はい、出来ましたよ。

2017年11月19日 18:02

アコギ第二弾として、なんとなく自分なりの作り方も確立出来たような感じ。
エレキギターに比べてとにかくパーツ類が少ないので作業的にはかなり楽。
その分、少ないパーツの精度を上げないとそれらしく見えないので
アコギにはアコギの作る楽しさはあります。

まぁ、僕はギターなら何作っても楽しいんでしょうけど(笑)

L-00です。

G-L_00.png
http://mdp5.sitemix.jp/DL/DLpage.html(DLページ)
https://sites.google.com/site/mdp6gdl/(ミラーDLページ)
大まかな部分は前回のD-28の造りをなぞって作ったので特に問題も無く。
小さいボディのL-00で目が慣れたせいもありますが、D-28がでっかく間延びしているように見えてしまいます。
僕の趣味としてはL-00の方が好きだなぁ。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

Poser6E、Poser7E、PoserPro2014Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
最新のPoserでは動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


gl00_wip07_01.jpg gl00_wip07_02.jpg
アコギのボディシェイプにも色々ありますが、L-00って見た目のバランスがいいと思います。
結局アコギは生音が重要ですからボディシェイプだけで語るのはナンセンスかもしれませんけど。
使用する木材、ボディの大きさ内部構造、見た目だけで現実世界で作るにはかなり勇気が要ると思います(笑)
そういうサウンド面を一切無視できる3DCGですから好き勝手に作れているんでしょうね。
まぁ、L-00はいまだに再生産もされたり色々なバリエーションも作られることから
サウンド的にも大きさ的にも扱いやすいんでしょうね。

gl00_wip07_03.jpg
D-28との比較、見ての通り一回り小さく絵作りの際に扱いやすいように見えますが
ボディの厚みは大して変わらないので、結局ポーザーで使うにはそれなりのポージングと工夫が必要。
だからと言って、あんまり好きじゃないんですよね薄いアコギって。
なので枡久田的には問題はなかなか解決しないでしょう(笑)


なので持たせただけの絵を作ります。

pinup33.jpg
今回もおねーちゃんは100%で使用、やっぱ小さいつってもアコギはデカいわ。
こんなに持たせ方に工夫して無くても左チチとか髪がギターと干渉してしまいます。
ポーザーのマグネットで十分対応できますが、腰に巻いてるシャツの加工もする予定だったので
メタセコに持って行ってついでに加工しました。

ちなみにシャツの袖を切断してふとももとギターではさんでる感じの加工です、一番大変でした。
コンフォーム服って便利だけど、こういう自然な感じは手作業じゃないとまだまだムリ。
ダイナミッククロスが全然進化しないのでもう諦めてますが、
フィギュアも素材も随分前から飽和してるんだから物理レンダなんかよりこっちが先だと思うんですけどねぇ。

いかんいかんまた愚痴っぽくなる。


最近の記事