盗んだバイクで走りだす計画。

2006年05月09日 21:58

マシーネンと言えば流用パーツの妙。
初代スターウォーズのプロップ製作に代表されるモデリング手法。
有効に使えばエコロジカルなリサイクルであり、そうでなければゴミが2倍に増えるという(笑)

でクレーテさん。
脚とかもモリモリ作り込み始めておりますよ、つーか箱と円筒の組み合わせですが(笑)
垂直・水平が基準のモデリングは楽ちんなのでどんどん進む。

メカぽ。
んで、ターレット基部(黒い星型部分)はどう見てもホンダ系バイクのホイールであり、
ホンダと言えばウェブプラモじゃなーいあるじゃなーい使うじゃなーい。
というわけで、ウェブプラモよりCB750Fのリアホイールを調達した、してみた、してみたんだよ。

ダメだ。盗んだバイクでは走れなかった、残念。

どうにも面の収まりが悪いので結局自作してる途中なのが上の画像。
うーん、テンプレートぐらいにはなるかもと期待したのが間違いだった。
まぁ見えなくなるところなのでテキトーでいいんだけども、テキトーちゅうてもほどがあるぜホンダさん。
流用パーツ思い付いたまでは良かったんだけどなぁ。
ホンダキライさ。

そんな感じで。

いつか役に立つだろうと思って溜め込んでいたミリタリー関係のフリーデータも
実際にはそのまま使えないものが多い。
自分の欲しいポリ数に作り直す手間を考えると、資料見ながらゼロから作った方が早い。
T-62を改造してドールハウス作ろうとか思ってたのになー。

楽しちゃーイカンね。


最近の記事