スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年ですな。

2008年01月08日 13:21

新年もすっかり明けてしまいましたが、皆様お元気でしょうか。
昨年末は色々とありまして3D関連からはえらい離れて生活をしておりました、
今年も昨年同様、ぬるいペースで精進していく所存にございます。

というわけで。

リハビリの意味も込めて女体モデリングでスタートしておきます。
2年程前に作りかけてた顔をもとにして全身作る感じです。
とは言っても前回作った顔のデータは保存ミスだかHDDの不調だとかで紛失したので
結局、限りなくのっぺらぼうに近い基本データから作り直しました。

今年もよろしく。
202を思い出す。
ボディはなんとF202の分割前のデータからボディバランスをリアル系に変更。
現在のファイル名はF301だったりします(笑)
以前からリアル系の軽いフィギュアを作りたいなーと思ってたのでなんとか完成させたいところ。
細部に凝りだすとどんどんポリゴンが増えるのでF202程度の軽さが目標。
一応着衣前提なので気持ちの良さそうなところはモデリングしておりません、身長はテライユキぐらいです。

まぁ使いやすい軽さのリアル系というとV3RRとかがあるんですが、
DAZのフィギュアって肩幅の広いオバハンみたいな体型ですからねぇ。
若々しい東洋人を目標に進めて行きます。
例によって途中で飽きると思います、つーかすでにご満悦なんですが(笑)

そんな感じで今年もよろしく。
スポンサーサイト

外側ほぼ完了。

2008年01月10日 22:17

足首のメッシュ構成を少々変えて、苦手な耳も作ったので外から見えるところはほぼ完了。
あとは口の中と歯とかなんだけどどうするか悩む。
あー指の爪も作ってないけどどうしようかなぁ、めんどくせー。

いいかも。 いいね。

ヒザ下をもっとボリュームアップした方がいいかな。
バランスからするとちちはもう少し小さくてもいいな。
モデリングしてるとどうしても欧米人型の見栄えのする体型にしてしまう。
まぁ服を着せることを考えるとメリハリナイスボデーにしておいた方が
どんな服も似合いやすくなるので仕方の無いところか。

リアル系といっても東洋人のリアリズムを追求すると
マニアしか喜ばんような体型になってしまうのが悩みどころ。
均整のとれたセクシー体型が3Dフィギュア業界のスタンダードだろうと思う。
方向性はこんなところかねー。
残りの部分を作りつつ各部をちまちま修整をしていきます。

やっぱり真面目にモデリングすると喫煙量が増えるなぁ、困ったもんだ。

中身増量中。

2008年01月13日 20:58

口の中(歯)をモデリング。
V3RRの口の中身をガイドにして上下で約2000ポリ。
リアル系だと歯もある程度は作っておかないといけないので苦労する。

こいつ、 笑ってやがる。
V3RRの歯をそのまま使おうかとも思ったけど、
もっと軽くしたかったので結局は自作。
こういったぐじゃぐじゃっとしたモデリングは
各々の歯のバランスのわかるガイドさえあれば意外と短時間で作れる。
あと一列分ぐらいは間引けたかもな。

眼球はもうちょっとまともな構造にする予定。
フィギュア単体で2万ポリ以下を目指す。
別に2万ポリにこだわっているわけじゃないけど、
ベースとなる素体は限りなく軽い方が良い。

次回に続く、と思う。

爪の準備。

2008年01月15日 13:35

トゥーン系のF202を作った時はリアル系とは正反対のモデリングだったのでメッシュは粗い。
今回はそのメッシュを顔以外はほぼそのままバランス変更だけで使っているので
どれだけ頂点を追加するかで悩み中。

実はUV展開までほぼ終了してますが、テクスチャを描くのにちょっと気分が乗らないので
末端部分のパーツなどを見直ししております。
先日もVOLTさんに『テクスチャ塗ってみませんか?』と試しにエサをまいてみたのですが、
『オリジナルはムズいねー。』『ムズいよねー。』となかなかエサには食い付かない(笑)
フィギュアの見た目を大きく左右するファクターだから慎重になるのは痛いほどわかるよ。
お互いにテクスチャの加工は好きなんだけどオリジナルで一から作るとなると話は別だなぁ。

指先は大事かも。 爪先はどうでもいいかも(笑)
というわけで、爪の近辺に頂点を追加して爪がありそうな感じにしてみた。
指が六角柱なのでリアルには程遠いが、爪は別プロップとして付ければそれなりに見えるかも。
遠景用やら全身が入るような大きさの絵で使うならこの程度で充分かもしれません。
プロップにするとめんどくさいから《コンフォーム爪》でも作っておこうかな。

トゥーン系のフィギュアだと乱暴に言えば指の本数までも省略できるわけですが、
リアル系となると人体という正解があるのでなるべく違和感を排除していかなければならない。
各部のバランスこそ個人で違うものの付いてるものは同じである。
2万ポリゴンという制限を設けてどこをどれだけ再現するかと悩んでいる様は
少ないお年玉で何を買おうかと悩んでいた小学生の頃を思い出す。

新年ぽい喩えが決まったところでまた次回。

MTも準備。

2008年01月18日 01:23

一応リアル系フィギュアなのでそれなりの表情MTも必要になってくる。
今回は分割前のローポリ状態でMTを作るようにしているので多少は苦労も減る。

ねむいよ。
分割したところで昨今のポーザーフィギュアからするとローポリな部類なんだけど(笑)

とまぁ調子良くMTを作ってる途中でマツゲの存在感がちょっと足りない気がしてきたので
元のOBJをもう一度見直した方がよい気がふつふつと沸きあがり
再調整したい気になってきた。

気のせいかな?

順番から行くとまずテクスチャなので
先にテクスチャを一通り塗ってみようと思う。
まぁ色々と準備は整ってきたよ、てな感じ。

時間かかるわこら。

つぎはぎ。

2008年01月19日 18:33

顔だけでも仮のテクスチャを作ろうと思ったんですが、
どうせならということで全身のテクスチャをHDD内のありものでつぎはぎ。

このモデルは18歳以上です。 肌が粗い。
V4用のテクスチャがサイズも大きめで加工しやすそうだったので
切った貼ったを繰り返してほぼ全身に貼ってみた。
元が欧米人の肌なのでかなり粗い感じですがまだまだ調整します。

JP調整も大体仮決めは済んでますがどこまで仕上げるかはまだ未定。
色々と直したい部分も出てきた。
とりあえずちちがデカすぎるので控え目に修整予定(笑)
スムースポリゴンONでレンダリングすると2万ポリゴンでも全然問題無いレベルかな。

なるべくクセの無い均整のとれたモデリングをしたつもりですが
いたるところに自分のクセや趣味が垣間見えて結構恥ずかしい(笑)

あとはMT地獄だな。

寒いですね。

2008年01月26日 02:44

うちの部屋は寒いので作業意欲が衰え気味でございます。
スキマだらけの六畳和室にオイルヒーターはどう考えてもおかしいと思うんだ。

格差社会の負け組筆頭、枡久田マスクでございます。
2008年も清く貧しく美しくでございます。

さてさて。

表情MTはTY2ぐらいの数を揃えたいので色々と研究用の資料集めなどしつつ。
テクスチャ・マテリアル関連をちょっと修整しました。

ヌードとか気にしなくなった(笑)
前回のテクスチャの色味を変えて単純に貼ったものが画面左側の状態。
HDRIやら擬似GIのような多灯ライティングならこの色味でもいいんだけど
普段は特に凝ったようなライトを使うことがないので
Alternate_DiffuseにSkinノードを追加して右側のようになった。
全く同じライトの状態でレンダリングしてもこれだけ感じが変わる、お手軽に。
まぁもちろん、Skinノードの各パラメーターやら
Alternate_Diffuseの適応具合などはライトとの兼ね合いを見て調整しなきゃだめですが、
最小限の労力でそれなりの効果はあるように思う。

ちなみにちちは小さくしました、バランス良くなった。
長年ポーザーやってると《巨乳の定義》が世間の常識を逸脱していることに気付く(笑)

そんな感じでまた次回お会いしましょう。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。