まぁとりあえず。

2006年05月30日 06:34

一応、全てのパーツにUV当て終わりましてしんどかったです。
ホントしんどかったですいやホント。

目つき悪いな。 メカメカしい。
画像ではまだ付けてませんが、ボディから脚へのパイプのみダイナミックで行く。
脚全体に這う細いパイプはダイナミックでは計算が怪しいので
セクション毎にプロップにしてMTで制御することにする。
足の付け根以外は一方向の関節なのでMT作るにしても手間はかからない。
ちなみに、各種装甲板はキュスター用に作ったんだけど、付けた方が豪華なので付けてます。
ノーマルのクレーテは無防備過ぎてそれもまた良いですけどね。

ほんで。

最近すっかり使用頻度的にテスト用になリ下がった感のあるカララというレンダリング装置(笑)でもレンダチェキ。

荒いねぇ。
まぶしいぐらいのHDR画像とくっきりレイトレ影でメカっぽさを強調。
HDRI強めの荒い感じが鋳造ぽく見えるぽくないですかね、そう思うぽいです。
白一色のマテリアルでテストレンダするのも見せ方の勉強になるっぽいので結構真面目にレンダしてるっぽいですよ。
でもやっぱり素レンダじゃカクカクが目立つねぇ。
のんびり一ヶ月もかけて作った割には練れてない感じだ。
まぁ複雑な関節のポーザー化がテーマなのでモデリングはこれぐらいでよしとする。

よしとする。

で、ポーザーでのトゥーン表示を優先させたので頂点数がエライことになった。
5万頂点越えてもた。
ポリ数は予想通り3万ポリをちょっと越えた。
露出したメカメカ部分が結構ローポリなんだけど予想以上のポリゴン祭り。
どうせ頂点増えるならもっと分割増やしても良かったなぁ。

パイプのMTとダイナミック設定まで出来たらクレーテさんは少々お休み。
一気にテクスチャまで塗りたいけど、ラクーンを塗りかけで放置してるのが気になるのでそっちを先に塗らないと。
寝かすついでにキュスター用パックレーテ用のパーツも作っておく計画。
毎月のように計画目白押し。

田宮セメント買ったのにプラモ作るヒマなし。


最近の記事