GWにUVとYGを。

2011年05月01日 00:15

特にピークも無くいつも通りにUV展開まで終了。
Blenderのテクスチャベイクで木目テクスチャの下地を作ってメタセコのWarabiでレンダ。

ex_wip04_01.jpg
まー納得できる物にはなってるけどあっさりここまで来ちゃったなぁ。
Blenderの設定も前回のレスポールジュニアのマテリアル設定をほぼそのまま使ったので
起動して5分で木目テクスチャ完成という効率の良さ(笑)
ノイズを少なめにしたのでマホガニーっぽく見えないけど逆に黄色くしてコリーナ風になった。
ヘッドの形を修整してペグはシャーラーのミニタイプに変更。
実際の弾き心地を考えるとネックの仕込み角はもうちょっと大きい方が良かったかな。

ギブソンらしい伝統的な古さと未来への期待感のある新しさの混在した良いギターだなと思う。
不人気で数十本しか製造されなかったギターが、まさか五十年経っても現役だとは夢にも思わなかっただろう。
ヘビィメタルなんて影も形も無かった時代にこういう完成度の高いバカギターが誕生していたことに驚く。
逆にフライングVとエクスプローラーが無かったら今あるようなヘビィメタル様式は無かったのかもしれない。
純真な枡久田少年も暗黒面に堕ちずに済んだのかもしれない(笑)


ギターの素性を知るための資料として懐かしい雑誌を掘り出してスキャンしました。
当時の名前の表記はマティアスではなくマシアスですね。

ex_wip04_yg.jpg
枡久田図書館所蔵の85年3月号のヤングギター誌によると、白地に黒ストライプのメインギターは77年製。
写真18番のメインと19番のサブをマテリアル変更で再現する予定。
ペグをシャーラーに変えたのは、少しでも雰囲気を近づけようとしてのこと。
ただ写真で見るとつまみの大きい通常のM6タイプのようですが、諸事情によりつまみの小さいミニタイプにしました。
この企画自体がルドルフのフライングVコレクションがメインなのでマティアスのギターは控えめ。
文章も最低限の事しか書かれていないので妄想力を発揮せねばなりません。

80年までの再生産エクスプローラーは基本的にゴールドパーツでペグはクルーソンの6連なのですが、
マティアスのエクスプローラーは全てシャーラータイプ。
色を塗り替えたりしてるところを見るとコレクション用と言うよりも即戦力のサブギターのようなので
パーツ仕様を全て同じものに揃えている可能性は有りますね。
クロームのペグは交換されたものだと思いますが、ゴールドは最初からそうなのか交換されたのかは不明
80年代のギブソンにはGIBSONロゴ入りのシャーラーペグが標準で付いていることも多いので、
当時、入手の容易なパーツでもあり、最初から付いていたパーツでもあるというわけで。
色を塗り替えるついでにペグも交換って自然な流れだし、どちらでも納得できるなぁ。

飛躍した推理をしてみると、ドイツのバンドのギタリストがギターのペグを交換しようとした時、
国産パーツであるシャーラーのペグをチョイスするというのは高確率でありえる話だとも考えられますな。
ロトマチックの元祖はグローバーで精度も高かったなどとよく耳にしますが、
元々ロトマチックは精度の悪さを原因とする注油の手間を解消出来る、というメンテ不要のズボラな工夫でもあり(笑)
長年に渡って酷使することを考えれば、ギターに使用するメカニカルなパーツは
ドイツや日本のメーカーの工作精度の高さや信頼性の方に分があるような気がします。
日本人の僕がペグを買って交換するなら入手のしやすさと信頼性で日本のGOTOHで決まり。
現行品のグローバーなんかは韓国製だったりして見た目からしてガッカリな出来なんだよなぁ。
パーツに限らず、アメリカ製ってのは当たり外れの差が大きいような印象。
ドイツ製とか日本製って管理が行き届いていて常に高い水準でバラツキは無いけど大当たりは無い感じだな。
でも、バカな子ほどかわいいってのもあって手間のかかるギターほど愛着があったりするのも事実であり。
長年使っているとダメなところもそのギターの個性として許容してしまうこともしばしば。
まぁ楽器や道具ってのは大体そういうもんだと思いますけど。

話は戻りますが、メインのピックガードはベベルカット無しの白1Pのようです、
形状も多少違いますがマテリアルだけで1Pと4Pを兼用してます。
パーツの事になると自然と無駄な文章が長くなりますねごめんなさい(笑)
少ない資料や写真から色々なことを想像(妄想)して自分なりの解を出し製作物に反映させるというのも重要な楽しみではある。

つーか、85年の雑誌って広告見てるだけで懐かしくてダサくて涙が出そうになる。
若くて痩せててかわいいイングヴェイがアリアプロⅡの広告に出てたり(笑)
たかが雑誌でも捨てないで20年以上寝かせるとお宝になるなぁ。
正直なところ、年間364日はゴミとしか思えない雑誌の山ですが、青春時代に買ったヤングギターはなかなか捨てられない。
MTV時代とも言える80年代中期は普通にTVでもヘビメタさん達の活躍が観れて元気な良い時代だったなぁ。
今はYoutubeでいつでも見られるもっと良い時代なんだけどね(笑)

で、今回のギミックはピックアップカバーを別パーツとして表示・非表示で選択する程度。
マテリアルも白・黒・チェリー・ナチュラルぐらいでシンプルになるでしょう。
パーツはクロームとゴールド、ピックガードは白と黒ぐらいかなー。
マティアスモデルは白と黒の2本でいきます。

絵のこともぼちぼち考えないと。

もうちょいです。

2011年05月05日 13:51

白、黒、チェリー、の現行品っぽいラインナップにナチュラルを加えて4色のMATにしましたが、
ナチュラル仕様はゴールドパーツでピックガードは白一色にした。
一応マホガニーのつもりで木目テクスチャを作ったんだけどマテリアルを黄色っぽくしてコリーナ材風の色合いに。
色々な年代のパーツ仕様を自分の趣味でミックスしたので年式の特定出来ない中途半端なものになっちゃったかな。
ex_wip05_01.jpg


これだけでは、あまりに普通すぎるので前回の予告通りスコーピオンズのマティアス・ヤプスモデルにも出来るように対応。
何を今更?感がそこはかとなく漂う80年代のマティアスモデルですよ(笑)
ストライプのテクスチャは、ストライプの幅にナイフを入れたボディに別マテリアルを設定して
毎度おなじみBlenderでテクスチャベイクしたものをポーザーのblenderノード(ややこしいな)で
マスク画像として使用し、白黒二色を割り振り。
ex_wip05_02.jpg
テクスチャベイク用にナイフで切ったボディを作って、ナイフで切っていないボディに貼るということです。
ポリゴンやマテリアルを増やさず、UVの継目も気にせずにテクスチャが作れると言うわけで。
この応用で多くの材を使ったラミネートボディのテクスチャも作れればもうちょっと可能性が広がるかな。
問題点はマテリアルの境界線でアンチエイリアスがかからなかったので大判でレンダしたものを縮小して使用。
ベイク時のレンダリング時間が数秒から十数秒に増える程度で大した手間ではないので許容範囲。

さてさて。

簡単にマテリアルの処理だけで見栄え良くそれらしくまとめた結果、こうなったわけですが
まぁ特徴的なストライプだけでもそれと判る仕様なのでこんなもんでしょう。
熱狂的なスコーピオンズファンの人、見てたらごめんなさいよ。
スコーピオンズは2012とか2013年で活動を終える予定(ワールドツアーの日程終了後)らしいので
枡久田的な感謝を込めて中途半端にトリビュート(笑)

さぁラストスパート。

いってらっしゃい。

2011年05月08日 00:12

前回のギター配布から早11ヶ月、何もしないでごろごろしてたら一年なんてあっという間だな。
そんなわけでまたギター配布。

G-EX.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

今回も最小限の可動部分のみで普通っぽいMATが4種類とスコーピオンズのマティアスモデルが2種類。
その他、パーツの色変え等々いつも通りのセットです。
ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。
2009年に配布したギター・ベースには使えませんのでご注意ください。
他は特に注意も無く、これまたいつも通りです。


絵も変なところだけこだわってみました。
今回は終盤戦がGWと重なったので、めちゃくちゃ気合入れてやってやるつもりでしたが、
意外と体力が続かずほどほどにやってしまいました。
レタッチする頃になると肩コリからくる背筋痛に襲われ、ロボットダンスでも踊るかのようにレタッチしました。
まーでもネタチョイスはマニアックではありますが、ミュージシャンコスプレ的な絵は作るの楽しいなぁ。
なんと言うか、「これはコスプレです。」と言い切ってしまえばツッコミ不要で全てクリア(笑)
みたいな雑な感じがちょうどいい。
V4TYにて。

pinup15_test.jpg
HongyuさんのCowGirl03上下と、P7シドニー用の髪、その他は自分のものを改造やら新規製作やら。
Hongyuさんのジーンズはストライプのテクスチャを作っただけ。
MDP製ヘビメタベルト(TY-Casual06)をジーンズに通すためベルトループにMT作ったりとか、
同ヒールスニーカー(TY-Clothing Pack01)を履かせるために裾を広げるMT作ったりとか全てマグネットにて。
タンクトップも無改造だけど、肩近辺のフィッティング具合が気に入らなかったので、
ポーズを決めて可能な限り搭載MTでフィットさせてから一旦OBJエクスポート。
毎度おなじみメタセコで修整した後でプロップとして入れ替え、無改造とは言えない(笑)

ちなみに、知らない人が殆どだと思いますので説明しておきますと
今回の絵の衣装はスコーピオンズというバンドのマティアス・ヤプスというギタリストが
80年代中盤~の全盛期にステージで着ていた衣装の雰囲気を再現したものです。
飛躍しすぎず、一目見てそれとわかるように、尚且つ、今の目で見てもダサくなり過ぎないように気を使いましたが、
そもそもこんなストライプ着てカッコよくなるやつなんて地球上には存在しないと思います。
まぁ80年代当時のことを思えば、《おっさん+スパッツ》っていうのが《ウナギ+梅干》のような
食い合わせの悪さの根源だったのではないかな(笑)
80年代はレギンスではなくスパッツであり、派手なストライプ柄がおしゃれだとはさすがに当時から思っていなかった。
少なくとも5頭身の東洋人が身に付けるステージ衣装ではない(笑)
しかしライトを浴びて汗だくになるステージにおいてはスパッツが一番ストレスが無いような気もする。
大規模アリーナでアクティブなパフォーマンスをするバンドなら実用面でスパッツを選び、
視覚的に派手なストライプ柄に手を出す、というチョイスだったなら納得できるかなー。


やってることはいつも通りなのでそれなりに完成します。

pinup15.jpg
でも、いつも以上にコテコテになった感じ。
絵を作ってて思ったんですが、僕の好みの絵の毒々しさって
80年代のヘビィメタルのきらびやかでゴテゴテしたやりすぎ感がルーツなのかもしれません。

髪とタンクトップ、ジーンズ以外のこまごまとしたものは自作。
左手はリストバンドっぽくしましたが、本来は右の腕カバー(笑)と同じものをくしゅっと手首近辺に巻いてる感じ。
ダイナミッククロスではうまいこと再現出来なかったのでシンプルなリストバンド風に変更しました。
今回はポーザーとメタセコ作業が多すぎたなー、そりゃ肩もコルわ。
究極的にはM4などのおっさんフィギュアを使用してミュージシャンを3DCGで再現、なんだろうけど
そういう意味ではまだまだ未熟だな。
願わくば、そっち方面では永遠に未熟でありたいと思う(笑)
男よりも演奏の上手い、もしくはそういう雰囲気の女、っていうのが僕がポーザーで表現できる限界だろうな。

正直なところ、ありものを利用して雰囲気を再現するってのがポーザーの醍醐味でもありますから
忠実に再現するのではなく、コレって○○っぽいね、ぐらいが一番楽しいところなんじゃないかな。
ポーザーにて気軽に女体化、みたいな(笑)

今回もおつかれさまでした。

エイ!

2011年05月18日 10:12

というわけで次回はベース。
知名度メジャー級のミュージックマン・スティングレイ・ベースなどひねります。

個人的には、音・ルックス共にストライクゾーンど真ん中の好みのベース。
しかし、ナチュラルフィニッシュ(木目仕上げ)のイメージが強いので木目テクスチャの問題でずーっと保留していた。
あとはミュージックマン時代の初期型にするかアーニーボール買収後の現行型にするかなども悩みどころだった。
悩んだ挙句、もし今自分がスティングレイ買うなら、という前提の妄想仕様にすることにしました。
当然、ポーザー素材という点も加味してフィギュアに持たせた時も想定して仕様を考える。

アーニーボール以降の現行タイプでナット幅の狭いSLOスペシャルで1PU-2EQにしようと計画中。
スティングレイと言えば《暴れ狂うホットロッド》みたいな印象が強いですが、時代と共に洗練されているんですよね。
現在のスティングレイは《アメリカンテイストな日本車》なイメージで優等生。
弾きやすさは断然現行品、弾きやすくなっても音は相変わらずスティングレイ、みたいな(笑)
ナット幅の狭いネックにするのはポーザーで絵を作る時の女の子仕様という感じの選択。
シンプルな1PUは枡久田的趣味、2EQはサイドジャックが好きではないので3EQではなく
コントロールプレートに2EQ+ジャックという選択、2EQにして若干の懐古趣味ってのもあるかなぁ。
毎度の事ながら意味不明でしょうがそんな感じで進めます(笑)

まずは、いつも時間のかかるペグから。

sr_wip01.jpg
基本はシャーラーのBMタイプだけどもミュージックマンのオリジナル仕様なので寸法出しがやや面倒。
ポスト形状がテーパーのかかった独自のもので、つまみの軸も通常より短め。
ヘッドからちょろっとだけつまみが出てるコンパクトな感じで
3:1のペグ配列と相まって頭の小さいモデル体型みたいなのがスティングレイらしさ(笑)
元々ヘッドがコンパクトなのでナット幅の細いネックにしても見た目のバランスは良い。
現在はスターリン(Sterling)ブランドで廉価版のスティングレイタイプ(RAY34)もあるんですが、
ペグも廉価版なのでヘッドのバランスがブサイクなんだよなー。

アジア圏で作られた廉価版ギターって近年ものすごく多いけど良い木材やパーツを使ってても仕上げの部分が粗い。
フレットの処理とか出荷時の調整とか、まず楽器店で手に取って買う気を無くすと言うか(笑)
自分で調整出来る範囲なら安く買って手を加えるってのも考え方としてはありかもしれないな。
そんな手間かけるなら中古のスティングレイ探した方が早いけど(笑)
まー価格の安さには品質管理もかなりの割合で含まれてるんですよねぇ。
そんな中でも、最近のインドネシア製(G&L等)はイイ感じ、やや注目。
楽器は音さえ良ければいい、とは思いますが。

やっぱり見栄とか憧れもあるからなぁ(笑)

ハム太郎。

2011年05月20日 02:28

ボディとネックは寸法出しが進まない、あとネックポケットの深さだけ決めればガイドが作れるんだけどなぁ。
そんなわけでとりあえず、資料の揃ったパーツ類からモデリング中。
今日はミュージックマンの心臓部であるハムバッカーピックアップを。

sr_wip02.jpg
モデリング的には箱と円筒なので難しいものではありません。
カバーの寸法図がインチ表記だったのでミリに換算してから清書するのが面倒だったぐらい(笑)

このハムバッカーと内蔵されたプリアンプでアクティブ時代を切り開いたわけですが、
時代を経て製法も回路自体も変化しているにもかかわらず、出てくる音はスティングレイってのが素敵です。
リア寄りの微妙な位置に強力なマグネットのハムバッカーってのが生命線なのかもしれませんねー。
プレベでもジャズベでもギブソンのベースでもない、発売当時は新時代の音だったんだろうな。
まぁいまだにスティングレイの音は好みの分かれる音でしょうけど。

やっぱり、パーツをちまちま作るのは楽しい。

ブリッジとロゴ。

2011年05月22日 22:51

パーツ先行で作って行くと全体像が見えないので作業が進んだ感じがしない。
現行タイプのブリッジ。

sr_wip03.jpg
弦は裏通しじゃなく、ミュートブロックも無い最近の標準的なブリッジ。
サドルが非対称で4つとも同じなのでブリッジ自体はネックのセンターラインから若干オフセット配置される。
3本のビスとサドル両脇のスタッドでがっちりボディに固定。
サドルなどの構造自体はオーソドックスなタイプだけど一目でミュージックマンのベースと判る独自のもの。
フェンダー時代のシンプルさはそのままに頑丈になった感じで漢っぽい。

ほんで今回は早めにパチロゴ製作。

sr_logo.jpg
見ての通りの見事な収まり(笑)
《StingRay》の部分はさすがにそのままにしてます。
情報量の多いロゴなので気合を入れて作りました。
なんだろう、、、この「やったー!」っていう充実感と「バカじゃねーの?」っていう脱力感(笑)

イラレでロゴ作るの楽しいなぁ。

ネック終了。

2011年05月25日 00:04

ネックとナットを作ってペグを付けて雰囲気を見る。

sr_wip04.jpg
まあまあ良い出来かな。
スティングレイのネックはやや特殊な製法で、
まず、一枚の板から指板になる部分をスライス。
トラスロッドを仕込んでから、最初にスライスしておいた指板部分を接着。
いわゆる《貼りメイプル》なんですが、一枚の板から指板とネックを切り出すので
接着面の木目が目立たなくなりスカンクストライプの無いワンピースネックのようにも見える。
手間がかかっているように思いますが、機械化が進んだ現代では意外と効率的な製法なのかもしれません。

今回のベースはSLOスペシャルというナット幅の細いモデル。
スティングレイと言えば幅広で薄いネックがデフォルトなのでちょっとイメージが変わりますね。
ちなみにSLOとは工場のあるカリフォルニア州《San Luis Obispo》の頭文字。

ナットはコンペンセイテッド・ナット。
押弦時に音程がシャープする分だけ開放弦の位置が計算されています。
大袈裟に作ったのでちょっとウソっぽくなった。

スティングレイってメイプル指板のイメージが強いけど一応ローズ指板も予定。
最低限の可動箇所でボディカラーとかピックガードの色とかでバリエーションを増やす感じだなー。

順調ね。

ボデー。

2011年05月28日 00:06

フェンダー系のボディだけど、おしりが大きくどっしり感がありますねー。

sr_wip05.jpg
現行モデルなのでヒジと腹にコンターがあって身体にフィットします。
でもスティングレイのボディって薄めなのでコンター無しのスラブボディでも大した問題では無いように思う。
とは言え、プレベやジャズベなんかに慣れた後だとコンター無しはつらいかなぁ(笑)

卵型のピックガードを乗せればスティングレイらしくなるかなーと思いましたが、
やはり、卵型ピックガードとバナナ型のコントロールプレートが無いとしっくりこない。

あとは、こまごまとしたパーツを作って調整すれば本体は完成が見えてくる。
モデリング中は寸法のことだけ考えている方が集中できるな。
今後は、ギミックを控えめにじっくり作っていこうかなと思う。
オブジェクトレベルであれもこれも、と詰め込むのも楽しいけれど結局中途半端なものになる場合が多い。

マテリアル方面で広がりが出ればポーザー的には丁度良いんではないかと思う。
安易にテクスチャを増やすんじゃなく、もっと効率的な方法も考えないとなぁ。
となるともうちょっとマテリアルやテクスチャのスキルアップが必要かな。

続く。

大体終了。

2011年05月30日 03:27

弦を張る以外は大体出来たと思う。

sr_wip06.jpg
ペグのポストにはテーパーがあるので弦を巻く時に微調整しないといけないなぁ、めんどくさいなぁ。
とか言いつつ、そういう細かい微調整が楽しいところでもある。
めんどくさいポイントは資料集めの段階で既に把握しているにもかかわらず、
愚痴りながらも楽しくモデリングしてるのってまさに自作自演だな(笑)

ただ、フェンダー系デタッチャブルネックのギターやベースはモデリングしやすいので気分的に楽です。
スティングレイはシンプルな方なので作業が進みやすい。
あとは細かい気になる部分の修整を済ませてUV展開という感じ。
ネックポケット外周が鋭角すぎたので変だな。
6点止めのジョイントプレートもスティングレイらしい部分なのでもうちょっとちゃんと作り直そう。


要するにまだ出来ていない(笑)


最近の記事