スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。

2010年03月22日 23:56

忙しさのピークも過ぎまして気が付くとめっきり春らしくなりました。
そんなわけでまたモゾモゾと活動しましょうか。

今回はWalでもしばいておきましょう。


wmk1_wip01.jpg
詳細な資料は豊富では無いんですが、造りがシンプルなベースなのでやりやすい感じ。
21フレットでショートホーンのMk1(Mark I、Mach I)です。
構造は全然違うんですがベースとしての設計は前回作ったアレンビックと共通する部分は多いですね。
多層構造の木工部分とアクティブ回路によるサウンドメイキングの幅が広いベース。
単純に仕様だけ見ると、アレンビック+フェンダーみたいなイメージ。
見た目は地味ですが《ベース界のロールスロイス》などとも形容された高価で信頼感のあるブランドですね。
一時期は活動休止状態でしたが、昨年辺りから受注を再開し現在も細々とブランドは存続しているようです。
Walっていうメーカーは頑固な英国職人みたいなイメージがあって個人的に好きなんですよねぇ。

デタッチャブルネックなのでモデリングの手間は多少楽。
ブリッジがちょっとややこしいぐらいで他はなんとかなると思うんですが、
シンプルなものほど作るのが難しいのは毎度のこと。
まー不明なところは某Xさんにでもチャットとかでじっくり聞けば解決だ。

今回も特にギミックの無いプロップになりそうです。
まーフレットレス仕様ぐらいにはしようかな。

そんな感じでー。
スポンサーサイト

面倒は先に。

2010年03月26日 00:10

Walオリジナル形状のブリッジとシャーラーのペグ、その他もろもろ一気に。

wmk1_wip02.jpg
一見、シンプルそうなんですが意外といやらしい形状のブリッジ。
構造もちょっとクセがあって理解するのに時間が掛かった。
サドル位置が高いせいでボディからの弦高が高いので弾くことを考えると慣れるまで苦労しそうなセッティングですね。
それでもネックポケットの深さをちょっと浅めにしてボディから弦までの高さを低く抑える予定。
サドル形状はもうちょっと修整して本物ぽくします。

ペグはシャーラーのM4シリーズ。
今回はこのペグを作っておくためのベース選択でもあります。
シンプルだけどギアの露出している厄介なタイプ。
まーギアボックスを作るよりかは歯車のようにプリミティブから単純な加工だけで作れる物の方が労力は少ないんですけどねー。
なんせポリゴン数がどんどん増えていくのは精神的に穏やかではありません。

シンプルなベースなのでパーツをしっかり作らないと見た目のバランスが良くならないかも。
このベースも楽器やってる人ならメジャーなんだろうけど一般的にはマイナーな部類なんでしょうね。
「弦が四本だからこれはベースですね?」ぐらいの感想でしょうか(笑)
ま、3DCG界隈では見かけないベースなので作っておく価値はあるでしょう。

あると思います。

山は越えた。

2010年03月28日 00:28

ブリッジとペグさえ形が出ればあとはほぼ問題なし。
ちまちまとその他の部分を追加していきます。

wmk1_wip03.jpg
ボディのトップとバックをナイフで切り離してラミネート構造を再現しやすく。
前回のアレンビックでもやったようにテクスチャが貼りやすくなりますね。

ピックアップもポールピースを追加してそれらしくなりました。
Walのピックアップはオリジナルパーツなので細部の寸法などは不明、写真から大きさを割り出してます。

シンプルなわりにポリゴン数が多くなってきてます、まぁしょうがないかなぁ。
弦を張って細かいパーツを作ったらモデリングは大体終了。

順調順調。

Walっぽい部分を追加。

2010年03月29日 00:18

コントロールノブとジャック関連など追加。

wmk1_wip04.jpg
独自の形状のものが凝縮されたWalぽい画像です。

コントロールノブを4つ。
マスターボリューム、PUバランサー、2トーンのレイアウトとします。
バランサー(ミキサー)以外のノブは2連のようなのでPullのギミックも必要かな。
地味すぎるけど(笑)
Walユーザーでもある某Xさんのお話によると「2ボリューム、2トーンでした。」という仕様もあるようですが、
一般的には前者のレイアウトが多いようなのでそちらが基本仕様なんだと思います。
初期のモデルであるPro2シリーズでは一つのPUに一組のボリュームとトーンなので
そういう流れでMK1以降のモデルにも2ボリューム・2トーンという個体が存在してるのではないかと推測。
とにかく日本語の情報が少ないのでなにかと面倒。
3Dモデルなのでどうでもいい部分なんですが。

アウトプットジャックは通常のものとキャノンジャックの二つ。
ま、特に苦労もなく終了。

あとは弦の調整をしてナット作ってエンドピン付けたらOK。
またパチロゴでも作るとしますかね。
テクスチャも使えそうなものを探さないと。

やることいっぱいある。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。