70年代です。

2012年05月05日 06:54

1969年12月。
ギブソンの親会社であったCMI(Chicago Musical Instruments)が
その権利をECL(Ecuadorian Company Ltd)へと売却し、
暗黒時代とも言えるノーリン時代(Norlin Era)が始まってしまいます。

このECLの後の企業名が《Norlin》であることからノーリン期・ノーリン時代・ノーリンギブソンなどと
ある種の蔑称の如く70年代から80年代半ばのギブソンはいくら頑張っても低い評価をされてきました。
ちなみに、ECLのトップ《H. Norton Stevens》とCMIのトップ《Maurice H. Berlin》を合わせてNorlinだそうです。
ノーリン期の特徴が顕著になるのが、工場がナッシュビルに移転する1974年からであり、
それと同時に《Norlin Industries》の子会社としてのギブソンの歴史が始まります。

ま、実際にノーリン期は、合理性を高めて生産能力は格段に上がったもののあらゆる部分での改変が低評価の元凶であり、
オートメーション、マスプロダクションを悪とするならば、ノーリン期は極悪と言えるでしょう。

ただ、誤解の無いように言っておくと。
レスポールの黄金期ともいえる50年代後半のものに比べれば、ノーリン期は明らかに粗悪な造りであるのですが、
重量がクソ重くなった点さえ除けば、普通に優秀な楽器だと思います。
レスポールの再生産が渇望された60年代後半、満を持して発表されたスタンダードの仕様を見た人々の落胆たるや、、、。
消費者のニーズを読めない企業が叩かれるのは今も昔も変わりなく。
言わば失望した消費者の呪いのような《ノーリン期最悪説》が一般常識として深く浸透してしまっているのではないかと。
特にスタンダード(デラックス)におけるバッシングは、いまだ根強く残っているような印象。

期待していたのに裏切られるとネガティブな思考になるのは当然であり、
実際の改変部分も《改悪》と判断される部分が多かったため、現在まで語り継がれる低評価なんだろうと思います。
恐らくは、ギブソンがニーズを読めなかったのではなく、高価なカスタムの方を沢山売りたかっただけのような気がしますが。
塗装で全体を塗り潰されるカスタムの評判は悪くないし、再生産のエクスプローラーだっていいギターだし、
フライングVだって70年代のヘッドが一番バランスが良くてカッコいい。
さすがに80年代に入ると迷走の度合いが激しくなる印象はありますが、
少なくとも70年代に関してはもうちょっと正当に評価されてもいいんじゃないかな。

あと、僕が強く感じるのはグレード基準を置く位置の変化です。
50年代は通常のレスポール(スタンダード)に何かを足すことによって上位機種のカスタムを生み出すわけですが、
70年代になるとカスタムを基準として何かを引いてスタンダード(デラックス)などの下位機種を作り出す思考。
基準をどこに置くかによって品質が変わるのは当然のことで合理性を高めた末の最大の弊害となったように感じます。
基本的にギブソンは新しいことをすると叩かれる運命にあるような気がしてなりません、それは現在でも変わらず(笑)

連休なので文章多めでお送りしています。


んがしかし。
僕は70年代のレスポール・カスタムが大好きなんですよねぇ。
確かに全体的にギブソンの楽器に対する信念のようなものは希薄になり、
個々の品質のバラツキは意外に少ないんだけど、まぁどちらかと言えばハズレ寄りで安定した品質(笑)
でも、運命の一本がそれなりの値段で買えてしまう魅力。
レスポール・カスタムは70年代以降こそが黄金期であると思います。
思うのは勝手です。

そんなわけで。

一口に70年代レスポール・カスタムと言っても数々の仕様変更もあり、最大公約数的な70年代感を狙っていきます。

まずはトップのリカーブ(recurve)の修整。

lpc70_wip01.jpg
レスポールの特徴であるアーチの付いたトップは通常、
バインディングのエッジ部分をゼロとして、一旦マイナスに彫り込まれてからプラスへ盛り上がるように成形されます。
このマイナスに彫り込む部分がリカーブであり、アーチトップギターがより美しく見える部分でもあります。
しかし、70年代のレスポールのトップは、マイナス側への彫り込みがほぼ無くなり、
ゼロから緩やかにプラスに盛り上がる相対的には平坦なカーブとなる傾向が強いです。
言わば、製造工程の機械化と簡略化、悪く言えば手抜き製法とも取れる《改悪》部分でしょう。
ただ僕の目で見ると、ソース顔からしょうゆ顔とでも言いますか、スッキリしていいんじゃないの?てな感じ。
特に全体を一色で塗り潰され、バックの外周にまでバインディングが巻かれエッジの立ったカスタムに限っては
70年代の平坦なカーブがよく似合うと思ってます。

前回作った50年代のリカーブの部分を持ち上げればなんとかなるかな、と思ってましたが結局トップ全面を張り直し。
微妙な部分だけど、このトップのあっさり感こそが70年代カスタムだと信じて止みません。
ボディシェイプ自体も微妙に変化するのですが、今回はUVの互換性を優先したいのでアーチ形状のみの変更とします。


世に出回っているレスポール関連の図面や資料は殆どが50年代後半の黄金期のレスポールを研究したものであり、
それらは、多くのギタリストやクラフトマンの興味の対象であり伝説であり憧れであり夢であるわけです。
そういった観点では、70年代レスポールは現実的過ぎて掘り下げる魅力が足りてないのかな。
とは言え、ようやく70~80年代のレスポールも再評価の流れが出来つつあるように思う。
中古ギターからビンテージギターへと扱いが変わる時期なのかもしれない。
単純に70~80年代のガキがお金を使えるおっさんになったからかもしれない(笑)
30年を越えて残るものにはそれなりに愛を持って迎え入れられる傾向にある。

74年製のランディ・ローズしかり、
78年製のジョン・サイクスしかり、
81年製のザック・ワイルドしかり、

憧れだったカスタムは全てノーリン(笑)

ヘッドもな。

2012年05月09日 02:42

70年代レスポールの特徴が顕著に見られるヘッド部分も変更しますよ。

とにかく共通の仕様を多くしていろんなギターを効率良く作ってしまおうという大量生産モードが70年代なんですね。
本来小さかったはずのレスポール・スタンダードのヘッドはカスタム用のヘッドの大きさと共通になります。
70年代のカスタム自体は50年代のものと多少ラインが違うだけでワイドにシャープになった感じ。
しかしヘッドが大きくなってしまったスタンダードたるや不恰好極まりないバランスへと変えられてしまいます。
ヘッドにバインディングの無いスタンダードは真っ黒で間延びした締まりの無い印象になります。
クルーソンペグのブッシュ径が小さいのも間延びしたような印象になりやすいですね。
グローバーなどのロトマチックタイプのペグに交換すると間延びした印象が若干改善されるけど。

まぁ70年代のスタンダードは保留なのでカスタムのバランスを整えます。

lpc70_wip02_01.jpg
数値的な資料が少ないせいもありますが、結局見た目のバランスを優先したので正確なデータではないです。
本来、ヘッドの長さは50年代のものと同じかもしれませんが、
長さで合わせると異様に大きなヘッドになるので50年代より多少短めで。
それでもかなりワイドな印象に感じますね。
ツノは本来よりも若干タレ気味にしましたが、SGなんかだともっと反って尖った長いツノのイメージがある。
恐らく、同じギブソンの大きなボディのアコースティック・ギター(SJ-200/J-200等)
などで古くから採用されているヘッドのデザインがルーツのようですが、
レスポール用には若干スマートにアレンジがされているような感じもします。
カスタムの場合そんなにバランスは悪く無いとは思うんですが、
僕の好みでいうと50年代のカスタムのヘッドがカッコいいなぁと思ってます。
50年代ヘッドに70年代のアーチ形状のボディが僕の理想だな。

ヘッド裏にも変更が。

lpc70_wip02_02.jpg
ヘッド付け根にはジャンプ台のように反ったボリュートが付きます。
大きく角度の付いたヘッドは折れやすいというのは感覚的に理解出来ると思いますが、
力の集中する折れやすい曲がった部分に厚みを持たせ強度を上げるのがボリュートの役割です。
ヘッド角度がそれまでの17度から14度に浅く変更され、3ピースに接着されたネックになり、
普通ならこれだけでも強度は上がるはずですが、更にボリュートまで付くという。
ネック材の木取り方法が変わったせいで余計に強度が必要になったんでしょうねぇ。
興味のある方は "レスポール ネック 木取り" とかで検索してください。
更に更に、70年代後半にはネック材がマホガニー(柔らかい)からメイプル(堅い)に変更されます。
まぁ、フェンダーのような角度の無いヘッドに変更されなかっただけでも良しとしますか(笑)
ネック材の木取り方法を変えたのはレスポールにとって《改悪》と言って差し支えは無いでしょう。
ただ、一般的に見れば50年代のレスポールの木取りが贅沢なだけで
70年代のレスポールが別段悪いというわけでは無いと思いますけどね。
特にメイプルネックのレスポールはニッチではあれど、根強い人気があるように感じます。

好意的に脳内補完してみると、
50年代のギタリストはヘッドが折れるほどステージでアクションしなかったでしょうし、
ロックやパンクの台頭でギターに掛かる負担は確実に多い時代になっていったんだろうなぁ、などと。
弱いから補強した、と言うよりも、折れにくいように過度な保険をかけた結果のような気もします。
コストカットしている分だけ頑丈にしておいた、ような感じなのかな。
どんな構造でも折れる時は簡単に折れちゃうんですけどね(笑)


ボリュートの良し悪しは置いておくとして、
ボリュートのあるヘッドというのはモデリング的に見栄えのするアクセントになり、
ヘッド裏面とネックグリップの曲面に境界線が出来るので面を整理しやすい。
すなわち、作ってて楽しくて作業自体も難しくないというモデリングする者にとっては優しい構造です。

今回の画像の部分のUVはさすがに形状が違うので共用出来ないけど、
ヘッドより下の部分のUVはほぼ共通なので手間は少ない。
これを元に70年代スタンダードにも改造が容易なんだけど、まぁネタが無くなったらでいいか(笑)

ノーリン的モデリングだな。

ポンコツだな。

2012年05月13日 12:46

ひと通り本体を構成したのでメタセコ+Warabiでトゥーンレンダリン。

lpc70_wip03_01.jpg lpc70_wip03_02.jpg
この張り合わせ感、まさにポンコツ(笑)
レスポール=美しいギター、という概念に慣れてしまっている人には、
張り合わせたボディに張り合わせたネックという構造に嫌悪感すら抱くかもしれませんね。

ボディトップはメイプルの3ピースで木目はどうでもいい普通の木目。
ボディバックはメイプルの薄い板をマホガニーで挟んだ積層構造。
パンケーキ・ボディと一般に呼ばれ、70年代中盤までの特徴なんですがこれを嫌う人も多い。
77年からバック材は再びマホガニーのワンピースに戻りますが、
恐らく不評ゆえの仕様変更か、使用マホガニー材の品質ランクを下げたか。

僕もパンケーキ・ボディはあんまり好きではないですが、特に音質面で極端に劣るというほどでは無いと思います。
単純に見た目が貧乏臭いのがイヤなだけで、白や黒に塗り潰されてるカスタムなら気にならないかな。
アレンビックぐらい銘木を切り貼りしてりゃ豪華に見えるんですけどねー。
まぁ実際は細かいピースの張り合わせにすると、原材料の木材の入手が容易になり成形時の無駄も少なく済む。
工芸的な意味よりも経済効率的な理由によるところが大きいのは事実でしょうね。
ただ、この仕様のおかげでカスタムのトップにもメイプル材が使われるようになったというのが大きなポイント。
だと思う(笑)

実際にはトップとバックの接着面にもう一枚薄いメイプルが張ってある場合もありますが省略。
ネックは3ピース(ヘッドの耳を含むと5ピース)のマホガニー。
一応、70年代後半の仕様であるメイプル3ピースネックとマホガニーワンピースバックのテクスチャも作ります。
現段階ではGibsonロゴもわざわざ70年代のへろへろなゆるロゴにしてますが、配布物には付属しません。


ペグは、ギブソン刻印が入っているタイプのシャーラー製でキーストーンタイプのボタン(チューリップ/トライアングル)
グローバーのペグもよく使われていたので変更できるようにしておこう。
クルーソンのワッフルバックペグ(VX501)はあんまり好きではないので作ってません。
ノブはアンプノブ(ソンブレロ/ウィッチハット)だけど反射板付きのボンネットノブやスピードノブにも変更可能予定。
ブリッジとテイルピースのUVは地味にリマップしたので汚し塗装的な表現も出来るようにしておいた。
ついでにナッシュビルタイプの幅広ブリッジも組み込み予定。
ネックのテクスチャとの組み合わせで70年代の主な仕様は大体再現出来ますね。

久しぶりに大掛かりなジオメトリ・チェンジを使ったおもちゃ的なギターになりますが、
ランディ・ローズ、ジョン・サイクス、ザック・ワイルドの3タイプの仕様をある程度再現するための偏愛的な仕様。
一本ずつ詳細にリサーチして納得出来るまでこだわってみるのもいいんですが、
まぁ集中力は続かないので、おかしく無い妥協点まで再現して一本にまとめる感じですな。

中古楽器サイトなどで年度毎に検索してもユーザーの好みでオリジナルパーツが交換されちゃったりしてるものも多いし、
70年代のレスポールはオリジナルパーツに意義のあるビンテージものとは違った価値観なんでしょうね。
何が正解なのかわからないぐらいに混沌としてるのが70年代レスポールの良いところかな。
俺のレスポール的な(笑)

カスタムいいね。

揃いました。

2012年05月18日 00:21

交換可能なパーツ類をひと通り揃えてなんとかポーザーでフィギュア化。
殆ど既存のパーツの手直しで済んだので、新規で作ったのはナッシュビルタイプのブリッジぐらい。
というわけで技術力よりも忍耐力な感じ(笑)

上から順にご紹介。
ちなみにPZ2のサムネイル用にレンダした画像を縮小して並べています、
ポーザーでサムネイルサイズになったら画像だけではよく分かりません(笑)

lpc70_wip04_01.jpg
まずはペグなど。
上段左から、シャーラーOEM的な三角ボタンのデフォルトタイプとシャーラーM6そのまんまのタイプ。
シャーラーM6はランディ・ローズモデルで使用。
下段の2つはグローバータイプでいかにもギブソンな雰囲気ですね。
グローバー102はジョン・サイクスとザック・ワイルドモデルで使用。
右の2つはスイッチプレートのありなし2種、極力パーツ分けしたのでMTは殆ど使っていません。

続いてピックアップ。

lpc70_wip04_02.jpg
上段左から、通常のカバー有りのフロントとリア、いつも通りなので工夫は無し。
続いてカバーを外した状態のフロントとリア、外した状態ということでポールピースは金色。
下段左から、7~80年代ギブソンのパワフルなピックアップ、ダーティー・フィンガーズ。
全てのポールピースが調整可能なルックスが印象的なピックアップ。
10年程前に再生産されたので買って使ってみたけど自分好みでは無かった(笑)
ダーティー・フィンガーズと言うと年代的にもゲイリー・ムーアを連想させるネーミングだけど
このピックアップを使用して有名なのはジョン・サイクス。
関係ありそうな無さそうな、なんとなく納得させられる流れだなぁ。
そして最後はEMGのフロントとリア、相変わらずロゴはMDPですが。
EMGはザック・ワイルドモデルで使用しますが、それ以外にはあんまり使い道が無いかなー。

ピックガードとブリッジ関連。

lpc70_wip04_03.jpg
上段左から、通常の5P白黒ピックガード。
真ん中はミラーピックガード、これはジョン・サイクスモデルで使用。
そしてピックガード無しは汎用的に使えるかな。
中段左から、見慣れたTune-O-Matic(ABR-1)サドル脱落防止のリテイナー付きモデル。
真ん中は、エレベーションスクリューが2枚のランディ・ローズモデル用のABR-1。
エレベーションスクリューを2枚使ってダブルナット的に弦高をロックするのはよくある簡単なチューンナップですが、
隙間が開いているので、勝手に調整してくださいという意味なのか、間にスペーサーでも噛ましているのか
どういう仕様なのかは不明、雰囲気ものなので作っておきました。
下段の左は、新規で作ったナッシュビルタイプのブリッジ、
幅広なのでサドル~テイルピース間の1弦がブリッジに当たってしまうので1弦のみMTで修整しています。
真ん中はナッシュビルタイプのアンカーとポストにABR-1を乗せたジョン・サイクス仕様。
3DCG的にはブリッジの仕様変更など自己満足以外の何者でも無い。
中段と下段の右端はテイルピースへの弦の通し方の違い。
簡単なテンション調整という意味以外に前述のナッシュビルタイプの弦がブリッジに当たる問題を解消できる。
ザック・ワイルドはナッシュビルタイプのブリッジで弦をぐるっと巻いて張っていますね。

ちなみに、ブリッジ自体は180度向きを回転させられるようにセンターポイントを設定しています。
ギター本体にERCダイアルを仕込みました。(Bridge Rotateグループ内、Reverseダイアル)

最後にノブ関連。

lpc70_wip04_04.jpg
上段左から、アンプノブの金と銀。
レスポールの再生産が始まった68年から74~5年まで多く使われているようです。
右の2つはリフレクターノブの金と銀。
60年代後半から70年代を通じて使われたり使われなかったりするタイプです。
何年から何年という記述の資料は見つからなかったけど75~78年あたりによく使われている感じ(枡久田調べ)
カスタムで使用されるリフレクター(反射板)付きのノブは黒ダイアルに金の反射板が基本仕様のようです。
下段の左2つはスピードノブの金と黒。
このノブは78年以降によく使われる傾向かな、特に80年代に入ると多くなる。
最後にポット固定に使うワッシャー、ポインターインジケーターと丸ワッシャー。
ギブソンは基本的にポインターインジケーター付きなのですが、
爪が邪魔に感じる人も多いようで、爪を平らに曲げたり普通のワッシャーに変更したり等々。


ざざっと簡単に説明しただけになりましたが、毎度の事ながらパーツチェンジは全体的に地味です(笑)
まぁ、ポーザー的にパーツ数を細分化したので
新規の自作パーツを入れ替えたりなどフィギュア構成を変えずに色々と試しやすい素材にはなったかな。
大昔に作ったカスタムの改訂版という感じを意識してるのでオマケ要素ばっかり増えてます。

次回は本体のマテリアル。

絞って3タイプ。

2012年05月21日 07:19

やっぱり僕にとってのレスポール・カスタムはこの3人。
それぞれの仕様を細かく説明するとキリが無いので割愛。
破綻しないようにうまく一本にまとめられたけど、これのせいでまとまりのないCR2になっちゃったかなぁ。

lpc70_wip05_01.jpg
PZ2でパーツとマテリアルを一括で変えてしまいます。
元のフィギュアに対して変更する部分が多いのでPZ2適用に多少時間がかかりますな。
ちなみに、Bullseye(標的模様)はWave2dノードをボディ中央の位置にオフセットして
Math_FunctionsのStepで境界線をクッキリさせたものをマスキング用のノードとして色を乗せているので
簡単に色変更も可能。
一般的な3D素材としての汎用性は下がるが、Poser素材としての汎用性は上がる、毎度のことです。


サムネイルはこんな感じ。

lpc70_wip05_02.jpg
上段3つはスペシャルモデルつうことで別フォルダに分けてます。
左からランディ・ローズ、ジョン・サイクス、ザック・ワイルド。
下段2つは左から、黒と白。
ボディトップ、バック、ネックのみのマテリアル変更になります。

70年代カスタムなので黒だけじゃなくその他の色も必要。
多少なりとも木目テクスチャが透けて見えるマテリアルに関しては、
パンケーキボディでマホガニーネックを初期型としてファイル名に《xxx_E.pz2》Earlyタイプ
ワンピースバックでメイプルネックを後期型としてファイル名に《xxx_L.pz2》Lateタイプ
という2種類を用意しています。

lpc70_wip05_03.jpg
上段左2つは、チェリーサンバースト。
70年代初期のチェリーサンバーストはすごく鮮やかなのでバカっぽい感じにしました(笑)
後期には深いチェリーになるようですが色味は変えてません、気になる人は個々に変更のこと。
右の2つは、ビンテージサンバースト。
これも木目テクスチャの変更だけです。
ボディ部分は既に配布済みのレスポールシリーズ共通のUVなのでスタンダードで使ったトラ杢トップなども使えます。
トラ成分が足りないなと思ったらいろいろ切り貼りしてみてください。

下段左2つは、チェリー。
シースルー塗装ですが木目にパンチが無いので地味、だけど逆に落ち着いた良さもあるかな。
右の2つは、ナチュラル。
この年代のレスポールにナチュラルフィニッシュはいかがなもんかと思いますが、
すごくフレッシュな印象になるんですよね。
カスタムでサンバーストはやりすぎな印象になるので単色系でスッキリした方が似合いますよね。

でも、こういうラインナップはいかにもギブソンぽいつうかES335的なイメージだな。
あ、カスタムだから335ではなく355的と言った方がいいか。
多層バインディングのカスタム+木目の見えるフィニッシュって装飾過多な感じでいやだなぁと長年思ってましたが、
よくよく考えれば伝統的なギブソンのカラーバリエーションなわけで。
70年代はレスポール・カスタムをメインで売っていくぞ、という意気込みだったんでしょうかね(笑)
まぁそんな感じで思い入れたっぷりでお送りした70年代レスポール・カスタムです。

もうすぐ完成。

ノーリンラブ。

2012年05月25日 00:09

これだけは作っておかなければならない、と長年勝手に思い込んでいたギターがそれなりの完成度で出来た。
《それなり》っていうところがミソで、既に満足できる完成度じゃないのも事実、で課題は残った。
毎回ですけど(笑)

G-LPCT_70s.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

勝手にレスポール三部作の大トリということで、前二作の反省点も若干改善されたけど、
素材としては行き過ぎた感じが否めません。
70年代レスポールへの愛ゆえの暴走、もうちょっと絞り込んでシンプルでも良かった。
まぁ、純粋に素材という観点ならばオマケの集合体である方が望ましいと思っているので、これはこれで良し。
ポーザーの配布物というのは、完成された料理ではなく、調理前の食材程度に考えておいた方が良い。
調理方法や調味料の使い方こそが各個人の味だと思います。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。
色々とPZ2を適用して混乱した場合は《ALL_Default.pz2》で初期読み込み状態に戻ります。

Fender Jazzベースと配布を入れ替えました。
えらい偏った配布ラインナップになりつつありますが、特に気にすることも無く、
どうせなら全部レスポールもしくはギブソン関連に入れ替えてもいいかなー。

そんなわけで。

lpc70_001.jpg
おっぱい成分やおしり要素の無いピンナップなど。
素材的なストレスが無い分だけこういう絵を作るのは楽チンなんだけど、正直面白くない。
やっぱり、いつも通りに作ったらいつも通りのテイストになっちゃうなぁ。

僕の作る絵のルーツはコッテリした80年代ヘビィメタルのゴテゴテ感だ、などと以前書いたような気がしますが、
今回思ったのはプラモの箱絵的なものもルーツじゃないかと思いました。
白背景の中にコッテリ加工した対象物を収めるって非常にプラモの箱絵的というか田宮的。
写実的ではあるけれど、いわゆるフォトリアルとは違う質感というものに惹かれる。
またまた自分を再発見できました(笑)

ちなみに、Gibsonロゴが雑ですが、この年代は雑なんですよ。
けっこう真面目にトレースして完コピしてるんですよ。

さてさて。
次回は素材配布という枷を外して、とことんエンジン全開で更にディープに精進してみようと思います。
まだレスポールなんですけどね(笑)

枡久田暴走日記。


最近の記事