スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにこの時が来た。

2012年03月04日 00:50

B.C.Richのワーロックベースを作りますよ。
ワーロックのデザインがHR/HM系のミュージシャンに与えた衝撃たるや計り知れないものがあると思います。
僕個人的には80年代前半のヘビィメタルの象徴のようなデザインだと考えてます。
特にアメリカのヘビィメタル、じわじわとLAメタル勢が拡大しつつあった時代。
LAメタルと言えば《Charvel/Jackson》の時代とも思えるんですが、
《Charvel/Jackson》は、派手なペイントで個性を出す方向が強かったように思う。
ギター自体のシェイプはFenderやGibsonのものを先鋭化しただけのようなオーソドックスなタイプに人気が集中していたような。

B.C.Richの場合、有機的な美しい曲線がエキセントリックに変化していくのが80年代のワーロックからだと思います。
ワーロック以前のデザインは全部好き、ワーロック以降のデザインには嫌いなものが多いという感じ。
特に近年のクワガタみたいなヘッドシェイプにはやり過ぎ感だけが漂っていてどうも好きにはなれない。
なんにせよ、ワーロックがB.C.Richの転換期であり、それ以降販路拡大と共に品質低下も加わって
ブランドとしての価値は下がっちゃった感じは否めませんが、有名ブランドには必ずある栄光と挫折なのでまぁいいか。

wb_wip01.jpg
これも大昔に作りかけて放置してたものを今更ながらのリファインです。
なので基本モデリングは、ほぼ終了しています。
元にしたファイルのタイムスタンプは、なんと2002年1月23日(笑)
10年の時を経て今ここに召還するわけですな。
当然のことながら昔の作りかけのデータなんぞテンプレ程度にしかなりませんが、
それでもベストなバランスを試行錯誤していた形跡が垣間見えたりしてなんとも微笑ましい限りです。

で、80年代モデリングしかもワーロックベースとくれば誰が何と言おうとニッキー・シックスですよね。
まずうろ覚えで今回の仕様を決めたのですが、検索するうちに多少の思い違いがあったことが判明。
記憶と事実が一致していた部分は、特徴的な片側4連ペグのリバースヘッドに《R》のロゴ。
そしてニッキーに必要なのかどうか知りませんがバリトーンスイッチも付いたフルエレクトロニクス仕様。
で、思い違いの部分はブリッジがBADASS1ではなくB.C.Richの自社製ブリッジ。
そしてダイヤモンド(菱形)ではなくドット(丸型)のポジションマークだったというのが意外でした。
白ボディ(血糊ペイント)に黒バインディングと黒ボディに白バインディングの同仕様で2本確認。

年代的に考えるとワーロックベースにはバリトーンが省略されているのが普通なのですが、
ドットインレイなどの仕様が混在していることを考えると、ニッキー自身が仕様を決めた特注の可能性が高いと思います。
もしくは、80年代初期のB.C.Richは、まだまだハンドメイドが主だったためロット毎に仕様がバラついていたのかもしれません。
要するにたまたまニッキーが注文したらその仕様だった可能性も高いんですよね。
80年代後半になると、デタッチャブルネックでバリトーンありのニッキー仕様に近いワーロックベースがラインナップされています。
一方、日本のフェルナンデスが販売するワーロックベースのコピーモデルが意外にニッキー仕様に近い。
他のB.C.Richコピーモデルで使っていた回路を流用したらたまたま似ていた、という事だと思いますが、
デタッチャブルネックのB.C.Richを買うぐらいならスルーネックのフェルナンデス買っとけ、みたいな(笑)


トータルデザインとして考えるとポジションマークはドットではなくダイヤモンドであって欲しいし、
変なところだけ分厚い自社製ブリッジは僕の趣味では無い。
ということで、上の画像のように以前作ったBADASS1を使うことを前提に少々リファインしてネックの仕込み角度などを決定。
ベース用の自社製ブリッジは1980年辺りから使われ始めているようですが、
BADASSブリッジも並行して使われていたようなので特に問題は無いかな。
スルーネックだけど木目テクスチャは作らず白と黒でいきます。
完全なニッキー・シックス・モデルではないけど、雰囲気はそんな感じで。

フェルナンデスぽくなったらごめんよ(笑)
スポンサーサイト

らしくなった。

2012年03月08日 00:18

ピックアップやノブやスイッチやらでごちゃごちゃと。

wb_wip02.jpg
ピックアップはスプリットコイル、所謂プレベタイプが2個。
ディマジオ製のピックアップは六角レンチでポールピースの高さを調整出来る物ですが、
モデリング的には汎用性を考えてレンチの穴無しのつるつるでモデリング。

メインのコントロールは画面中央から左へ向かって、
・マスターボリューム
・PUセレクタースイッチ
・ブースターボリューム
・マスタートーン、の並び。

ブースターボリュームの下には
・ブースターのON/OFFスイッチ。
その下の特殊なつまみ類は
・バリトーンスイッチ。
3つ並んだミニスイッチはバリトーン側から左へ向かって、
・リアピックアップのシリーズ/パラレル(直列/並列の配線切り替え)スイッチ。
・フロントピックアップのシリーズ/パラレルスイッチ。
・PUセレクターを真ん中の位置で両方鳴らしている時にPUの位相を反転させるフェイズスイッチ。

ちょっとレイアウトが斜めすぎたので後ほど修整します。
各種ノブの形状はズバリなものの寸法図が無かったので、よく似たものから寸法を割り出して製作。
こだわるほどの形状でもないので雰囲気だけでいいかな。
ポーザー的にはプチプチ動いたりくるくる回ったりするだけなので地味だけど
B.C.Richらしい部分なので全て可動させます。

まぁいつも通りなわけですが。

大体終了してる。

2012年03月10日 00:49

ペグやらヘッド周辺のまとめ。

wb_wip03.jpg
本来、グローバーのベース用ペグである145の旧タイプが装備されているようですが、
つまみの形状以外はほぼ同型の以前作ったシャーラーM4Sタイプで代用。
旧タイプのつまみの形状というのが、スクリューのように湾曲した形状なのであまり好みでないという単純な理由。
ニッキー・シックスのペグのつまみは湾曲しているようです。
動画で確認しようと83年のUSフェスティバルなどを検索。
ニッキーはあんまり映らないけどニッキーのカッコ良さだけは確認しました。
ワーロックベースが世界で一番似合うのは痩せてる若いニッキーだけだなぁ、
ルックスと楽器が異常なほどの一体感を醸し出しています
ワーロックベースを擬人化したら、ニッキー・シックスになるんだろうな(笑)
ついでに若いヴィンスの異常なヘタさも確認、観てられんわい。
そして、ミック・マーズは昔からミック・マーズだった(笑)
そんなわけで結局のところ鮮明にペグの形状が映し出されるカットは無かったんですが、
どうやら思っていたような形状だろうなぁというぼんやりとした確認をしました。
時期にもよりますが、スペック欄にグローバーとシャーラーとゴトーのペグが一機種に混在しているカタログもあるので
余程変なペグじゃなければOKだと思う。

ニッキーの使用しているワーロックベースは、ペグがクロームパーツだけど
ロッドカバーがゴールドなのでブラス製なのかな?
自社製ブリッジとロッドカバーがゴールドってのが80年代初期の基本仕様のようなので納得。
ロッドカバーは他のパネル類とは別マテリアルにしておけば再現するのに問題無いかと思います。
ヘッドの突板は黒塗装のように見える写真が殆どなんですが、
数枚ローズウッドのように見える写真もありました。
ヘッドに付着した汗や皮脂汚れが反射して木目のように見えているのかもしれませんが、
基本仕様はローズウッドなので色の濃いローズが正解なのかも。
どちらも選べるようにしておこう。

オールハンドメイド時代のB.C.Richはヘッド角度やネックの仕込み角度も個体差が大きいので
結構適当に設定しました。
モデリングの際に指板を薄くし過ぎていたようで、色々と影響が出ましたがまぁ許容範囲内ということで。

UV展開でもしようかな。

ルックス・ザット・キル!

2012年03月14日 00:42

いやーいろんな意味でキルなルックスのベースですなぁ。

wb_wip04.jpg
実際のところ《Looks That Kill》のPVではワーロックベースは使われていないので残念ですが、
(ニッキーは黒のモッキンバードベース、ミックが白のワーロックギター)
のちのLAメタル、と言うよりも《良くない意味でのヘビィメタル》のアイコンのようなPVでした(笑)
ニッキー単体なら今見てもやたらとカッコいいんだけどなぁ。
なぜかモトリー・クルー全員揃ってPV作るとどうにも貧乏臭い。
まぁ80年代のPVの出来にツッコミを入れるのは大人のすることではないですけどねー。

そんなわけでUV展開を済ませてメタセコのWarabiでレンダしました。
毎度の事ながら、ヘッドの《R》のロゴはもっと素敵な《M》とかになっちゃいます。
ブリッジはバダスですが、ロッドカバーと共にゴールドにすればニッキーモデルっぽくなりますね。
ポジションマークもダイヤとドットの2つ作っておこう。
こういうトゲトゲの楽器はいかにもポーザー素材らしくていい感じ。
ワーロック風なギターやベース素材は大昔からたまに見かけますけど
それこそ上に書いたPVの影響がいまだに及んでいるかの如く
「ヘビメタってトガってりゃいいんでしょ?」的な認識が根強く残っているんだろうなぁ。

そういえば、LAメタル全盛の頃、カッコばっかり派手で中身の無い奴らのことを《Poser》と呼んでましたね(笑)
当時の僕はLAメタルも大好きだったし並行してスラッシュメタルも大好きだったので複雑な心境でしたが、、、。

そういう意味ではポーザー歴25年(笑)

配布メタル。

2012年03月17日 00:25

今回もおじさんノリノリで作業出来ました。
当たり前のことだけどやりたいことだけを集中してやったらまだまだうまくなれる気がするなぁ。
とは言え、今回はあまり愛の無い製作日記だったようにも思います。
細かいパーツは多いけど楽器自体は大昔から温めていたネタなのでモデリングで悩む部分が少なかった。
平たく言うと特筆すべき作業工程が無かった、つまり簡単だったと(笑)
気分が乗ると作業もサクサク進むので日記用に画像キャプチャするひまが無かったというわけで。
ま、しかし僕のヘビィメタルへの愛は深まりました(笑)

B-WB.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

白黒続きで派手さは無いです、今回も特に凝ったことはしていません、
Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずベース本体を選択してからPZ2を適用してください。
2009年に配布したギター・ベースには使えませんのでご注意ください。
という注意書きも今回が最後、やっと2009年に作ったやつらが消えました(笑)

そんなわけで2009年モデル達よさらば。
ローランドのギターシンセと配布を入れ替わり。
やっと2009年仕様のギターやベースが無くなったんだけど、
ジャズベース辺りまでは木目テクスチャとか自分で作ってないのでまだまだ押し出す必要があるなぁ。
スティングレイのような知名度もあって出来もそこそこなものはレギュラーアイテムとして常備しててもいいかな。
数年後に「何も消したくない、でもまだ配布は続けたい。」という気分だったらその時にはなんか考えます(笑)

wb_wip05.jpg
ヘッドのロゴはMTでヘッド先端に移動できます、どうでもいいですね(笑)
激しく今更な感じのワーロックだけどやっぱりカッコイイと思う。
メタル魂が点火すると言うかアガるシェイプだな。
本物を買って自分の部屋に置いておくにはちと恥ずかしい、もしくは後ろめたさがありますが、
デジタルデータで眺めるぐらいが丁度いいのかな。

おじさんの若さへの憧れみたいなもんだ(笑)

やったるでぃ。

2012年03月23日 13:22

ひさしぶりにギター、そしていよいよレスポールを作るぜよ。

2009年にレス・ポール氏が死去した際、僕は何を血迷ったかZemaitisなど作ってしまいましたが、
まぁ、単純に自分が満足出来るレスポールを作る自信が無かっただけであり。
当時は、楽器製作に自分の中でのルールを新たに作ろう、と意気込んでいた初期段階だったんですよね。
各部の作り方、見せ方は勿論のこと、ポーザーフィギュアとして出来ることなど
何が必要で何が不要なのかを片っ端から試してやろうと鼻息が荒い毎日でした(笑)
レスポール・ジュニアでBlenderを導入して木目テクスチャを作れるようになってから
自分なりの合格点というものが明確に設定出来たように感じます。
3DCGによるギターの作り方も自分なりの方法論が確立した今、
合格点を越える自信は当然として、その先の目指す着地点、もっと言えばそこへの着地の仕方までイメージ出来るようになった。
現在の心境として、資料集めの段階で最終的な着地までイメージ出来て無いと頑張るだけ無駄。
もうそんなに若くないので効率良くモデリングして行きたいもんです(笑)


というわけで、ここは一発レスポール・スタンダードでしょやっぱり。

lps_wip01.jpg
トップのアーチの傾斜を見るために初めて使った六角大王の機能《等高線を表示する》で
もっこり具合の確認画像です。
なんかもうこの段階で満足しちゃった感はありますが、一応ポーザーまで持って行きますのでご心配なく。
トップのアーチさえ見えてくれば、資料は腐るほどストックしてあるので後はいつも通りで完成すると思います。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
以前、2003年頃にレスポール・スタンダードをポーザーのプロップ(pp2)で配布したことがあります。
その後、それをレスポール・カスタムに改造して配布。
一旦、pp2での配布をやめてcr2バージョンとして再配布という経緯。

LP_std.jpg
サムネイルだとそれなりな感じに見えますが、ポーザーに読み込んでみると驚愕のデタラメ感が香ばしいです。
当時としては頑張ってたんだろうけど、さすがに今見ると「レス・ポール氏に謝れ!」な出来(笑)
とは言うものの、指板やフレット、ネックなどのポリゴン構成は今とあんまり変わりなく、
エッジの頂点を分離するのを少なくして各部のバランスを見直してもうちょっと上手くまとめれば今でも使えそうではある。
我ながら「ブレてねぇな、マスクさん!」という感じ。
バランスが悪いっつうのは致命的だけどなー。
とにかく、初心を忘れることなくいつも謙虚に増長していきたいと思います(笑)

本気出すぜ。

順調。

2012年03月26日 09:16

ネックを作ってボディと合体。

lps_wip02.jpg
一応、現時点での集大成という意味も込めてボディはいつもより多めに分割(分割数4)したんですが、
ボディトップのポリゴンがあまりにも密になったのでトップだけ分割数2で。
要するに、ボディ外周の曲線はいつもより滑らかに、トップのアーチの曲面はいつも通りな感じ。
ボディバックはパネル類を作ってから面を張ります。

今回作るものは、年式で言うと58,59,60あたりのいかにもなレスポールテイストにしようと思ってます。
テイストってのが微妙なところで「59年のレスポール作ります!」なんてとても言えない(笑)
一般的なレスポールのイメージにヴィンテージ的な記号を若干プラスするぐらいが落としどころかな。
ヴィンテージを3DCGで再現!なんて大風呂敷はさすがに広げられません。
59年製の実物は、この目で実際に見たこと無いし(笑)
58年と60年のレスポールは運良く見て触って音を出したことがあります。
「やっぱりヴィンテージは良い音しますねぇ。」などと言ってはみたものの
実際はド緊張して音の記憶なんて全く残ってません。
憧れのアイドルと握手した時のような小市民っぷりだったなぁ(笑)
唯一ハッキリ覚えているのが「異様とも思えるほど(重量が)軽かった。」でした。

そんなわけで誰が見てもそれなりのレスポールテイストというのが目標なわけですが、
ただネックの仕込み角は4度に設定(通常58,59年は約3度、60年は約5度らしい)ヘッド角度は17度。
構成としては現行品に近いですが、正確な年代考証やミュージシャンモデルなどの余程ズバリを狙ったものでも無い限り
《仕込み角4度・ヘッド角17度》で作るのがレスポールらしいと思ってます。
70年代のカスタムとかだったらヘッド角14度でボリュート有りみたいなのを作ってもいいな。

あとはパーツ類も出来る限り見直して違和感の無いものにしたい。
ピックアップとかブリッジなどは使いまわす予定だけどその時の気分次第で。
まぁレスポール・スタンダードは基本となるモデルなので、まずは納得出来るものにしておきたい。
気合が入るとポリゴンも増量しちゃうのはどうにかならんもんかねぇ(笑)

どうにもならんよね。

ペグとかその他。

2012年03月29日 00:17

ペグはクルーソンの3x3でひとこぶボタン。

lps_wip03_01.jpg
前に作ったクルーソンのペグを改造してつまみだけ新造。
つまみは適当な資料が無かったのでGOTOHのつまみ寸法図からモデリング。
クルーソンのつまみのエッジはもっとシャープかもしれないけどそんなことより取り付け方で悩み中。

lps_wip03_02.jpg
画像左のようなビス穴を芯に一直線に並べるのがいいんだけど、
ポーザー的には画像右のようにつまみの軸を左右に通す方がJP調整が楽。
XYZ3軸の内、2軸に角度が付いてるとJP調整が面倒なんですよねぇ。
ここで楽をすると数年後にまた頑張らなくちゃいけない気がするのでまぁ今頑張るか(笑)

ロッドカバーもヴィンテージ風のペラいものを新造。
現行品などと比べるとすらっと撫肩な感じですね。

実はもうモデリング的なピークは無かったりします。
パーツに手を加えるのはトグルスイッチとピックアップのエスカッションぐらい。
ピックガードはブラケットの寸法さえ出せば苦労は無いし。
あ、ジャックプレートは角ばったタイプを新たに作ろうかな。
今にして思えば意外とギブソン系のものを作ってるので、少しの加工で使えるパーツが豊富だった。

やっぱりピークはテクスチャ製作なのかな。

穴を開けたり。

2012年03月31日 01:35

ピックアップカバーは表示・非表示出来るようにするので
一応ピックアップの入る穴も簡単に開けておきます。

lps_wip04.jpg
本来ならピックアップの足が収まる部分だけ深く掘る2段階の穴にするべきですが、
カバーを外した時に隙間からちらっと見える部分だけそれなりに見えればいいのでベタ底の穴です。
ブリッジのポストとテイルピースのアンカーも、一旦ボディに穴を開けてから埋め込み。
真面目に作業したところで、完成すればほぼ見えなくなる部分なので無駄な作業。
通常使用で見える可能性のあるところは念のため何かしておきたい強迫観念みたいなもんです。
ついでにトグルスイッチのドーナツ型のプレートはボディトップの曲面に合わせて湾曲させました。

やってもやらなくてもどっちでもいいや、てな作業は今回やるようにしてます。
毎回そうするべきなんだろうけどやり始めると本当にキリがないんですよね。
自分の中で境界線を設けてそれ以上はやらないって決めておかないと完成しませんからね。
そういう意味ではいつもより境界線を若干上げめの作業をしていますが、
あくまでもポーザー素材として完成させることが最優先。
自分が思うほど他人は見てない(笑)
そうは言っても強迫観念からは逃れられないモデリング人間の性。

業だな。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。