warabi強化週間。

2008年10月16日 16:31

勢いだけで《FAND2》もレンダリング。

fa2G_01.jpg fa2S_01.jpg

この機体も好きなんだけど絵になる角度が限られてくる。
これもミサイルとか作らないとだめだなぁ。

まぁぼちぼち作っていこう。

完成つうことで。

2008年06月10日 01:04

一応の形にはなったかなというわけで一旦終了します。

FA-2

carrara5にてレンダリング。
ミサイルとかも作ったら良心的なんだけどな、後日作ります予定。
今回はなるべく一ヶ月で完成させたかったのでノルマクリアつうことで。
ランディングギアは機体の全高とか接地バランスを考慮して本来の設定から逸脱しない範囲で随分アレンジした。
脚と本体のバランスで軽量戦闘機に見える感じがすれば合格かな。
全体的に機体の形状がやや複雑なぶんだけ細かいところの粗が目立たない感じもする。


ぬりえ。

これまたついでにWarabiで五面図などレンダリング。
線画にするとコックピットなんかのみっちり感がきっちり出てばっちりですねぇ。
こんだけクリアに出力できるんなら《雪風ぬりえコンテスト》とかできそうだ。
オリジナルカラーとか考える時にちょっと便利かもな。

趣味と言えども、目的・目標を設定して作業することはとても大事。
まぁ今回は一ヶ月と言うよりも前回よりスムーズに短期間で完成させるというのが目標だったわけで、
モデリングもポーザーでのギミックもテクスチャ製作もなんとか自分のものになってきたような感じ。
簡単に文字では伝えられないノウハウの蓄積ってのが一番の財産だと思います。
めでたしめでたし。

次回未定。

同時進行。

2008年06月07日 23:16

手間を考えると一気にやっておいた方がいいので
《グリフォン隊仕様(青)》と《シュリーカー隊仕様(グレー)》の同時進行。

シュリーカーおもて。 シュリーカーうら。
グリフォンおもて。 グリフォンうら。

グレーの機体に白文字の注意書きもどうかなとは思いましたが、
完成品フィギュアとか資料の類も白文字のようなのでそのままで。
シリアルナンバーが3ケタっぽかったんだけどウェブなどの写真からでは判別できなかったので《0029》にしておいた。
《0629》もしくは《0829》かもしれませんが、いまいちシリアルナンバーの仕様がわからない。
まぁ主役機じゃないし有人機でもないので特に気にしない。

機体下面があっさりしすぎてる感じ。
設定に無いマーキングとかもちょっと入れてますがあんまりやりすぎるとどんどんうそっぽくなるからなぁ。
元々の機体デザインがうそっぽいので航空機としてのリアリティはあんまり必要無いかも。

コックピットもそれなりに。

せまいね。

ここまでアップで使うことは考慮してないのでこんなもんでよかろう。

マーキング類も全部作り直した。

小さい画像で。

デカールのスキャンでもよかったと言うかそんなに違いは無いんだけど自己満足だね。
まず自分だけでも満足しなきゃってのはここ最近のテーマだな。
なんでもかんでも自分でやる必要は無いけど楽しめそうなところは存分に楽しみたい。
ちなみに本体のテクスチャはこんな感じ。

ローレゾ用。

実際の大きさは4000ピクセル角です。
とんでもなくバラバラな感じだけどこの一年で随分進化しております。
自分が作業しやすいように展開するとこうなるわけで自分にとってはすごく合理的だったりします。
レイアウトはめんどくさいけどな(笑)

細かい調整をすれば飛行タイプは完成だけどランディングギア付きも作るので
まだ完成じゃない。

まだなのだ。

むふふふ。

2008年06月05日 00:22

文字やらマークやら追加するとキリッと締まるねぇ。

いいなぁ。 ほんといいなぁ。

最初の計画ではガレージキットに付属のデカールの出来が良いのでスキャンして使うつもりだったんですが、
とりあえずは手描きではめんどくさい数字類のみスキャンデータを使用。
数字のステンシルの抜きは同じなのにバランスが違うんだよな、今までの自作データがあんまり使えない。
ファーン2は翼面積が中途半端だからフォント変えてるのかもね。

スキャンしたデカールのデータはクリーンアップするのに手間がかかるので
結局はそれをガイドに自分で描き直したほうがシャープなものになる。
英数字の組み合わせがほとんどなので自作しておいた方が後々役立つ場面も増える。
基本的にデカールをスキャンしたものはバランスチェックのテンプレート程度にしか使えないんですよね。

一応判読可能な文字類は英和辞書でスペルチェックして文章の意味を繋げてからタイピングしなおしてます。
テクスチャのサイズに文字の大きさを合わせると、どうしてもつぶれる文字の方が多いんですが。
まぁ学校を卒業してからの方が英和辞書よく使うな(笑)
あとはもうちょっと追加しつつ、貼りにくい部分はピンポイントでUV焼き直すかもしれない。

プラモもそうですがデカールがうまく貼れるとニヤニヤしちゃいますよね。
今が一番楽しいかも。

グリフォンさん。

グリフォン君も描きましたよ。
直線的なエンブレムなので楽勝。
エンブレム下の《505TFS》はメイヴとレイフで使った英数字を切り貼り。
雪風関連の部隊マークっていいセンスしてるなぁと思います。
単純で描きやすいから好きなんですが(笑)

さぁもうちょっとがんばろう。

今日もスジ彫り。

2008年06月03日 01:16

あんまり時間が取れなかったので翼のスジ彫りを描いて色換えしてキリのいいところで終了。

シュリーカー。 グリフォン。

テクスチャの色換えとちょっとした加工で2機作れるのは得した気分だ。
グレーの機体は無人機部隊の《シュリーカー隊》仕様です。
パイロットも乗せなくていいのでお手軽ですな。
ファーンのガレージキットにはシュリーカー隊のデカールは付いてないのね。
まぁ部隊マークはどうせ新規で描くからいいんだけど
雪風関連のデカールセットとか欲しいなぁ。

これで基本塗装は大体済んだ。
各種マーキングは一番楽しいところなんだけどまずはランディングギアを仕上げないとな。

ついでにスジ彫りテクスチャのみでメタセコでWarabiを使ってレンダリングしてみた。

ぬりえ。

やっぱすげーなWarabi、手抜き部分がモロに出る(笑)
1600x1200で約20分、ポーザー7のレンダリングに慣れてるのでちょっと長く感じる。
ポーザーもこれぐらいアウトラインが正確に出せたらねぇ、ユーザー倍増すると思うんだけど。
かと言ってDAZ|Studioのトゥーンもあんまり期待できないしなぁ。

最初から外人には期待してませんが(笑)


最近の記事