芝を生やす。

2007年10月05日 16:44

何かと使いまわし出来そうで単純にならず、さらに
それぞれに意味を考えながらレイアウトするのは難しい。

無難。 角度は選ばないとな。
現時点で7×7=49個のマスに16パターンのマップになった。
機体搬出口付近のレイアウトがどうしても複雑になるのでマップが倍増。
あとは芝生用、縁石のコンクリート用に一応UVをそれぞれ1枚。
芝とコンクリートならテクスチャマップ作らなくてもなんとかいけるだろう。

今までオブジェクト単体の絵ばっかり作ってきたので
画面内のものを全部作る苦労たるや想像以上の労力つうか計画性必須。
明確に《こんな絵を作りたい》っていうヴィジョンが定まっていないせいもあるが、
ポーザーで使う小物だからどうしても応用出来る幅が広いものを作ろうとしてしまう。
折角作るんだからそれを利用して色んな角度から何枚も絵を作りたいわけで、やっぱり貧乏性なのかもな。
思い付いた方向にその都度脱線するので効率が悪いだけとも言う。
まぁまぁこれはこれでまた作風も広がるのではなかろうか。

天高く枡久田も肥ゆる十月。


最近の記事