは翌年の1955年から始まります。
スチューデントモデルとして順調に実績を上げますが、1958年にダブルカッタウェイにモデルチェンジされます。
ただ、1959年頃までシングルカッタウェイも並行して生産されているらしく、
58、59年あたりはシングルとダブルの2機種が混在しているようです。
人気があったから生産が続いたのか、単に加工途中のボディ材の在庫が残っていたのか。
どちらもよくあることなのでどちらも正解かもしれません。

品質的には、破損しやすいブリッジが改良された56年以降のものがいい感じ。
今回は56年の個体の写真を収集して参考資料としていますが、特に目に見えて際立った特徴もなく(笑)
スペシャルのパーツ類は56~57年ということを考慮して形状やテクスチャも変更していく予定。

さて。

MTによるピックアップ・キャビティ等の掘り下げは多少強引ではありますが、
わざわざ別のボディを用意するよりかはスマートだと思います。

lpsp_wip02_02.jpg
テクスチャが伸びちゃってますけどピックアップを収めれば気になる部分ではないでしょう。
これが出来たということは、以前作ったダブルカッタウェイのジュニアも
スペシャルとのニコイチ仕様にアップグレードしなきゃならんなぁ。
今見ると気になる部分も多々あるので、本格的にバラして作り直しかなー。

などと考え始めるとゴールドトップでP-90x2搭載の55~56年スタンダードも作りたくなってくる。
56年スタンダードが出来たら流れとしては当然56年のカスタムにも出来ちゃうなぁ。
50年代のレスポールファミリーがどんどん増えていきます。
さすがにアーチトップのスタンダードやカスタムで今回のような《MTでニコイチ》にすると
面が荒れるような気もするので導入は難しいかな。

日記用のレンダリングなので特に気にもせず仮調整のテクスチャを貼っただけなんですが、
こういう簡素なギターにはナチュラルフィニッシュも似合いますねぇ。
チェリーで赤が抜け切ったスペシャルとかめちゃカッコイイと思う。
出来る男が使いそうなギターでカッコイイじゃないですか。

カッコイイじゃないですか?(笑)

色々。

2012年10月25日 00:06

安いギターでもずらっと並べるとそれなりに見えてきました。
3種類のMATですが、スペシャルの基本色はTVイエローかチェリーレッド。
ジュニアにはTVイエローとサンバーストというバリエーションです。
50年代風味を考えるとこの三色かなぁ。

lpsp_wip03_01.jpg
どちらも同じOBJの同じUVなのでMAT適用には問題は無いのですが、
ジュニアのチェリーはまぁ見かけるとしても
スペシャルをサンバーストにすると見慣れないせいもあってなんか変です。
近年では白いスペシャルとかジュニアとかも定番カラーなのかな。
シンプルなギターなので色はなんでもいいんですけど。

そんな感じで裏側もそれなりに。

lpsp_wip03_02.jpg
さすがにスペシャルのバックパネルのレイアウトを見るとレスポール感が漂ってますねぇ。
なかなかスマートに2本をまとめられたと思います。
余談ですが、今回よりねじの頭をモデリングし直したものに変更しています。
パーツ類も過去のものと同じ形状であってもUVをやり直したりしているので徐々に良くなってきてるかな。

日記用にいろいろとレンダしているうちにジュニアで使うドッグイヤーのカバーのエッジが立ちすぎている気がしたので
急いで角を丸めたカバーを作り直して差し替えました。
ソープバーのカバーもマウントスクリューの皿穴を開けて丸ねじではなく丸皿ねじに変更。
トグルスイッチ周辺もナットをすり鉢状の延長タイプからフラットな形状のものに変更。
スイッチプレートのフォントも変えたりして年代的な特徴を反映させてます。
地味な変更だけどこういうところが楽しい。


レスポール・スタンダードを作った時には、「もうこれ以上やることねぇな。」とか思ってしまいましたが、
単なる思い上がりでした(笑)

やってない事の方が多い。

スペシャルなジュニア。

2012年10月27日 07:18

カスタムとスタンダードでは違いすぎて出来なかったけどスペシャルとジュニアなら破綻は無い。
今の勢いでダブルカッタウェイのスペシャルとジュニアも再構築してしまいたい、せねばなるまい。
こういう過去のものに手を加えていくスタイルなら月2本ペースでいけますね。

そんなわけでレスポール・スペシャル/ジュニアを配布。

G-LPSP.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

読み込み時はサムネイルの通りTVイエローのスペシャルとして設定されています。
機種の変更の際は《LP-Junior.pz2》または《LP-Special.pz2》を適用。
パーツの入れ替えとロゴのマテリアル変更を同時にするMAT-pz2ですが、
ヘッドのロゴは本体にペアレントされているプロップなので
今回のギターを2本以上読み込んだ場合、プロップの名前が自動的に変更されMAT-pz2が適用されない場合もあります。
あらかじめロゴのマテリアルを《.mt5》などでライブラリに登録しておくのが簡単な解決策の一つです。

つまり、スペシャルとジュニアを同じシーンでレンダリングする場合、
最初に読み込んだ方を《LP-Junior.pz2》でジュニアに変更し、次に読み込む方はスペシャルとしてそのまま使う、と。
そういう順序なら特に問題は無いように思います。

《Body MATフォルダ》内のファイルはどちらにも適用可能(ボディ、ネック、ノブのマテリアルのみ変更)

lpsp_wip04_01.jpg
しつこいようですが、スペシャルにサンバーストは似合わないと思います。
もしかすると毎日見てたら目が慣れてカッコよく見えてくるのかもしれない。
毎日のようにテストレンダしてますからそろそろ慣れてきている気もします。
あれ?もしやカッコイイのかも?いやまさか(笑)

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。

SGシェイプのメロディメーカー・ベースと配布を入れ替えました。
SGも作ったしメロディメーカーも作ったからもういいでしょ。

lpsp_wip04_02.jpg
こうやって並べてみるとグレードの違いというものが視覚的に理解しやすいと思います。
つまり、豪邸にはカスタム、四畳半一間のアパートにはジュニアを配置すると絵に説得力が出ませんかね?(笑)


ついでに。
配布はしませんが季節ものということでハロウィン仕様にしてみました。
コウモリやカボチャの素材はフリー配布されているものをそのまま、もしくは改変して使用。

lpsp_wip04_03.jpg lpsp_wip04_04.jpg
今回の主役であるスペシャルをいじってもあんまりお菓子感やいたずら感が出なかったのでSGジュニアも急遽登板。
やはりコウモリ+カボチャならSGシェイプ以外に適役はいませんね。
SG用にコウモリピックガードも作ってみましたが、ピックガード改造ってのは簡単に見た目を変えるいい方法ですね。

lpsp_wip04_05.jpg lpsp_wip04_06.jpg
まぁ、扮装して各家庭からお菓子を貰った記憶も、お菓子の要求を拒否していたずらされた経験もありませんけどねっ!
地域の地蔵盆で袋いっぱいのお菓子貰って嬉しかったのが唯一のハロウィン的な思い出(笑)

次回もスペシャル/ジュニアで。


最近の記事