スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと出たらしい。

2009年06月05日 03:07

PLATZさんからようやくノーマルシルフがリリースされたようで。
キット内容はスルーして、枡久田としては待望の公式四面図なわけですが。
相変わらず参考資料とか言いつつも影付きのトゥーンレンダリングだったりして不親切ですよねー。
まるでモデラーの気持ちを分かっちゃいないというか、やっつけ感がせつないです。
まぁ版権物の公式資料とかだと色々と大人の事情があるでしょうし時期を逃すとややこしそうですけどね(笑)

資料として発表された画像を見た限りでは、原型製作者用に配られた画像のような気もしますね。
時期としてはDVDのFAF航空戦史用にレンダリングしたものでしょうか。
ところどころにエッジを確認するかのような赤ラインがあったりしてちょい生々しい感じもします(笑)
ただ、ノール隊の部隊マークが判明しただけでも大収穫ですかねー、やっぱ犬系だったか。
このキットを早い段階で予約していた友人は予約したこともすっかり忘れていたようですが。
なんにせよ無事(?)発売されただけでもPLATZさんはえらいということで。

雪風ファンの一人として、ここらでモデラー支援アイテムなど製作。
sac.jpg
アドバンスド・スプリッタ迷彩のマスキング用ネタ。
モデラー支援アイテムとか言いながら単に友人からの頼まれ物なんですがー。
印刷しても1/72スケールではないので使う人は注意してね。
全長を25.69cmでA4に印刷すれば大体OKのはずです、電卓とかでよろしく。

資料の無い時期に作ったにしては結構うまく塗れててちょっとびっくり。
機体背面のスピードブレーキ近辺に多少迷彩パターンの解釈の間違いがありましたがまぁ許容範囲かな。
形状としては改めてPLATZさんの公式画像と比べると機体側面から下面に向かって絞り込むようなラインが再現できてなかった。
スマートさが足りないなぁと思いながら作ってたのはこのラインのせいだったんだな、と納得。
さすがにもう作り直ししませんけどね。
やっと答え合わせが出来たような感じで清々しい気分です。

あ、そうそう大事なことを忘れてました。

皆さんお久しぶりです、枡久田は今日も元気です。
スポンサーサイト

完成とする。

2008年04月23日 23:39

いろいろとごちゃごちゃやってた割には2ヶ月弱程度でよくできた方だと思う。
やっぱりテクスチャは重要だなぁ。

枡久田基地の妖精たち。

こうなるとメイヴ、レイフも細部やらマテリアルが気になってくる。
翼は全面的に作り直すとして、今回のノーマルシルフと並べて違和感の無いように修整したい。
つーか翼は殆ど作り直しを完了してるので現在のテクスチャが使えるようにUV互換の再構築となる。
が、一度作った物の手直しって結構厄介。
とりあえず形にしたくてメイヴを作り、勢いでレイフも作ったので無駄な部分を継承してるわけでして、
その点を反省しつつ今回のノーマルシルフ製作にあたったおかげで見えてきた部分も色々あった。
贅沢に使うところはそのままで省略すべきところはがっつり省略したいと思う。


それはさておき。

まぁこんな感じで。

こんな感じで簡単にフィギュアを配置するだけでそれなりの絵にはなりそうなんだけど、
本来やりたいことまではまだまだ道は険しい。
もっと精力的にいろいろ作らないとな。

次回よりメイヴ、レイフの地味な自己満足修整編に突入予定。

飽きたらファーンⅡとか作ってるかもしれませんが。

もうちょい。

2008年04月21日 00:53

ランディングギアのUV展開が意外にしんどかった。
可動しそうな感じに見えるように細かいパーツで構成したのがしんどい原因。
それでもちょっとディテールの密度的にはしょぼいんだけど。
アニメ戦闘機ということで随分助かってる部分も多い。
現存の実機をモデリングするとなると、こんな密度じゃ納得いかんですな。

カララはあっさり。 ひねりづらい。

ざざっとテクスチャ塗ってカララでレンダリングした。
機体内のパーツって白一色だったりするのでメリハリが付けづらい。
全体的にテクスチャとかの調整をしたらいよいよ完成かな。

今回は集中力切れなかった、えらい。

シルフが立った!

2008年04月18日 22:35

というわけでランディングギアなどを作っております。
基本は飛行モデルだったんですがそれだけだとやっぱりオモチャ度が低いので追加ですな。
可動では無く、ジオメトリチェンジです。

収まるわけがない。 雰囲気だけな。

可動にしないのはデザイン的に機体に収まらないからです。
一応、少ない脳みそで可動機構を考えたんだけど全然収まらなかった。
雰囲気重視つうことで安易に解決、四次元ランディングギアです。

モデリング自体は、本体の作業に飽きたらちょこちょこ作ってたので結構時間がかかっている。
可動を考えながら作ってたので全然進まなかっただけですが。
未練を断ち切ると作業時間も短縮するわけですな。

完成のためには捨てる勇気も必要、大いに必要。

エフェクトなど。

2008年04月16日 20:43

メイヴの時も作って結局使ってないんですが、
もう一度アフターバーナーに挑戦。

びゅーん。

なかなかアニメっぽい感じのマテリアルになったのですが、
かなりいいかげんな数値設定なので背景を白にすると見えなくなったりするのが難点。
レタッチ段階でアルファで抜く時も汚くなっちゃうし微妙に使いづらい。
構造はシンプルなのでまだまだ研究の余地ありだな。

単純。

ポーザーの球プロップを4つと自作のパイプ、そして断面が十字になるようにした板リングです。
ついでに両ノズルの中に点光源をペアレントしております。

使いどころとしてはポーザーに背景を読み込んで背景ごとレンダするとか
空プロップ使うとかしないと効果が無い。
やっぱりノズルエフェクトはレタッチかなぁ。

sylphid02

以前作ったスカイドームと共にレンダしてみた。
アウトライン無しでレンダリングしてアウトラインはプレビュー出力を合成、のいつも通り。
微妙に空テクスチャが荒いので微妙にノイジーですな、こりゃ微妙な出来だわ。

まぁいいか。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。