なるようになる。

2017年02月24日 00:01

簡単な形状のものをしっかり作ろうというリハビリ的モデリング、その2。

コネクタ側の半分は流用できるのでSM58にもしてみた。

sm58_wip01.jpg
これまた超有名、ド定番とも言える《SHURE SM58》です。
説明するまでも無いよく見かけるマイクです、前回のSM57よりもいかにもなマイクっぽさなので
こっちの方が馴染みがあるように感じる方も多いかもしれませんね。

見た目の構成部品が少ないのでしっかり作るもなにも寸法どおりに作れば楽勝。
ただ、形状はシンプルだけど大きく丸いグリルメッシュの処理がうまく行くかが問題。
実物はメッシュを半球状にプレスしているような網目の歪みなので、
上下の半球に極からUV当てて普通のグリッドのような格子テクスチャでOKだと思うけどやってみないとわからない。

SM58は主にヴォーカル用というカテゴリなので、グリル部分だけ流用してワイヤレス的なものにも出来ますね。

出来ますよ!(笑)

どうしたもんか。

2017年02月21日 20:00

簡単な形状のものをしっかり作ろうというリハビリ的モデリング。

後先考えずにとりあえずマイクを作ってみました。

sm57_wip01.jpg
超有名、ド定番とも言える《SHURE SM57》です。
同社SM58と並びどこでも見かけるギターで言うとストラトやらレスポールのような定番アイテム。
田舎の小さな練習スタジオなどでも見かけるし、アメリカ大統領の演説でも使われるという守備範囲の広さ。

作ってはみたものの、ポーザーで運用するとなるとスタンドやらケーブルやらが無いと使いづらい。
しっかり作りすぎてポリゴン過多な気がするのでローレゾ版でも作っておこうかな。
正直、一本をじっくり見せる小道具でもないので、一度にたくさん使えるような軽いものの方がいい。
まーでもそれなりに楽しいのでSM58とかも作りたいな。

本当にどうしよう(笑)

方向性があやふや。

2016年10月21日 23:28

ボディのUVのつなぎ目なども考慮したのち、練習がてら汚してみる。

fbs_wip05.jpg
あとでバンプマップなども作りやすいように汚れ部分は別レイヤーで別作業。
ボディサイドやバックの一部に本来のサンバースト塗装の名残がある程度でほぼ全ハゲ。
ただ、カラーだけを落とした部分が多く下地のシーラーは意外と結構残っているような感じ。
色のはがれたところに上から黒を塗っていたらしい痕跡もあるので
木地の露出は部分的で主に体の良くあたる部分が殆ど。
恐らく、後から塗り足したであろう部分は下地との食い付きが悪くはがれやすくなっていて
結果的にほぼ全ハゲになっているような気もします。

ボロボロに見えると言うか実際ボロボロなんだけどそこはそれプロの使う機材、
音に直結するような要素には必要なメンテナンスはされているという印象。
ただ、職人仕事のような工程をも重視するようなものではなく、
本人の望む結果だけを重視して素人が極まったような雑な仕事ですが(笑)
そういう意味ではエディーのフランケンとも通じるところが多々ありますね。

長年使ってハゲた部分や意図的にはがした部分などが混在していて単純なエイジドでは雰囲気は出なさそう。
とりあえずはどこをどういう風に汚すかをきっちりイメージしておかないと完成しなさそう。

まぁ70年代の初めから80年代の後半までほぼこれ一本であの激しいプレイをし、
隙を見て改造したりと、そりゃ混沌とした表面になるのも頷けます。

秋の夜長には程よい研究課題だ、と思ったんですが。


しばらく目が疲れるような作業は中断します。

というのも、右目に飛蚊症らしき症状が出て眼科に行ったところ『飛蚊症ですね。』と診断。
『せ、先生!な、治るんですか!?わたしの目は!わたしの目は!!』と聞いたところ
『ごく普通の飛蚊症なら治るというか、そのうち気にならなくなりますよ(笑)』
『症状がひどくなるようでしたら、また来てください。』とのこと。
一般的に原因の多くは加齢による衰えであったり近視の人はなりやすい傾向らしい。

カレー禁止である(笑)

冗談はさておき、
近視のおじさんと自負している枡久田ですから納得するしかないのであります。
症状が出る時と出ない時があり、出る時はもれなく目が疲れている時なので、秋の夜長はなんか別のことをします。
右目の視界のほぼ中心に推定5~10mmぐらいのゴミが張り付いてるような感覚で症状としては軽いようですが
とにかく鬱陶しいんですよね、白い画面とか見ると突然現れたりするのでこうしてメモ帳開いて文章書くのもストレスです。

そういうわけで更新は不定期になりますが
生温かく見守っていただければ幸いです。

お大事に。

ええもんもろたで!

2016年10月06日 10:59

正確にはいつ頃だったか憶えていませんが、恐らく2003~04年あたりからの古い付き合いだったと思う。
僕がレンダロを離れてから最近では疎遠になってた"SamTherapy"さんから突然のメール。

『アンプを(もちろん3Dデータ)販売したから、いつもギターやベースでお世話になってる君にプレゼント!』

というわけで"M"で始まる英国老舗メーカーの3段積みアンプをいただきました。
SXT 2000 SXT 2000(Renderosity商品ページへ)

アンプヘッドのコントロールパネルから"JCM2000 DSL"をモデルに作られていることがわかります。
時期的になんで今"JCM2000"なの?とか思いますが、まぁ多分所有してるか好きだからなんでしょう。
ちなみに本家の"JCM"ってのはジム・マーシャルのイニシャル(James Charles Marshall)であり、
"SXT"ってなんだよ?と思ったら裏パネルに(Samuel Xavier Therapy)と書いてあるので、なかなか忠実(笑)
まぁ本名は確かポールさんだったと思うのでハンドルネームのイニシャルみたいな感じですかね。
フロントパネルの"Jim Marshall"のサインの代わりが"Sam X Therapy"ってなってるのでそういうことでしょう。
こういうちょっとしたお遊び感ってすごく共感できる部分です。

アンプヘッドやスピーカーキャビネットって基本的には箱なのでテキトーに作られてるものが多い中、
かなり真面目にモデリングされており好感が持てます。


しかし辛目の評価も織り交ぜながら、MIおじさんとして言いたい事は言っておきます。

傾向としてはオブジェクト軽め・テクスチャ重めで枡久田的には改良の余地は多々あります △
特にスムージングの殺し方が不十分で"スムース・ポリゴン"はOFFでレンダリングしないと膨張します ×
しかし裏からちょっと見える程度(本来殆ど見えない)のアンプの中身も別フィギュアとしてそれらしく作ってあり、
必要なものだけ極力軽く使えるように配慮されている点は ○
その反面、まったく見えないところにも無駄ポリゴンが多く、方法論がまだ確立されていないような作り方 ×
2段積み、3段積みに対応する位置調整ポーズあり ○
可動はしないものの裏のスピーカーケーブルやフットスイッチなども付いてるのは良い雰囲気 ◎
マテリアルは豊富で、それっぽいカラーリングはほぼ再現可能 ◎
ロゴは"Marshall"フォントに極力似せた"Meshall"なのは大人ですね"Maskda"よりカッコいい(笑) ○

現在の僕は異常者(笑)なのでモデリング哲学的に残念だなと思う部分が全体的にありますが、
僕が大昔に販売していた同様の3段積みアンプの出来は軽く超えています。
現状、ポーザー用として調整せずに使える素材としては知り得る限り良い品質だと思います。
と言うか、ポーザー音楽関連では真面目に作られている数少ないアイテムかもね。
真面目ってのはデタラメが少なくバランスが良く雰囲気を捉えた造りのもの、意外と無い。
もう少し手を加えればもっと扱いやすくなるポテンシャルはあります。

価格が$12なのでよっぽど好きな人以外は使い道に困ると思いますが、
マーシャルアンプ風な雑に作られたフリー素材を使うより、絵のクオリティはアップするのは確実。
僕は自分で作る人間なので$12出して買うかといえば微妙なラインですけどね。
背景なしの絵ばっかり作ってるし意外とアンプって使う機会が無かったり(笑)
こういうアンプ屋さんとして今後も続けるのか本人に聞いてないので不明ですが、
"SamTherapy"さんには早い者勝ちの精神で箱モデリングをもっと極めて欲しいですね。

アンプって脇役のギターよりもさらに脇役になりがちなのでもっと軽いものの方がいいのかもしれない。
ノブの溝まで再現したい気持ちは分かりますが、壁のように並べるのがマーシャルの醍醐味。
もうワンステップ軽く使えるような工夫は何か無いだろうかとついつい考えてしまう。
結局、使う脳より作る脳の方が活性化してしまうモデリングおじさんの宿命。

まぁしかし良質な音楽関連素材がもっと増えるといいですね。


というわけで。


pinup26.jpg
商品紹介で画像加工するのは反則だと勝手に思っているのでリサイズと文字入れ以外のレタッチなしで。
3段積みのサイズが大きい感じがしたのでスピーカーを29.25インチ角として縮小しました。
ほぼデフォルト仕様ですが、ディスプレイスメントを切ってバンプに繋げ直したり
反射マテリアルのReflectノードを不要と判断して外したり、赤いスイッチランプの光具合を調整したりと
マテリアルに関しては誰でも出来るような事しかやってません。

自作の青いケーブルの自然な感じを出すのに約一日、ストラップのフィッティングに約一日と
普通に見せるところに労力をかけたので、時間かかった割に普通だけど普通でいいんだよ!(笑)
アンプが主役ですからね、ギタリストはなるべく目立たないように違和感の無いように。

いつもと違う感じで楽しかったです。

微調整は続く。

2016年09月30日 22:47

クォーターパウンドのポールピースのスプリットコイル・ピックアップを作った。
その他もろもろ調整しつつテクスチャも新しい木目をBlenderでベイクしておいた。
見た目が変わったような気はしませんけどね。

fbs_wip04_01.jpg fbs_wip04_02.jpg
ピックアップは奥で固定されているような雰囲気のリグを適当に作り、
角がごりごり削れて面取りされているような雰囲気にしておきました。
雰囲気モデリングです(笑)

一旦ポーザーでフィギュア化してヒップショットも可動するようにパーツ分けしておいたり。
まぁやりだすときりが無いのでこのへんで本体の加工は終了しておきます。

色々と写真を見ているうちに気付いたことなど。
《Wife》の特徴とも言えるテレベのネックなんですが、ポジションマーク(黒ドット)が異様に大きいんですよね。
70年代に使用している写真ではさすがに不鮮明な画像ばかりなので確認できませんが、
83年頃の写真では確実に大きなポジションマークになっています。
本人曰く68年製のネックなので、彼のプレイスタイルを鑑みるにフレット交換も一度や二度ではないでしょう。
フレット交換のついでに大きなポジションマークに変更したのかもしれませんね。
Fender純正には無い大きさなので目を引く特徴になってます。

画像の15フレットのポジションマークはFender標準サイズなのでこれより一回り大きくなると思う
実際は7~8mmぐらいの直径だと思います、写真見ながら大きさの調整します。

知ってるようで知らないことばっかりだわ。

テクスチャどうしようかな。


最近の記事