ダブルオー。

2017年10月13日 22:13

Gibsonのスモールボディシリーズである《L-00》を作ろうと思います。
前回のドレッドノートの反省も踏まえつつアコギ2本目ということで。

gl00_wip01.jpg
見ての通りほぼ一回り小さくウエストのくびれもきついので視覚的にもかなり小さく見えます。
最初はGibsonのスモールボディなら《L-1》でロバート・ジョンソンかなぁとも思ったんですが
ピーナッツシェイプのボディに12フレットジョイントってどう見ても古臭いと言うか
逆に古臭さがいいのが《L-1》なんですが今回は見送り。
男キャラでむさくるしい絵を作る気になったら《L-1》でも作ろうかなという感じ(笑)

一応、Gibson史的には《L-1》の後継機種が《L-00》ということらしいのでまぁいいんじゃないでしょうか。
とは言え《L-00》も1930年代のギターなので古臭さはそんなに変わりません。
あと作る理由としては結構丁寧な図面があったので理解しやすかったというのもあります。


ちなみに、Martinにもボディサイズが《00》というモデルがありますが、
《14フレットジョイントの00》より《12フレットジョイントの00》のサイズ感が近いと思います。
Martinの《12フレットジョイントの00》のおしりを少し大きくすればGibsonの《L-00》みたいな。
どうでもいいことですけどね。

ただ、ポーザーでアコギを人に持たせるにはボディシェイプ云々よりボディの薄さの方が重要だろうな。
《L-00》が劇的に薄いギターでもないので今回の作例も問題解決には程遠いかもしれません(笑)

それから問題というほどではないですが、同系姉妹機種のGibson《L-0》と見分けがつかないのがやや難点。
Gibsonって同名異機種とか、ほぼ同機種異名が多いのでいまだに混乱しています。
集めた参考資料が《L-00》だと信じて作業をします。
《30's L-00/L-1 & L-0》ってことでもいいけどな。

ギブソンめ。


最近の記事