スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年、明けました。

2018年01月03日 21:35

今年もゆるやかによろしくお願いします。

昨年末に、PoserPro11とG3Fを導入したということで
どの程度絵作りに影響があるのかということを確認するために新年早々ポーザーです。


まぁ結論から言ってしまいますと、それなりの苦労は強いられるといった感じ。
僕自身の絵作りの工程には今までとは大した変化は無いんだけど、
ちょっとした不具合がライトなユーザーさんにはかなりのストレスになるかもしれませんねぇ。
素直にDAZ Studioで使う方が問題も無く快適だと思います。

主に衣装を着せる時に問題が発生しやすくモーフ類がうまく転送されなかったり
ヒールの高い靴などがぐにゃぐにゃになったりと、何度か泣きました。
衣装自体に問題がある場合もあるし自分のDAZ Studio環境に問題がある場合もあって
なかなかホイホイと解決出来るものでも無かったりで。
そもそもG3Fをポーザーで使うこと自体が問題なんだと思いますが(笑)

そこは頭を切り替えていつも通り人体以外はOBJ外部参照のプロップとして追加していくスタイルで。


pinup34.jpg
作っただけで使ってなかったメロディー・メーカーで一枚、レンダリングはFireFly。
近未来的な衣装と古臭いギターでミスマッチ感を狙ったけどミスマッチ過ぎました(笑)
人体は100%で縮小せずに使ったので高いヒールと髪のおだんごで2m近い大女になってしまいました。
ギターとのバランスはこれぐらいの身長でカッコいいんだけど、かわいらしさはゼロですねぇ。
あとやっぱり指の細さがどうにも気になる、指は細くてもいいんだけどスカスカ感がG2Fの時と同じ。
またMT自作するしかないのか。

結局G2Fで絵を作るときと大して労力は変わらないんですが、ちょっとストレスに感じる場面も多々あり。
PZ3で保存したものをロードする時に何度かポーザーが強制終了したので
DSON経由の素材のせいなのか単にポーザーが困っただけなのかよくわかりません。
どちらにせよ強制終了はいやんですね。


G3Fがポーザーで使える。というだけで細かい問題は多いような気がします。
こればっかりは個々の環境の違いで差があるところかもしれません。
何の問題も無く使えている人もいれば、問題だらけでまともに使えない人もいるでしょう。
G3Fに興味があり周辺素材に魅力を感じるならば、やって損は無いとは思いますが
問題を解決するのに多大な時間を費やすのならそれは単なる損なわけで。

新年から煮え切らんな(笑)
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。