スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況。

2016年12月23日 02:33

メリークリスマス皆の衆、なんの手土産も無くお久しぶりです、枡久田です。

前回の記事より早2ヶ月、お察しの通り何もしていません。
読書をするのもストレス、音楽を聴くのもマンネリ、で


喫煙生活が再開してしまいました(笑)


思えば2010年、当時の民主党さんが我々国民の健康を慮り
大幅にタバコの値段を引き上げてくれたおかげでスッパリと禁煙、と言うか断煙したせいもあり
近年稀に見る健康ボディを手に入れるに至ったわけですが、

「タバコやめた。」と宣言して丸々6年の間、1本も吸わずに今まで過ごせたということは、
「まぁまたいつでもやめられるだろう。」というご都合解釈もあり。

というか、久々に会った友人が《手巻きタバコ》を吸っていたので
「何それ?なんかスゲー面白そうだな、俺にも巻かせろ。」
簡単なレクチャーをその場でひと通り受けて、人生初手巻きしたところ
「お前やっぱり器用やな、なかなか初めてでそうは巻けんぞ。」とお褒めの言葉。

調子に乗って6年振りの一服、が、脂汗と共に激しい眩暈、ニコクラなんて中学生以来だ(笑)
「手巻きってニコチン・タール的には重めの銘柄が多いから慣れないうちはフィルター付けた方がいいぞ。」
とのナイスなアドバイスをいただきました、その情報は吸う前に欲しかったけどな。
久しぶりなのでちょっとキツいけど懐かしいこの煙の感覚、やっぱりタバコっておいしいなぁ。

その帰り道友人宅に寄り、使ってないフィルターと使わなくなったローラー(巻く道具)
ストックしてある新品の葉っぱを一袋貰いました、葉を巻く紙は葉っぱにおまけで付いてるからそれ使え、と。

師曰く「葉を味わうなら口腔喫煙(ふかし)、手っ取り早くニコチン吸収するなら肺喫煙。
巻く太さや葉の密度で味も変わるし巻紙も厚さや材質で味が変わる、フィルターの有無、長短など言わずもがな。
主役であるタバコの葉は個性の強い銘柄が多いから銘柄に合わせた吸い方が出来れば何吸っても美味いぞ。」

そういうわけで時代に逆行するかの如く喫煙を趣味とする生活が始まりました。
ひとつの銘柄を何の疑問も無く20年近く吸い続けていた以前に比べて
興味や好奇心から能動的に喫煙するようになって健康面はさておき非常に楽しい毎日です。

とにかくカスタマイズ要素が多すぎて局所的に凝り性の枡久田には長い旅になりそうです。
結局、長時間ネットで情報収集してしまうので肝心の目の疲れは癒えず。
まぁ疲れたらちょっと一服。

今日も元気だタバコがうんまい。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。