スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやぁ疲れた。

2017年04月22日 21:23

使いやすいようにと考えたんだけど果たしてこれが正解なのか少々疑問。
人にしろ物にしろポーザーで真面目にポーズつける作業ってのはやっぱり苦行だから
今回のケーブルが枡久田家の正解だろうと思う。
是非ともダイヤルを使ってひと関節毎に祈りを込めながら曲げていってください、南無。


マイクケーブルセットです。

M-Cable.png
https://sites.google.com/site/mdp6gdl/(DLページ)
(sitemix.jpがFTP接続もファイルマネージャーも繋がらない状態なので後日UP予定、困ったもんだ。)

セットと言っても3mと2mのケーブルとスタンドのデフォルト位置に対応したポーズファイルだけです。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

Poser7E、PoserPro2014Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
最新のPoserでは動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

マテリアルに《ディスプレイスメント・マップ》を使用しています、
レンダリング設定の《Use displacement maps》にチェックを入れてレンダリングしてください。


ケーブルの読み込み時の位置は最初に配布したCR2版のマイクセットに合わせています。
マイクのコネクター部分の位置が違うので、
ケーブルのコネクター部分の《mc_XLR-Fパート》の《SM57/SM58/SM86-Fitダイヤル》で
それぞれに合った位置に調整してケーブルをマイクにペアレントして使用してください。
《SM57/SM58/SM86-Fitダイヤル》は《-1がSM57》《0がSM58》《1がSM86》となっています。
フィギュアの手に持たせて使う場合はCR2版とケーブルという組み合わせが良いと思います。

マイクスタンドを使う場合、
まずマイクスタンドを読み込み、次にお好きなPP2版のマイクを読み込む。
そしてケーブルを読み込み、ケーブルを選択した状態で、使用しているスタンドとマイクに対応したPZ2を適用する。
ケーブルはマイクかスタンドにペアレントしておいた方がいいですね。
ちなみに、PP2版のSM57とSM58のコネクターの位置は同じにしてあるのでケーブルのPZ2は《SM57/SM58共用》です。


xlrf_thumb.jpg
今回のセット内容です、見づらいですけどファイル名で内容を判断してください。
一応、スタンドとマイクをセッティングした状態でのケーブルのゼロポーズも付けましたので
ここからご自身で曲げていただくのも良し、面倒だから曲げた状態のPZ2を使うのも良し。
HDDの肥やしにするのもまた良し(笑)

レッツ・ポージング。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。