ハバツメール。

2010年11月19日 02:36

プラモでもやっておきたい胴体の幅詰め加工なんだけど
バンダイ版はパーツが多くて実際はかなり難儀しそう。
3DCG万歳!な加工なので、こっちでは是非やっておかねば。

sd_wip11_01.jpg
赤が幅詰め後、黒はほぼバンダイ版+腕下げ加工で今まで作ってたやつ。
胸パーツで4mm、腹パーツで3mm詰めたんですが、
ウエストが細くなりすぎたので腹パーツのみ可能な限り太らせた、腰パーツはそのまま。
元々ウエストが細く絞ってあるバンダイ版なので、幅詰めしすぎたっぽいけど
肩幅のイメージを優先するのでこれで良しとする。
まーウエストの一番くびれた部分って色々と武装すると太る場所なので多少細くてもOKでしょうな。
そもそもバンダイアレンジってレッドショルダー系の武装を念頭に入れてる感じですよね。
抜かり無いと言うかさすがな部分です。
さすがなんですが、ランナーのパーツ割りを見てるとターボカスタムまでは視野に入れていない設計なのかな。
旧タカラ版と合わせ技のWAVE版ターボカスタムも今の軟弱な僕には組みにくいキットなので
是非バンダイ版でターボカスタムが欲しいんだけどなぁ。

重ねてみて。

sd_wip11_02.jpg
微妙な違いだけど頭を大きく見せることが出来るので
みっちり詰まった感じが出てとても僕の好みに近付いた。
気になるところは直しながら作っていかないと後からでは大変なので
ちょっと路線変更ですね。
《バンダイってイイ線いってるけどイメージと違うんだよなーモデリング》に変更(笑)
バンダイ版が100%のスコープドッグの理想形だ、なんて思ってる人なんていないでしょうけどねー。
とは言うものの、あと僕が気になってるのは足首ぐらいだからあんまり変更はありません。
旧タカラ版をベースに改造するよりはバンダイ版が僕の理想に近いつうことですね。

sd_wip11_narrow.swf
ガッチリとふとましいものが好まれるタコ業界ですが、メカと言えどもメリハリのあるプロポーションは必要だと思う。
ヒーローロボ然としてないのがスコープドッグの魅力ではあるけれども、
二足歩行のロボットなんだからかっこよくないとダメだと思う(笑)
たった数ミリでも大違い、アニメのロボットのバランスってホントに難しいですね。

今年中にモデリングは済ませたいなぁ。


最近の記事