スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バララララ。

2008年10月13日 01:29

プロペラのような高回転なものに対して
ポーザーの3Dブラーはどうも相性が悪いので板ポリで。

fep1_wip21_01.jpg fep1_wip21_02.jpg

相性が悪いと言うか時間がかかる割に欲しい効果が得られないと言うか、
各設定を詰めて効果の程をレンダリングして確認の繰り返しなので長時間が必要になる。
労多くして実り少ない感じです。

なので。
回転エフェクトとして色々と時間短縮。
回転用のプロペラは平面ではなくややドーム型なんですが特に問題も無く終了。
前後のプロペラはそれぞれ別パーツなのでジオメトリチェンジを使用して
回転エフェクト用パーツと切り替え可能にしておいた。

6枚ペラなので12等分した白黒の縦縞を極座標で変換したものに
細い水平の線を極座標で変換したものを重ねたりしつつ
それにどんどんエフェクトをかけて行くと基本的なトランスマップの出来上がり。

最後にポーザーでレンダリングしながら回転してるような透け具合に調整したものを反転して
回転方向が逆の2枚のトランスマップの完成。
前後でスピナーの径が違うのでフォトショップでの加工で2枚用意したんですが、
ポーザーのテクスチャノードをいじって一枚を反転させても大差は無かったかも。

fep1_wip22_01.jpg fep1_wip22_02.jpg

厚みが無いので角度によっては不自然に見える場合もあるが
3Dブラーを使って長時間レンダリングを待つよりかは良い。

まぁこんなもんでしょうかねー。
スポンサーサイト

3機種目。

2008年10月11日 23:11

FEP-1祭りの最後はシステム軍団第270試験飛行隊のTS-01を。

システム軍団のやつ。

ただのゲームだ、どってこたぁない。

TS-01というのは単なる認識コードのようなものだと思いますが
この機体の機種名がFEP-1であるという確証がどこにも無かったりします。
TS-X1(レイフ)もそうですが試験飛行隊の機体にはシリアルナンバーのマーキングが無く、
もしかするとこのFEP-1タイプも元は試験用の機体なのかもしれません。
《フリップナイト・システムの母機》としての試験機ってのが妥当な線でしょう。

Warabiでもレンダリング。

fep1tsacc_01.jpg fep1tsacc_02.jpg

UVの関係で胴体のラインがうまく描けなかったけどまぁこんなもんか。
マーキングは前の2機と比べてシリアルナンバーが無い程度。
カラーリングはキャプチャ画像のみが資料なので所々アレンジしております。
短期間でうまくまとまりました。

プロペラエフェクトでも作るかね。

Warabiもういっちょ。

2008年10月09日 20:39

やっぱりWarabiでレンダリングするのが一番自分の理想に近くなる気がする。

fep1safacc_01.jpg fep1safacc_02.jpg

カラー画像一枚とDVDのキャプチャ画像数枚が塗り分けの資料なので
カラーリングは若干アレンジしていたのですが機首部分の赤ラインは本編に準じて消しました。
垂直尾翼には赤ラインがあった方が良いような気がしたので追加しております。
《AWACS》と比べると一気に軍用機ぽくなりましたなぁ。

今回も窓のハイライトを後から追加レタッチ。
ロゴはいいアイデアが浮かばなかったので文字のみで。
Warabiは輪郭線の設定とグラデーション編集が簡単にできるのが強みだなぁ。
もうちょっと設定を煮詰めたい。

メカピンナップは是非Warabiで。

ACC。

2008年10月08日 20:42

《AWACS》はとりあえず完成したということにして
今回から《ACC》のバリエーションで。

ACC。 特殊戦のやつ。

特殊戦所属の《FEP-1 ACC》です。
マーキングから判断するとOVA設定で言うところの《特殊戦第一飛行隊》所属のようです。

この機体も一話後半にちらっと登場するだけで資料少なし。
単純に色換えとレーダー交換で簡単に終了。
探したところで資料が出てきそうにもないのでこんなもんでいいかな。
マーキング類は過去の遺物であり合わせてな感じです。

《ACC》は《Airborne Communication and Control》の略。
《空中指揮・通信中継機》だそうです。
《FEP-1 ACC》は2機登場しますが、劇中では主に両機とも無人機の試験データを取る役割でした。
《AWACS》よりもやや汎用性のある機体のような感じですね。

お散歩中。

このFEP-1はメイヴに改造前のレイフとセットでしょうな。
プロペラに3Dブラーかけましたがイマイチでした。
プロペラの見せ方はなんか考えないとだめだなぁ。
次はシステム軍団の《FEP-1 ACC》の予定。
困ったことにキャプチャ画像しか資料がない。

テキトーに行きます。

Warabiでも。

2008年10月06日 21:26

今回もWarabiでレンダリングしてみました。

fep1awacs_01.jpg fep1awacs_02.jpg

垂直尾翼の《魔女マーク》はアウトラインだけトレースして塗りつぶしてみた。
そんなに違和感は無いと思う。
それから各所に注意書きを追加。
書いた文字はもれなく潰れちゃいましたが、スケール感を考えるとこれぐらいかなぁ。
あとはレンダリングした後に窓のハイライトをレタッチしたぐらいで
AWACS成分を抽出したロゴをでっちあげて完成としました。

やっぱWarabiはいいですねー。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。