スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SG-Jr

2012年09月14日 00:20

プレベに続いてお気楽モデリングシリーズということでSGのジュニアを作ってます。

sgj_wip01.jpg
六角大王で大体モデリング終了の感じ。
ボディはメロディ・メーカーベースの分割前のデータから加工。
ネック接合部は斜めに削らずに簡単なアレンジで作ってます、ボディの裏だし目立たない部分なのでまぁいいでしょう。
ヘッドはレスポール・スタンダードのものを加工してレスポール・ジュニアのネックに移植。
パーツ類はレスポール・ジュニアで使ったものが殆ど。
ブリッジのみファイヤーバードのバーテイルを持ってきました。
以前に作ったレスポール・ジュニアはネックの仕込み角度が浅かったので(2度)、
今回は3度にしました、ヘッド角度は17度にしています。

ゼロから新規で作ったのはピックガードとバックパネルぐらい。
作る手間は少ないけれど、作った時期がバラバラな過去のデータをひとつにまとめるのは意外と疲れる。


僕の好きなSGはレスポールの後継機としてデビューした61年から大体64~65年ぐらいまでの時期のもの。
それ以降のものは、木工的にあまり見る価値が無いというのが個人的な感想。
カスタム、スタンダード、スペシャル、の三種類ならジオメトリチェンジでコンパチ仕様に出来そうだけど
面倒な作業はできるだけ省きたいので今回は見送ります、
そんなわけでポーザー素材的にあまり見かけないという理由もあってジュニアにしました。
イメージ的には64年のSGジュニア風という感じで。

SGって弾きやすいけど意外と持ちにくい微妙な感じ、でも
軽さと薄さでどうにでもなるので結構好きなギターかな。
軽量でネックも薄いギターなので女の子向きのようにも思えますが、
座って弾くとナットが遠くなるので、体の小さい女の子にはオススメしないぞっ!

つづくぞっ!
スポンサーサイト

派手な出来事が無い。

2012年09月17日 00:01

製作日記的な細かく刻んだ長期連載が出来ない。
ありものの加工がメインなので記事にするような工程が無いんですよねぇ。

配布リストから外れているレスポール・ジュニアの代わりに
同グレードで異機種、みたいなチョイスのSG・ジュニアなわけですが、
レスポール・ジュニアを作ったのが既に2年前なのでその頃とは多少考え方も変わった気がします。
成長ではなく老化かもな(笑)

UV展開、と言うかUVのレイアウトやり直しがメインですけど、とにかく済んだのでメタセコでWarabi。

sgj_wip02_01.jpg sgj_wip02_02.jpg
いやーしかしSGのボディってホント無駄が多いなぁ。
ヴァイブローラ付けたら空きスペースが埋まって見た目のバランスは良くなるけど、ヴァイブローラなんて要らないしなぁ。
元々はサイドウェイ・アーム(スウィング・アウェイ・プル・サイドウェイ・トレモロ)ありきの
ボディデザイン・ボディバランスだと思うので、「トレモロ外したら軽くなったけどバランスは悪くなった。」
というオチだろうな。

テクスチャも殆ど完成しているので、あとはいつも通りのポーザー作業だな。
ボディやネックのテクスチャは毎度の如くBlenderで自作ウッドマテリアルをベイクしたもの。
気に入った木目が出るまで何度も試すこともありますが、基本的には10分~20分で作業は終わる。

ジュニアということなのでチェリーレッドだけではなくTVカラーもありますよ。

sgj_wip02_03.jpg
それまでのTVといえばイエローだったのですが、SGシェイプのいつ頃からかTVモデル=ホワイトになりました。
ごく初期にはイエローのSGTVもあるようですが、やっぱりSGTVならホワイト。
基本的には仕様の変わらないただ色の違う《白いSGジュニア》
でも、指板サイドまで白塗装されているのがSGジュニアの特徴なので再現出来るようにマテリアルを分けた。
マジでどうでもいい部分(笑)

だが、それが醍醐味。

おさらい。

2012年09月20日 01:48

何度も言うようですが、本格的に書くことが無いので参考資料的なことでもおさらいしておきます。

今回のギターは《SGジュニア》
ジュニアというのは、Gibsonの最も安い価格帯であり、安価とは言えシンプルさが魅力のグレードでもあります。
厳密に最も安い価格帯と言えば有名なところでメロディメーカー・シリーズもあるんですが、
メロディメーカーは単一グレード内でのバリエーション展開(主にPUの搭載数の違い)なので
いわゆるGibsonのグレードという概念にはちょっと当てはまらない気がします。
あえて言うなら、ジュニアよりほんの少し下の価格帯がメロディメーカー。

さて、Gibsonの主力商品には4つのグレードがあります。
カスタム:最高機種、ゴールドパーツやら多層バインディングやら見た目に豪華。
スタンダード:その名の通り基本となるグレードだけどGibsonって元々高価なのでギターとしては高級品。


ここに明らかな差がありまして。


スペシャル:ジュニアグレードをワンランク上げたもの、スタンダードから下げたとは言い切れない程の違いがある。
ジュニア:最低限のパーツ・装飾、でスペシャルと共にスチューデント・モデルなどとも呼ばれる。

Gibsonで最も有名なレスポールのグレードで考えると、
カスタムとスタンダードが(価格的に)大人用、
スペシャルとジュニアは(価格的に)学生用という明確な差がありますねぇ。
レスポールに関して言えば、カスタムとスタンダードはレス・ポール氏が考案したものを発展させた機種であり、
一方スペシャルとジュニアの開発にはレス・ポール氏の関与は全く無い、といった違いがあります。

SG以降のギターではとりあえず足し算引き算で価格帯に分けてみた、という感じで、
明確なグレードの差というものが希薄になっている機種もあります。

sgj_wip03.jpg
ジュニアグレードの基本仕様は。
ヘッドは突き板無しの黒塗装でロゴがパールのインレイではなくプリント。
ペグが樹脂ボタンの片側3連のクルーソン。
ロッドカバーは黒の1プライ。
ポジションマークはドットで、指板側面のバインディングは無し。
ピックアップはシングルコイルのP90がリアに一つのみ。
コントロールは1ボリューム、1トーン。
ブリッジはシンプルなバータイプ。
(あくまでも基本となる仕様を列挙してますが、他の機種では上記に合致しない変更部分も有ります。)

ギターを弾きながら歌うような人には、ジュニア系はシンプルで人気のあるギターですね。
ただ、本当にシンプルなのは64年までかなぁ。
65年にはヴァイブローラ(ヴィブラートユニット)が標準装備され、
66年以降は大幅に設計変更されてしまいます。

さてさて。

ポーザーで作ったMATは画像の二種類のみ、お楽しみ要素も無し。
このギターに関しては何も要らないかな。
SGジュニアはカスタムやスタンダードとも細かな部分で造りが違うので改造はしづらいかもしれない。
ここから別機種に改造するとすればSGスペシャル。

多分しないけど(笑)

ジュニア第2弾。

2012年09月23日 00:17

SGジュニア出来ました。
迷い無くシンプルに使う感じでいいんじゃないかな。
まぁ、あまりにシンプルすぎるのでFenderとGibsonのカスタムカラーを《mt5形式》にて再配布します。

G-SGJ.png
CustomColor_F.png CustomColor_G.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

Fenderのカスタムカラーは21色、以前配布していたジャズベース用のものとほぼ同様です。
ジャズベースを持っている方はダウンロードする必要はありません。

sgj_wip04_01.jpg
Gibsonのカスタムカラーは10色、以前配布していたファイヤーバード用のものとほぼ同様ですが、
以前のものは《pz2形式》で同梱していたので《mt5形式》の方が汎用的に使いやすいとは思います。
どちらも色味自体の変更はありませんが、テカリ具合なんかを微調整しているものもあります。

SGジュニア本体は特筆すべきことは無し。
Runtimeの肥しにでもしてください(笑)
プレイヤー目線でSGジュニアを改造するならブリッジをバダスに交換するぐらいかなぁ。
ペグをロトマチックタイプにしてバダスブリッジにすりゃ即戦力っぽい感じになりそう。
他にはヴァイブローラを付けて65年風にするとボディの広大なスペースが埋まって見た目は良くなりそうだけどねー。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。

エクスプローラーと配布を入れ替えました。
今後、代わりを作るならコリーナFVかな?とか思うけどアレはヘッドの立体ロゴが問題だな。

sgj_wip04_02.jpg
パーツが少ないと作るのが楽、というのもありますが、
僕は元々シンプルなギターが好きなので、作ってて単純に楽しかったです。
シンプルついでにSGシェイプになる前のメロディ・メーカーでも作ろうかなぁ。
ダブルカッタウェイでジョーン・ジェットじゃない方のメロディ・メーカーが大好き。
現行Gibsonのラインナップからはカタログ落ちしてるので作ってもいいかもね。

Gibsonばっかりだな(笑)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。