ひと山超えた。

2008年03月16日 01:37

また毎回同じような画像ばっかりになってきてますが、
機体の主要構成パーツはとりあえず揃った。
多少バランスがおかしい部分もあるけど気付かなかったふりをしておく。

あっさり。 さぁ分割だ。
ここまでは思ったより簡単に出来ちゃった。

あと、六角大王での初期モデリングでは雰囲気の確認用に鋭角ラインを設定して
大まかなエッジの流れを出しているんですが、
その暫定的な鋭角ラインをアールの付いたエッジにしていくちまちまとした作業に突入。
ちょっとマシな3DCGソフトさえあればエッジの処理なんて楽なもんなんだろうけど
まぁつらいことを逆に楽しむぐらいの意気込みが無いとモデリングは続きませんからね。
現段階でこの程度のポリゴン数なら△ポリが混じっていようと修正作業は楽だろう。

実際にモデリングするスピードが上がると、地味な反復作業もそんなに苦にはならない。
しんどいことには変わりはないが、気分が乗ってくるとやめられない。
仕事として毎日長時間モデリングするんなら今の環境を愚痴りますけどね。
趣味のモデリングだったら手作業の割合の多い方が充実感も大きくなる気がする。
微妙に不便なソフト使ってるといつのまにか知恵が付くってのもあるな(笑)
今の時代、よっぽどじゃない限りはポリゴン数なんかは特に気にしなくてもいいような環境ですが
自分で作って使うのなら必要最小限の軽さで再現度の高いものを目指したい。
貧乏人には貧乏人なりの楽しみ方がいくらでもあるのだ。

ひがんでなんかいないもん、ふん。


最近の記事