スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D君の実力や如何に。

2006年11月03日 12:34

CPUをPentiumD-945に換えてカララでの使用感などを試しました。
とりあえず、いかにも時間の掛かりそうなメカものを約2時間レンダリングしてみました。

レンダリングで2時間も待つなんてことは普段めったにしないので、
いつものレンダリング設定から無意味に品質上げたりしてじわじわCPUを使ってみました(笑)
レンダリング中はCPU使用率、CPU温度とCPUクーラーの回転数などをモニタリング。

CPU使用率、当然ながらコア2つとも100%で休む気配も感じられません、
ただレンダリング前の《Precalculating Lighting》中は使用率50%前後で
2つのコアの使用割合は7:3もしくは6:4な感じ。
この計算の時に2つでフル稼働して欲しいんだけどなぁ(笑)

そして気になる温度です、100%で約2時間働き続けたわけですが、
常に40℃台をキープ、最後まで50℃以上の表示にはお目にかかることが無かった。
CPUと共にCPUクーラーも換えたのでケース内のエアフローが良くなったせいかもしれない。
50℃にならないのでCPUクーラーの回転数も1500RPM以下でキープ。
Pentium4使ってるときはCPU温度の上下が激しかったけどD君は安定してるなぁ。
D君も9xx番台になって評判良いみたいだから評判どおりという事かな。
しばらくはD君とがんばります。

つーか露骨に快適になったのはカララレンダリングぐらいなもんでその他の恩恵はあまり無い(笑)
まぁ、あとはメカテクスチャ描くときにフォトショップ作業が快適になるぐらいか。

ぼちぼちこの人たちのテクスチャ描けつうことかもしれません、しりません。
キュキュッ。
2時間レンダ後にレタッチ&縮小(笑)

レンダ品質上げたからつて良くなるとは限らないしょぼん。
スポンサーサイト

室温低下中。

2006年11月23日 06:26

お寒い季節になりました。

やっと枡久田コンピュータールームのマシン環境も通常営業に整ってまいりましたので
ここはいっちょカララさんでネットレンダでもしてみるか、と。

まぁどの程度のものなのか知りたいだけなので特に気合も入れずに今あるもので実験。

ちなみに。
メインマシン
Windows2000
PentiumD945(3.4GHz Dual)
メモリDDR2 2GB
GeForce6600GT

サブマシン
WindowsXP
Pentium4 540J(3.2GHz HT)
メモリDDR 2GB
GeForce6600

2台ともGigabitLAN搭載らしいですが、ルーターが10/100BASEなので通信速度はそんな感じ(笑)
普通のLAN環境であれば特に何の設定もしなくてもネットワークレンダリングが始まります。

レンダリングが始まるとサブマシンがレンダリングしているところには《N》のマスが表示されて
PentiumDのマス2つとPentium4HTのマス2つの合計4つのマスがレンダリングしてくれます。

まぁなんと言いますか、微妙なマシン性能の差とやはり通信時のタイムラグでサブマシンの作業は遅れ気味。
やる気のない学生アルバイトの尻を叩いて無理やり働かせているようなしょっぱい気分です(笑)
効率としては1台でレンダリングするより2~3割アップてなところでしょうか。
もしかするとトランスポーザーからのデータちゅうのは時間掛かるのかもしれません。

ひたすらアニメーションをレンダリングしたり、神にもすがる勢いで急いでいる時(笑)とか
そんな時以外は2台でレンダリングする意味は特に無いかも知れない。

やはり同等のマシンを複数台多ければ多いほど、そして極力ロスの少ない通信環境が基本のようで。

感じは掴めたのでレンダリング完走せずに終了(笑)
サブマシンはキューブPCなので寒くなったこの時期でもCPUクーラーがフル回転しやがります。
レンダ中はフゴーーーーってドライヤーみたいな爆音になるので即刻終了させていただきました。
なので画像はありませんごめんなさい。

ウチでは寝ながらネットワークレンダリングは無理という実験結果のみを報告させていただきます(笑)

サインだハンコだ。

2006年11月26日 00:33

配達日の指定はしてないのになんか一日のうちにまとめて荷物が届いた。

朝、ゆうパックのおっさんに叩き起こされ『受け取りのサインお願いしまーす。』
などと普通に言われたのだが、すごい寝ボケてたのでボールペン持ったまま何書いていいかわからず数秒固まる。
あぁサインだ、名前書かなきゃと今までの人生で一番醜い字でサインしてやった(笑)
昼まで寝ようと思ってたのにぶつぶつぶつぶつ。

そしてお昼前、今度は飛脚クロネコがウチの玄関先でバッティング(笑)
『あぁ、サインだねどれどれ貸しなさい。』と
ファンに紳士的に対応するハリウッドスターのごとくサインを華麗にこなす。

クロネコ君が持ってきたのは先日ぶっこわれたHDDの新品交換だった。
保証期限ギリギリで壊れてくれてある意味よかったよかった。
実はネット用にはすでに新品HDDを買ってしまっているので
CG用マシンのシステムドライブとして使ってるHDDが心臓に悪いほど音がうるさいということもあり、
こっちの新品交換のHDDに入れ替えようと作業開始。
ちなみにうるさいのは僕の人生でただ一つのMaxtor製でした。
起動時とかHDDにアクセスする度にドキドキする、デフラグなんかした時にゃあ
『ンズガガガガギャギャギャクォーーーココココ。』とメタリックと言うかむしろサタニックな音がするのです。
静かにしてるなぁと思ったらいきなり単発的に『ンダッ!』とか『チュビッ!』とかすごくびっくりする音もでる。
そのうち『ポゥ!』とか『フォウ!』とかカクカク踊りだすかもしれない、マイケルジャクソンかよ(笑)
こんだけうるさいのに一年以上なんのトラブルも無いので実は頑丈なのかもしれんけどそれもどうかと。
こいつを入れ替えると僕の内蔵HDDは全てSeagate製となる予定。

うだうだ作業をしているとまた誰か来た。
『お荷物お届けでーす。』と現れたのはなんとカンガルー
すげぇ、あとペリカンがきたら一日でコンプリートだ(笑)
今度は気分を変えて印鑑で受け取り、カンガルー意外と対応が良かった。

運送会社的にイメージがいいのはクロネコなんだけどうちの近所担当のクロネコ配達員はすげぇ爺さんで
代引きで荷物頼もうもんならお釣りの計算とかかなりやばい(笑)
クロネコ代引き頼んだ時は事前にきっちり小銭を用意している、頼むよじじい。
逆に飛脚便は会社のイメージは最悪なんだけどうち近辺に来る配達員はすごく丁寧。
一度、代引きのお釣りが無くて近所のコンビにまで佐川ダッシュしてすごい勢いで帰ってきたのが印象的(笑)

カンガルーは滅多に来ないので良くも悪くも無いが今回の配達員はニコラス・ケイジに似ていた(笑)
ゆうパックは寝ボケてたのでどんな人だったか全く記憶に無い。

結局ペリカンは来なかった、つーか今まで一度も日通から荷物を受け取ったことない。
最近ネットで買い物することが増えたからそのうちペリカンにも会えるだろう。

てなわけでHDD入れ替えも無事終わり平穏な日々に戻る。

うちのマイケルジャクソン引退(笑)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。