ひと山越えて。

2010年10月18日 20:08

直線的な面で構成されているような感じですが、
実はいやらしくカーブを描く曲面の多いスコープドッグ。
微妙な曲面構成で箱を組んでいくのが一番めんどくさいですね。
当然、平面的なディテールもそれに沿うように微妙に曲がってたりするので骨が折れます。

ポーザーでレンダリングしてエッジとかパネルラインの確認。

sd_wip02_01.jpg sd_wip02_02.jpg
特に問題なし。
テクスチャで汚したりしたらかっこ良くなりそうです。
モデリングしてる時は半球の頭部のポリゴンが足りないかなぁと思いましたが、
スムースポリゴンONでレンダリングしたら気にならない程度になった。

で、ちょっと追加モデリングして左右対称モードでのディテール入れは大体終了。

sd_wip02_03.jpg sd_wip02_04.jpg
バンダイ的なエッジまで再現する必要は無いんだけど
なんとなくバンダイリスペクトということで違和感の無いところはなるべく再現。
と言うか、しばらくモデリングやってなかったので仕上がりの感覚があやふや。
見栄えの良い軽いテクスチャを作るのも今回のテーマだなぁ。

そんなわけで順調だと思う。


最近の記事