スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月なので《そよ風》

2007年05月13日 08:08

もうなんだか最近、日記なのに『お久しぶりです。』とか『ごぶさたしております。』だとか
なにやってんだぁてなかんじでイヤになりますが今日もご挨拶。

みなさんお元気ですかね、僕も絶好調とは言いませんがまぁまぁ普通の五月病ですよ。
ま、別にここ数年職場の環境が変わったわけでもないのでフレッシュマンな五月病じゃないと思いますが(笑)

わたくしめの近況報告は4月の日記を参照していただくとして(おい)
変わったことと言えば、超高級ニッパーやら超高級鉄ヤスリやら超高級ピンバイスなどが増えながらも
積みっぱなしのガンプラの山の標高が高くなったり、と。
今月37歳になろうかというのにこの体たらくっぷりは我ながらどうだ。

まぁ、プラモにしろ3DCGにしろ連続で作業して日記を書く、てな程のことはしてなかったので
まだまだこういう状態が続くと思いますよ。
予想以上にお仕事のスケジュールがキツくて解放されるのはいつになることやら。

さてさて。

ここ最近の《一人ガンダム祭り》ついでに《戦闘妖精・雪風》のDVDを改めて観なおしてたら
なんかものすごくモデリングしたくなったので六角でちょっとふんばってみました。
うん、やっぱりモデリングに強烈な衝動つうのは大切ですよね、脳が活発にぐるぐる回り始める感じ。
図面から特徴的なエッジを線だけでびやーっと描いて行ってちまちま面でつないで行く六角ぽいめんどくさモデリング。
女王様。
メイヴなんだけどレイフになるかもしれない、けど本当はフリップナイトにしてみたい。
最初に雪風のDVD観た時は、僕はガチガチの小説(原作)版派だったので『こんなの雪風かよぉ。』とかぶーぶー言ってたんですが
人間変わるもんですねー、あっさりと。
ちなみにガンダムと雪風は作品的にも全然関係無いんだけど、どちらも全長18mつうことでミラクル(笑)

メイヴはプラモが入手困難なのでガレキの4面図でがんばるんば。
スポンサーサイト

往生しまっせ。

2007年05月20日 12:37

メカモデリングは久しぶりだし、
なによりもこういったなめらかだけどエッジの効いたモデリングは頭を使う。
すでに脳みそフル回転でオーバーヒート気味ですが。

当然と言うか4面図だけでは理解できない部分が残ってきた。
現段階でもつじつま合わせを大幅にしないとまとまらない。
というわけでウェブでプラモ画像を猛検索、特に製作途中画像はありがたい。
最終的には枡久田捜査網にてプラモもゲットしたいところだけどなぁ。

やや進む。 だが先は長い。
前回の状態からエッジの欲しい部分に線を足しつつ機体下面もちびちび製作中。
プレビューを曲面表示にして、なるべく変な線が出ないように調整していく。
最終的に可動しない本体部分は一体成型のオブジェクトにするので無駄な線を増やさないように。
しかしまぁ謎な線が増えてきてどうにもうまくつながらん。
まぁ形がカッコイイのでまだやる気は持続している。
UVの割り方で死にそげだけどもスジ彫りまでモデリングやってられんのでUV展開は必須。
UV展開しておくとバリエーションも増えますな、いつものパターン。

以前のように毎日でもちまちま作らんとどうも勢いがつかない。
先週やったことなんて忘れてるもんなぁ、文字通り日曜大工的(笑)
つーかもっと休みが欲しい、くれ休み。
愚痴ってもどーにもならん、ぐすん。

2枚合成済み。
六角のアニメ調表示となめらか面表示で1枚に合成して自己満足。
なめらか面表示の光沢を加えるだけでエッジが生きてくる。

そんな感じでのんびりとつづく予定。

終わらんぞ。

2007年05月27日 11:06

各翼に厚みを付けて機体下面もちょっと手を入れて本日の作業終了。
翼断面とかそれほど気にしなくていい機体なのでらくちんらくちん。
でも週一モデリングじゃ進んだ気しないなぁ、この調子じゃいつ終わるんだかわかりません。

まぁそれなりに。


そしてお買い物情報。

DVD買いましてー。
戦闘妖精雪風 FAF航空戦史《戦闘妖精雪風 FAF航空戦史》

オマケで付いてる資料本が目当て、つうかDVD映像がオマケみたいなもんか(笑)
その目当ての本が特典だからしてA5サイズでちょと小さい、もっと大判で本だけ出して欲しいなぁ。
本バラバラにしてスキャンしてつなげておこうかね、
そんなヒマ無いけどデジタルデータにしときゃ後々便利だし。

《戦闘妖精・雪風OVA版》を深く楽しむDVDとしてはなかなかのもんだけど
モデリング資料としてはもっと濃いものが欲しい。
各機のカラーリングチャートなんかは4面図で欲しいねー。
公式サイトやこの資料本に共通することなんだけど、メカの設定や説明が架空の記者目線でリポート風に記述されている。
なんとなく意図はわかるんだけど、のめり込む程の文章や文体じゃないので途中で飽きるのが難(笑)

DVDのメインの内容は普通にアニメ作品として観た時には気付かなかった点などを
軍事評論家の《岡部いさく氏》が実機や現実と比較しながら40分に渡り解説していくというご丁寧な内容。
雪風OVA版って作り込みとか細部のこだわりは凄いんだけど、
おぉっ!と思うようなカットは一瞬で終わっちゃうのでコマ送りで観てニヤニヤする感じ。
あとスタッフインタビューが30分。

本編DVDは原作を読んだ上で多少ミリタリー知識のある人じゃないとやや《置いてけぼり》な内容なので
そういった補完の意味と言うか言葉足らずを埋めるためのDVDぽいですね。
原作は緻密なメカ描写がある意味売りだけどそれを映像で再現すると一瞬で流れちゃうことも多いもんね。
岡部氏の解説だけのDVD2枚組みとかで売ったほうが面白いと思うけどなぁ(笑)

まぁDVDは一回観たら充分な内容かな。

メカデザイナーご本人達による雪風メカ設定本も同人誌として販売されていたようですが、
現在は入手困難、オークションなどではプレミアなのか手が出ない値段、、、。
もうちょっと早い時期にハマってれば色々と入手し易かったんだけどな。
何を買うにも品薄だからこそモデリングしておきたいってのもあるし、その辺が微妙なところ。
完璧に資料が揃ってるとそれで満足してモデリングしない場合が多い、実に多い(笑)
まず頭の中で出来る出来ないを判断しちゃって手が動かなくなるんだよなぁ。

そんな哀れな子羊に友人より情報が。
『キャラアニ.comでメイヴが投売りされてるよー。』とのこと、どれどれ。
以前にDVDとセット売りされてたやつらしいんだけど単品で7割引(笑)
クリアバージョンなんて買うやつ居るのか?とか思ってたけど定価2600円を考えれば両方購入(おい)
パッケージがデカいのでミカン箱ぐらいのダンボールに梱包されてきましたよ、びっくりした。

ちっちゃい(1/144スケール)けどよく出来てるので早速サフ吹いてモデリング用の資料に、南無。
これ普通のスチロール樹脂だから、もし未塗装未組立て状態でデカール付けて売ってたら何個でも買っちゃいそうだなぁ。
完成品トイはアタリハズレが多いけどこれは全体像のモデリング資料としてなら合格点かも。
クリアモデルなので飾っておくには接着剤とかが汚い、不合格。

ミサイル・爆弾関連の資料が少ないのがさみしいなぁ。

モデリングのためとか言いつつ、
単に関連資料や商品が欲しいだけだったりするのかもね。
明日でめでたく37歳です。
おめでたいおっさんですね。

わっしょいわっしょい。

来月もだな。

2007年05月31日 23:22

もうすぐ6月ですがまだまだ続きますよ雪風くん。
資料が増えてちょっとやる気が盛り上がってきた。
今まで理解できてなかったラインが自分の想像も加えて徐々に頭の中で整理されつつある。

毎回の作業時間はそんなに変わらないんだけど、
細かい調整をやりつつの作業になってきたので絵的に進展が無いですが謝りません(笑)
つーかアウトライン出ちゃったらモデリング絵日記はつらいなぁ。
とか言いながらも最近では珍しく平日なのに頑張りました。
ちょっとだけ進んだ。 進んだ気がする。
今日は主翼のジョイント部分の成型、意外とめんどくさい。
主翼にはX軸とZ軸の2方向の可動軸があるので可変ノズルとの併用でビックリ離陸やドッキリ着陸が可能(笑)
それから機体下面のセンターを流れるうねうねしたいやらしい面をこねこねしてたら時間切れ。
前回の画像に比べたらおなかがややセクシーになりましたね。
大まかなディテールもモデリングしながらの進行ですが、
六角大王の曲面化のクセもあるので最終的には分割後にシェイプアップしないと。
毎回、日記の画像は分割前の4分割表示ですが実際の工程としては《2分割してシェイプアップ》を2回する感じ。
UV焼き付けはオブジェクト完成後になる、うひぃぃぃぃ。
良い統合型3DCGソフト使ってたらそんな面倒な手間は随分と減るわけですが(笑)
枡久田としてはポーザー使用が前提だからなぁ。

機体上部のエンジンカバーあたりも作りましたが形状的にもうちょっと煮詰めたい感じ。
あとやったのはひたすら修正作業だけ。
機首下の垂直翼は別パーツにしたほうが面の収まりは良さそうだな、まぁ気が向いたら修正。

当然の事ながらコックピットも作らにゃいかんのよねー。
色々な画像・映像を見るにつけコックピットはマジックミラーのバスタブ内にフレーム(骨組み)があって
座席やらの内装はそのフレームに固定されていてフレームの隙間からは外が丸見えの構造のようで。
構造的な視界不良をカバーしてるんでしょうね、やっぱり変態戦闘機だな、、、。
密度的に大変そうなのでお手軽にローポリで、とは行かないような悪寒。
つかマジックミラーのマテリアル設定てどないするねん(笑)

それよりも根本的にコックピット部分がデザイン的にタイト過ぎて後ろにスライドできんのですがどうしたもんか。

いざとなったらレイフ(無人機)になります。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。